« JCハズレ馬券解説 | トップページ | JCダート追い切り「私見」 »

2009年12月 1日 (火)

京都deラーメン「たから家」さんと「京都ラーメン研究所」さん

京都と言えば「ラーメン」は今や「星闘士(セイント)に一度見せた技は二度通用しない」、ってことくらいに定説だよなー。
京料理は素材の味を生かす、みたいなイメージがあるけど、ことラーメンに関しては超濃厚背脂チャッチャ系なんだから驚かされる。

昨日は昼前に京都に着いて、仕事を片づけた後、早速お昼はラーメンだ!!! と前もって調べておいた店に行ってみた。
毎回々々「新福菜館」でも良いんだけど、新規開拓もせねばね。

今回はJR京都駅辺りの仕事だったので、京都駅から歩いて行ける店にした。
一乗寺界隈はラーメン激戦区でどこも美味しいけど、車がないと行きにくいからねー。

259 258 260 ①たから家:ラーメン600円

JR京都駅の新幹線側に出て(京都タワーの反対側ね)、徒歩1分。
「なか卯」を目印に南へ下りてすぐ。
ぽつんと隙間にあるので一瞬、通り過ぎてしまいそうになる。
まだお昼少し前だったので並ぶことなく入れた。
ここのスープはげんこつにあごだし(豚の関節部分とトビウオ)のダブルスープが売り。
麺硬めでネギ多めに背脂多めを注文。
待つこと3分、どれどれ。
麺はかんすい使ってないストレートな中細麺、ワタシは麺派なのでまずは麺から。
どれどれ、おおー、こりゃ美味いわ♪
Wスープ、なるほどなるほど。
とんこつの白濁とは違うスープに魚介の味、最近流行の味だよねー。
背脂もこってりしてて意外とあっさりなスープをたくましくしてる。
チャーシューは豚もものスライス、メンマも自家製、ちょっと酸味が利いてて美味し。
煮卵が半割載っかってるのもポイント高い。
最後に自家製辛子味噌を入れると尚美味いとのことで、基本的にこんな味噌入れたらにんにくのパンチが効いて更に美味くなるのは当然なので普段は入れないんだけど、最後少しだけ入れてみたらやっぱり美味かった。
味のドーピングだな。

うん、これも京都ラーメンだ!!!

261 257 ②京都ラーメン研究所:しょうゆとんこつ600円

これもJRの南側、だけど西に500mほど歩く。歩くけど行った価値あったなー。
八条通りで別に近くに何がある訳でもないんだが、昼になるとずんずん客が集まって、入りきれなくて外まで並んじゃってた。
早めに着けてラッキー♪
2杯目か…うどんは10杯食べれてもラーメンは2杯が限度だよなー。
「しょうゆとんこつ」に「あっさりとんこつ」に「和風とんこつ」の3種類から選べる。
もちろん「しょうゆとんこつ」だ。
麺硬めで待つこと5分、ふむふむ、スープはとんこつを前面に押し出してるだけあって白濁してて、そこに醤油ダレで味付けてる訳か。
ここも煮卵載っかってて、チャーシューにメンマにネギに背脂チャッチャ、大きな海苔が印象的。
麺は「まる家」より若干太いくらい。
ちゅるちゅる…おおっ!!! この濃厚なスープにこの醤油の香り、これは「新福菜館」の進化型か!?
「新福菜館」は白濁してない超濃厚醤油スープやけど、ここのはとんこつが全面に出てる、「しょうゆとんこつ」だわ、確かに。
だからここも「新福」同様、コショウより一味の方が美味いな。
このお店は無科調(化学調味料無し)らしく、なるほどこんなにこってりしてるのに後味は悪くない。
「京都ラーメン研究所」の名に恥じない、研究された一杯、満足じゃ!!!

やっぱ京都はラーメンだじぇい!!!

|

« JCハズレ馬券解説 | トップページ | JCダート追い切り「私見」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/46909012

この記事へのトラックバック一覧です: 京都deラーメン「たから家」さんと「京都ラーメン研究所」さん:

« JCハズレ馬券解説 | トップページ | JCダート追い切り「私見」 »