« 京成杯ショボ当たり&日経新春杯&TCK女王杯ハズレ馬券解説 | トップページ | 王将宝塚IC店「ギガント天津飯」 »

2010年1月24日 (日)

平安S当たり&AJCCハズレ馬券解説

 メチャクチャ良い天気でしたねー。
 これでカキンと馬券も当たってたらずいぶんと違った明日からを過ごせるんだけど、上手いこといきません。
 また土壇場での揺らぎで失敗しちゃいました。

 昨日はたいしたレースもないので軽く流したが、メインの羅生門Sの3連複が的中、のみ。
 しかしデビュー以来無傷の4連勝とは、ナムラタイタン恐るべし。
 距離が伸びてどこまで戦えるかやね、次のテーマは。マイル戦までこなせたら来年のフェブラリーS辺りおもしろいかもね。
 それにしても今年の4歳のダート馬は本当に充実してるよなー。
 
 あ、たいしたレースはあったか、若駒S。
 ルーラーシップ、まだ馬が若いわ。最後の伸びは目を見張る物があったけど。
 勝ったヒルノダムールの上がり33秒1って凄いなー。
 馬券はゴールスキーから買って大敗してしまいました、ダノンスパシーバも全然走らんかったし、何だかねー。

 1月23日:1勝4敗▲600円/9800円

 
001  ではフェブラリーSに繋がるのか? ずいぶんスケールの小さい平安S。
 こんなに先行勢が多いと差しを狙いたくなるってもんだ。

 ◎ダイシンオレンジ:前に付けれる脚があって、なおかつ末脚も確か。今日のレースにドンピシャだと思うが。京都3.1.2.0ってのも良いデータ。
 ○ロールオブザダイス:東京大賞典は上位2頭には差を付けられたが、いかんせん相手はG1馬。G3のここでは胸張って良い。前見ながらレース進められるのでこれも勝機十分。
 ▲ダイショウジェット:完全な前崩れになった時にこの馬の差し脚が浮上。気楽な外枠は歓迎。
 △トーセンアーチャー:内枠でスタート遅れたらどうしよう…。
 △アドバンスウェイ:トシナギサが邪魔だな。何が何でも行くかな? そうなりゃ怖い。

 トシナギサ:行くだけ行ってかき回せ。
 メイショウシャフト:馬柱見たら全部10着以上じゃん。
 ネイキッド:これが冒頭に述べた土壇場の揺らぎ。3着で狙ってたんだけど、馬体重+14kgで切っちゃった、オロローン。
 ユウキタイティ:ユーイチJ、今年初勝利おめでとー。だがあいにくそのレースは寝てて見逃したのであった。
 フォーリクラッセ:障害帰りで何するの?
 ウォータクティクス:最初から逃げない宣言してたけど、それで競馬できるんか??? かなり危ないでしょ。
 ポートラヴ:叩いても上向かず。

 馬券はダイシンオレンジから馬単流し、同じ所へロールオブザダイスからも、押さえの馬連で3頭BOX、3連単はネイキッド切ったので2頭軸から3頭軸に。

 行ったのは内枠を利してトシナギサ、続いてアドバンスウェイが行って、ウォータクティクス、これでこの3頭は無くなったな、ウシシ。ネイキッドが前目に付けて、ダイシンオレンジも好位、ロールオブザダイスは思ったより後ろもインベタで回るのでロスないか。直線に入ってトシナギサに変わってアドバンスウェイとウォータクティクスが先頭に出たが、ここから差し馬の台頭。ロールオブザダイスが内々回って最短距離で直線に入るとウォータクティクスとネイキッドの間をスパッと割ってようやっと重賞制覇、岩田Jのガッツポーズも分かる会心の騎乗でした。2着に半馬身差でダイシンオレンジ、位置取りは勝ち馬より前やったのに、4角で外回った分、ちょっとロスがあったか、ちくそう…。3着に2馬身半差でじわじわ伸びたネイキッド、あちゃー。4着にレースが終わってから突っ込んできた形のダイショウジェット、5着にようここまで追い込んだトーセンアーチャーでした。前に行った組ではアドバンスウェイが6着、ウォータクティクスが8着、トシナギサは落馬したフォーリクラッセ除いて最下位。
 前総崩れで勝ちタイムが1分51秒1、上がり最速がロールオブザダイスの36秒7、意外と力の要る馬場やったってことか。もっと軽い砂じゃないとアドバンスウェイとかウォータクティクスには難しいか。ってか自分の競馬ができないともろすぎるし、まだ復調途上ってことなんかな。
 フェブラリーSにはあまり繋がりそうになかった平安Sでした(ワタシ的に、馬券も裏やったしね!)。

 結果:馬連1620円×400円=6480円   元返しかい。

 
002  その前に行われたAJCC。
 10Rは思いっきり外差し決まってたけど、9Rは前での決着、どっちやと言うと前で競馬して欲しい。

 ◎キャプテントゥーレ:1ハロン長いが、前半をゆったり走れたら持つでしょう。これと言った逃げ馬も見あたらんし。-12kgは追い切りメチャ動いてたので長距離用に絞ってきたと解釈。
 ○デルフォイ:金杯で休み明けいきなり古馬と走ってクビ差の4着に好走。一叩きした今回は更に上昇?
 ▲トウショウシロッコ:うわっ、1・2・3番人気順番に買ってるやん、はずかちー。金杯の走りからみてもまだ衰えなく、伏兵として走ってくれそうだ。
 ×ゴールデンダリア:3着で狙うに打ってつけの馬。
 ×ネヴァブション:一変あるんか??? ここんとこの負けすぎ見たら信じがたいが…。
 ×ベルモントルパン:逃げ馬、行っちゃって行っちゃって。

 ビエンナーレ:今日の最下位(うわ、7着に好走されてもた)。
 ドットコム:準オープンも勝ててないけど。
 マイネルキッツ:59kgやし、有馬記念も好走したとは思わんし。
 ダイワワイルドボア:クソ馬世代の外れ馬。
 アルコセニョーラ:休みなく走り続けるのは何故?
 アドマイヤコマンド:1年8ヶ月ぶりは現実的ではない。テンション高すぎやし。
 シャドウゲイト:8歳やしね、これ以上望むのもどうよ。

 馬券は馬単とタテ目と押さえの馬連に3連単は2頭軸。

 好スタートのキャプテントゥーレ、出足の付かなかったベルモントルパン、外からシャドウゲイト。結局木幡Jが押して先手を取って、カッチーが後ろに付ける。しかし2角辺りでシャドウゲイトが先頭を奪う。キャプテントゥーレは楽に追走(してるように見えた)、アドマイヤコマンドも先行して、ネヴァブションは5番手、トウショウシロッコは中団、マイネルキッツは出足鈍く後方から、早くも終戦。直線に入ってシャドウゲイトの手応えがまだまだ残ってる、ヤベッ! キャプテントゥーレはルメールJの手がすでに動いてた、直線の入口でこれかい! 粘るシャドウゲイトを捕まえたのはノリJで上がり唯一の34秒7で差し切って連覇達成。2着にクビ差で負けたがしぶとく食い下がったシャドウゲイト、3着に3馬身半離されてトウショウシロッコでした。4着によくここまで盛り返したと言うべきか、マイネルキッツ、5着に善戦マン、ゴールデンダリアでした。しかし7歳馬と8歳馬と7歳馬と7歳馬で1-2-3-4ってどうよ!? デルフォイは6着でキャプテントゥーレは11着、故障でもしたんか? あの見事な下がりっぷりは。
 やっぱ芝の4歳馬と5歳馬はダメなんかなー。こうまで高齢馬にやられてるってのは問題ありありやん、はぁー。

 
 本日:1勝5敗▲14020円/20500円   平安Sが…。

 今日の嘆きの馬券:京都9R睦月賞、必殺馬単の裏炸裂。京都10R伏見S、3連複で購入もまさかのマチカネハヤテの逃げ切りで2-3-4着。京都最終R、アンカツJ勝ちそう、だけど8歳のインプレッションは買えないし、大敗続きのブラックティーも買えん。荒れたなー。

 
 本当に馬券って難しいですね、トホホ…。

 懲りずに来週のサザエさんは♪ じゃなくて来週の番組は?
 東京新聞杯はストロングガルーダにエーシンフォワードにトライアンフマーチに注目。
 根岸Sはスーニにサマーウインドにダイワディライトって当たり前か。
 京都牝馬Sは前のプロヴィナージュか後ろのスペルバインドか。

 
 今日は休肝日にして「龍馬伝」観てから寝まふ。

|

« 京成杯ショボ当たり&日経新春杯&TCK女王杯ハズレ馬券解説 | トップページ | 王将宝塚IC店「ギガント天津飯」 »

コメント

 日月さんこんばんは。今日のAJCC、私の方はマイネルキッツから勝負しましたが、結果は4着でハズレ・・・・。平安ステークスは何とか馬連のみ的中しました・・・・。ネイキッドは馬体重で買えなかったです・・・・。
 トータルでは昨日・今日合わせてややマイナスでした。的中本数はそこそこありましたが、堅い配当が多かった上に、馬連、ワイドは当たっても3連複はヒモ抜けのパターンでやられました・・・・。
 本当、競馬は難しいですね。

投稿: hirotti | 2010年1月24日 (日) 20時10分

日月さん、どうもコンバンハです^^
平安Sの馬単が惜しいですね~。後一歩…でも馬連を押さえている辺りがさすがです。

来週からは開催も変わりますし、気持ちを切り換えて臨みましょうか。(もう、今年の中山はウンザリです…苦笑)

しかし、ホント芝は若い馬が冴えませんねぇ。奮起に期待したいところですが…難しそうですね。(やはり牝馬頼りか…)

投稿: いちご一恵 | 2010年1月24日 (日) 20時47分

hirottiさん、こんばんはー。
マイネルキッツ、何かもっさい走りでしたね、かなりもどかしかったのではないでしょうか?

まぁまぁ、当たるだけマシってことで前向きに捉えましょ。
まだ始まったばっかですもんね、と自分も慰めてみる。

投稿: 日月 | 2010年1月24日 (日) 21時26分

いちご一恵さん、お早いお越しで(笑)。

そうなんですよ、押さえの馬連より馬単の裏買ってたら良かったです、馬券の買い方も研究しないといけませんね。

ワタシも中山はもううんざりなので、東京で気分一新といきたいもんです。

とにかく現4歳世代の強さは、ロジユニヴァースに尽きると思ってますので、早くどこかで実戦復帰してもらいたいです。
それともリーチザクラウンがフェブラリーSで逃げ切っちゃうんですかねー。

投稿: 日月 | 2010年1月24日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/47379517

この記事へのトラックバック一覧です: 平安S当たり&AJCCハズレ馬券解説:

« 京成杯ショボ当たり&日経新春杯&TCK女王杯ハズレ馬券解説 | トップページ | 王将宝塚IC店「ギガント天津飯」 »