« 09年讃岐うどん巡りその11 | トップページ | 阪神JF&カペラSハズレ馬券解説 »

2009年12月12日 (土)

中日新聞杯ハズレ馬券解説

中日新聞杯ハズレ馬券解説
 今日も今日とて呑みに行きますので携帯で失礼。

 阪神は予想外の雨でテンションだだ下がりだったが中京は好天、なら中日新聞杯はあの馬に逆らう必要はないでしょう。

◎アーネストリー:速い時計も持ってるし、この馬におあつらえ向きの馬場。加えてタップダンスシチーとのコンビで何度も勝った舞台、負けないでしょ。
○ナカヤマフェスタ:直線が短い気がせんでもないが、中山で早め進出して勝ち切ってる、必殺蛯名マクりで。
▲ミッキーパンプキン:毎回前に行って物足らんので、差しに回れよと思ってた前走が驚きの末脚。問題はマクりができるか。
△トーセンジョーダン:この大外枠とスミヨンの降着でのモチベーションの低下に期待。
△メイショウドンタク:走る気が出て来たか?
×リクエストソング:太宰Jで本来の先行力で前目で勝負。
×デストラメンテ:着差がだんだん縮まって来たから。

ドリームサンデー:これが残ればはなぢブー。
マヤノライジン:流石に開幕週の時計勝負では。
レオマイスター:後ろから行くんでしょ?
タスカータソルテ:ぶっつけ57.5kgを克服するほど強くないだろ。
チョウカイファイト:昇級戦。
トウショウウェイヴ:東京専用馬。
ダブルティンパニー:終わってる。
マンハッタンスカイ:使い過ぎ。

馬券はアーネストリーからの馬単、ナカヤマ押さえの馬連、3連複で保険、3連単は1頭軸。

逃げたドリサン、これは行かしても問題ナシ(ヲイヲイ)。ダブルティンパニーにマンハッタンスカイにマヤノライジンも行って好位にアーネストリー。トーセンジョーダンは最後方、終わったな。3角辺りでナカヤマフェスタが動いて来たが、動いたってより手応え悪い。内には哲Jが余裕の手応えでどうやって勝とうか鼻歌歌ってるように見えた。がー! ドリサンが止まりそうになく、後ろからも来そうになかったので哲Jが捕まえに行くと言う最悪のパターン、あちゃー。結局ドリサンが2着に残ってひでぶ! 確かに最内枠やったし警戒すべきやったかと今となっては思うが馬の力考えたらなぁ…。ちぎられた3着にチョウカイファイトが入り更にグダグダな馬券に!
結局有力3歳馬と言われた馬達は枕を揃えて討ち死に、やっぱ今年の前半活躍した3歳馬は弱いわ、トホホ。

本日:0勝5敗▲14500円 イタタ。

今日の嘆きの馬券:阪神9Rのエテルノ、余計な仕事せんでよろしい。
阪神10R、3連複2頭流しを最後の最後にストリートスタイルからエイシンパンサーに変えて自爆、雨でテンション低なったんが原因やな。

さー、一転盛り上がらんまま迎えてしまう阪神JF、ワタシが楽しめるかが問題だー。

|

« 09年讃岐うどん巡りその11 | トップページ | 阪神JF&カペラSハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/47002266

この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞杯ハズレ馬券解説:

« 09年讃岐うどん巡りその11 | トップページ | 阪神JF&カペラSハズレ馬券解説 »