« シンザン記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 999回目の記事、2010年讃岐うどん巡りその1 »

2010年1月11日 (月)

フェアリーSハズレ馬券解説

 うーん、一旦手放した流れは戻っては来ないようです。
 今日もストレスかかる競馬やったなー。
 中山は馬の息が白くて寒そうやっやけど、京都はそんなに寒くなかった。
 ま、明日からぐっと冷え込むらしいけど。

 しかし午前中のレース見てた方はさぞかし驚いたことでしょう。
 見てなかった人も、乗り替わりが何でこんなに多いんだ? と訝しんだことでしょう。
 中山4Rで先頭を行く三浦Jのノボプロジェクトが4角回った時に馬の後ろ脚が後ろの勝浦Jのフォルメントの前脚を引っかけちゃったみたいな感じかな? 確かに真っ当に回ってきたって感じじゃなくてブレがあったのは間違いない。
 この先頭争いでの落馬で後続馬が連鎖的に落ちちゃって、JRA史上初の9頭落馬という悲惨な結果に。
 ただこの規模の事故の割には重傷者が居なさそうなことが不幸中の幸いか、ってまだ分かりませんけどね。
 三浦Jはおそらく分かってなかったので、一所懸命追ってたが、繰り上がりで勝ったノリJなんてドン引きしてたんちゃうか、ってなくらいに気のないゴール前でした。
 ったく、しっかりせいよ。

 
001  で、乗り替わりがあってどうしようかと考えたフェアリーS。
 何せ昨日やっちゃってるんで、初志貫徹するかそれとも今度こそ変えて正解なのか、な予想。
 馬場は10RでアンカツJのジャミールがマクリで強い勝ち勝たしたけど、ありゃ距離も2500mやし、それでも逃げたポルカマズルカが結局残っちゃった訳やから前で競馬した方が良いのかな。

 ◎アプリコットフィズ:1戦しかしてないのに乗り替わりもへったくれもないかと思い、初志貫徹。カッチーなら良しとしておこう、これが三浦Jなら買いたくないけど。初戦の伸びは半端じゃなくて、上がりも速いし時計も優秀。良いポジション獲れそうなのも好材料。
 ○テイラーバートン:結局これが1番人気になったのか。外枠はいくら前に行けると言ってもマイナスでしょう。こういう強い馬が枠順で負けちゃう辺り、中山の不公正競馬って何とかならんのか?
 ▲ロジフェローズ:これも新馬戦の勝ち方が好印象、追い切りも動いてたしね。
 △アドマイヤテンバ:この馬こそ外枠最悪か。2000mだったらゆったり進むので先手も取れるが、こんだけ内に逃げれる馬が揃うとテンのスピード負けする可能性がある。しかし能力はあるのでどこまでカバーできるか。
 △ナリタブルースター:正直よう分からんが、関西馬なので。
 ×メジロオードリー:捻挫したって本当???

 ホッカイレシフェ:知らん。
 コスモレニ:間違いなく勝たない馬の一頭。
 カホマックス:負けたとしたら距離だろうね。
 ディアアレトゥーサ:ナカヤマフェスタの下か、ここで実力を見ます。
 セントアンズ:ダートの短距離馬じゃないの?
 コスモネモシン:未勝利脱出まで4戦かかっていきなり重賞勝つのか?
 ボンジュールメロン:勝ち時計も上がりも平凡すぎる。
 クラリン:これ買う人居るの?
 トーセンフリージア:最後方から行くのか…。
 ミエノグレース:初芝ね、ふ~~~ん。

 馬券はアプリコットフィズから馬単流し、押さえで馬連、3連単は2頭軸。

 スタート決めたのが内のカホマックス、出遅れたアドマイヤテンバは瞬殺。先手を取ったカホマックスが逃げるのは良いが、これが大逃げになって、驚きの展開。アプリコットフィズは先行集団で前を見る形、その後ろにコスモネモシンとテイラーバートン、アドマイヤテンバは前が速いので押し上げる形で無駄に脚を使った形。メジロオードリーは内側、ロジフェローズは最後方、走りが固い印象。超大逃げで直線に入って、一瞬残るのかと思わせたが、後続馬が追撃開始。ここは人気馬に乗るカッチーが行かないとダメでしょ、アプリコットフィズが速めに動いたおかげでコスモネモシンが勝った訳だが、これはフロックではない勝ち方でしょう、強かった。クビ差の2着にアプリコットフィズ、こういう展開なら負けて強し、あそこで動かず負けてたらカッチーのことボロクソ言ってたもんな。3着にテイラーバートン1馬身1/4差届かず、これが枠順か、先手取れてたら違った競馬になってたか。4着にクビ差だが良い伸びしてたメジロオードリー、5着にこれは無欲の一発トーセンフリージア、6着に最速上がりの35秒4でロジフェローズ、伸びは際だってたな。アドマイヤテンバは最後追うのを止めて13着激敗でした。
 思いの外、馬が強かったが、石橋脩Jの強い馬をマークした好騎乗でした。
 しかし馬券は2-3-4着でハズレ~~~。

 
 本日:0勝8敗▲16900円   あ~ぁ。

 今日の嘆きの馬券:京都9R北大路特別、タテ目。京都10R山科Sタテ目。京都メインの淀短距離S、フライングアップル抜けの1-3着、京都最終Rはシルクダイナスティに突っ込まれて1-3着、中山10R迎春Sも逃げたポルカマズルカに残られて1-3着、どうだ、わはははは。

 
 もう虚勢張るのも疲れたので素直に隠居すると言います、さうようなら。

 嘘じゃ! 次回の日経新春杯はサンライズマックスと言いたい所だけど、大先生が乗るらしいので、5kg増ってことで。充実トップカミングと復活なるかベストメンバーてとこか。メイショウベルーガもおもろいなー。
 京成杯はアドマイヤテンクウ? さっぱり分かりませんのでテケトーに買います。

 
 はぁ、3連休もあっという間やった。
 ちなみに水曜日はまたもや日帰り名古屋の強行軍です、とほほ。
 あー、精神衛生上よくないレースが続いた3場開催でした、終わったことは呑んで忘れまーす。

|

« シンザン記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 999回目の記事、2010年讃岐うどん巡りその1 »

コメント

日月さんこんばんは。

フェアリーSはほとんど同じ予想でしたね。

勝春騎手も強気の騎乗で悪くはなかったんですけどね~。

まさかコスモネモシンとは…ほんと石橋脩騎手の好騎乗でした(泣)

投稿: ころすけ | 2010年1月11日 (月) 19時04分

ころすけさん、こんばんはー。
今日は勝った馬が強かったとしか言いようがないですね。

ま、まだ1月も始まった所ですから!!!

投稿: 日月 | 2010年1月11日 (月) 20時08分

 日月さんこんばんは。長かった3日間開催も終わりましたが、私の方は3日間続けてやや負け・・・・。さっきまでチキン南蛮食べながらビール飲んでました。
 今日は京都5レースで馬単、山科ステークスでも馬単を的中させましたが、結局やや負けでした。中山メインのフェアリーステークスは私も2-3-4着でハズレ・・・・。コスモネモシンはさすがに買えませんでした・・・・。
 それにしても今日の中山競馬は乗り替わりの連続でしたね。私も競馬を始めて15年近く経ちますが、あれだけの落馬事故は今まで見たことがありません・・・・。

投稿: hirotti | 2010年1月11日 (月) 20時20分

hirottiさん、どうもー。
本当に今日の落馬は凄かったです。
前で競馬してる馬が落馬しますとあんな結果になりますわね。

ではチキン南蛮とビールでかんぺ~~~い!!!

投稿: 日月 | 2010年1月11日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/47264846

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリーSハズレ馬券解説:

« シンザン記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 999回目の記事、2010年讃岐うどん巡りその1 »