« 富士Sハズレ馬券解説 | トップページ | ベトナム放浪記その4 »

2009年10月25日 (日)

菊花賞ハズレ馬券解説

 うーん、まぁだいたい予想通りの展開やったがワタシの指名した馬が走らなさすぎた。
 馬券って難しいですなー。
 もう、ここまで来たら達観してますので、神が降りてくるまで待つしかないな。

 
508  では何とか良馬場で行われた菊花賞。
 内の逃げ馬が残ってたが、なんせそこはG1、キッチリ差しも届くでしょう。

 ◎ナカヤマフェスタ:セントライトは完勝、ダービーでも怒濤の追い込みで唯一差し込んできた。位置取りも中団に付けられるし、何つっても今回は必殺の蛯名マクリが炸裂することでしょう。ステイゴールドってのも後押し。
 ○アドマイヤメジャー:セントライトは出遅れ、最後突っ込んで来た脚はなかなか。結構器用な競馬もできるし、問題は外枠と距離に不安か。って言ったら今回はガチンコで来い、って馬が少ないので同世代間ってことで目をつぶる。
 ▲セイウンワンダー:神戸新聞杯で一杯々々かと思ったが、陣営は更に上昇してると言うし、ユーイチJのラジオのインタビューでも、ここで勝たないといつ勝つ!? くらいのこと言ってたので、賭けてみる。母父サンデーってことで。
 △アンライバルド:正直、パドックでチャカついてるの見て、こりゃ無理だと思った。チャカつかなくても外回りは分が悪そうな。阪神の内回りの2200m、宝塚記念なんてピッタリと思うが如何? または有馬記念挑戦でもおもしろそうやけどなー。
 △イコピコ:前回ハマりすぎ、自分でポジション獲りに行く訳でもなさそうやし、突っ込んできて2着までかと。母父ジェイドロバリーってのが弱い(急に血統派だ・笑)。
 △フォゲッタブル:どんどん強くなってる。ガチンコで3000m来いってのはこの馬だろ。パドックで後ろをトライアンフマーチが歩いてたけど、胴の長さが違う、ステイヤー体型だよ。
 ×スリーロールス:野分特別が2番手から抜け出して33秒6の脚使って0秒7差。これで勝ち時計が1分48秒5なら分からんでもないが、1分45秒0って優秀な時計で勝ってる。ちょっと怖いので薄く買ったが、頭まであったとは…。
 
 シェーンヴァルト:マイル戦でレコード勝ちする馬が3000m無理だろ。
 トライアンフマーチ:距離持たん。
 イグゼキュティヴ:今日の最下位。
 ヤマニンウィスカー:本格化する前のイコピコと良い勝負でもねー。血統派は買いたくなるの?
 アントニオバローズ:中途半端な状態で勝てるほどG1は甘くないでしょ。
 リーチザクラウン:全姉クラウンプリンセスって強いマイラーだよ? 単騎での逃げは怖いけど、溜め逃げできる訳でもなし、どうせ引っかかって行くだけやん。二度の坂越えは無理々々。それで一番人気で大先生でっせ、もう前半戦勝って出番終わってるっつーの。こういう馬は最後に高松宮記念勝ったりするんだよね。あ、そりゃキングヘイローか、ははは。
 キングバンブー:あ、キングヘイローや。
 セイクリッドバレー:まぁ無理でしょう。
 キタサンチーフ:参加賞。
 ポルカマズルカ:挑戦してきたことを誉めたい。
 ブレイクランアウト:1600mの差し馬。
 
 馬券はナカヤマから馬単流し、アドマイヤからも流し、セイウンからも流し、3連単は3頭軸。

 内枠の馬が好スタート決めたが当然行かず、アントニオバローズが行こうという気を見せた途端にリーチザクラウンに火が入っちゃった。坂の下りで後ろ見ながら御そうとしてる大先生、しかし腹くくったか大きく逃げることに。3角でいきなりアンライバルドが躓いてたようやが、どんだけ影響あったか。イコピコは出が悪かったこともあって(四位J曰く)最後方。訳分からんのがトライアンフマーチの幸四郎、大きく立ち上がって馬とケンカしてた。最後方から競馬がしたかったのやろうけど、あんだけ酷い騎乗は神戸新聞杯のヴィクトリーの岩田Jの騎乗くらいに気持ち悪かった。大きく離されて2番手をアントニオバローズ、スリーロールスが続き、アンライバルドとフォゲッタブルは並んで先行集団、セイウンワンダーは中団、ナカヤマフェスタは後方、アドマイヤメジャーもその後ろ、イコピコは最後方(イグゼキュティヴは無視ね)。2度目の坂越えでちょっとスピードを落としたリーチザクラウン、勝負所が来た。しかし実は坂の上りから早仕掛けか思ったより具合が悪かったのかマクリか、蛯名Jの手が動いてるんだよなー。で、坂の下りで必死に押してるの見て終戦を確認。アドマイヤメジャーも外々回らされた時点で負け。唯一、これはって手応えやったのがセイウンワンダー、ユーイチJ慌てず直線向くまで脚溜めてた。意外と粘るリーチザクラウンをヤマニンウィスカーが捕まえに行ったその間を内で上手く立ち回ってきたスリーロールスの浜ちゃんが割って出た、割って出たが、その後10mは一気に外に吹っ飛んで、リーチを交わしてない。吹っ飛んだ間を吉田準Jのフォゲッタブルが急襲、外からこれもヨレてたがセイウンワンダーが追い込むが!!! 外に膨らみながらも並ばれてもう一伸びしたスリーロールスが一番強い馬になった。ハナ差の2着にフォゲッタブル、惜しかったなー。大先生良かったな、次からこの馬乗れるやん。3着に1馬身1/4差でセイウンワンダー、歯がゆい! 4着に上がり最速の34秒8もあんだけ後ろからでは届かんだろ。でも勢いは凄かったイコピコ。5着に最後の最後にバタッと止まったリーチザクラウン、もっと大敗すると思ったが、掲示板に載るとは。アドマイヤメジャーは坂の下りから必死で追い出すようでは苦しい。勝ち時計が3分03秒5という速い決着だったので、アグネスタキオンでは苦しかったのかも、ダンス1-2やもん。ではステイゴールドのナカヤマフェスタはと言うと12着、あんだけ手応えが悪いってのは輸送が効いたってことやろうなー。全く伸びてなかったもんな。アンライバルドは岩田J、最後追ってなかった。躓いた影響あったか? で、アントニオバローズは最下位と。だから甘くないんだって。

 コメント。浜ちゃん「ゲッツ!!!」とめっちゃハイテンションやったらしい。吉田準J「レースはイメージ通り、結果は2着、残念だった」。領家センセ「2周目の坂の下りで勝ったと思った。1600mから3000mまで戦える、これから大きい所を狙っていく」。四位J「こないだよりも気合いが乗っていた、スタート躓いたし、最後から行った。距離が長かった」。大先生「ちょっと距離が長かった」。岩田J「皆同じ位置取りをしようとしていたからね…」。

 1~4着まで馬券買ってたけど、肝心の本命・対抗が転けてたら当たりまへん、辛抱続くなー。

 
 本日:0勝4敗▲17000円   泥沼。

 今日の嘆きの馬券:京都10R、桂川S。テーオーギャングとサワヤカラスカルの2頭軸で3連単のみ珍しく買ってみたが、まさかのセブンシークイーンの逃げ切り、2-3-4着で2万円パー。
 京都最終の観月橋S。ミダースタッチとサクラロミオから買うもアドバンスウェイ持ったままの楽勝、どんだけ~~~。馬単の裏炸裂。

 
 はー、毎日王冠以来馬券当たってないんじゃない? 調べるのも嫌やわ。
 こうなりゃ天皇賞でまたウオッカを倒して溜飲を下げるか。
 人気次第やけど、オウケンかカンパニーか。そんで敢えてマツリダとドリジャニを買いたい(ヘンコやなー)。
 
 スワンSはそれこそリーチザクラウンの全姉のクラウンプリンセス? マイネルレーニアも先行しておもしろそう、1200mでスピード負けしたマルカフェニックスも良いし、トウショウカレッジも買いたい。ま、当たる気せんがなー。

 
 さー、今週は慎ましやかに過ごそうと思います、おろろん。

 

|

« 富士Sハズレ馬券解説 | トップページ | ベトナム放浪記その4 »

コメント

こんばんは。
コメントありがとうございました。

えへへ、仲間になってしまいました(笑)

日月さんはナカヤマフェスタからでしたか。
てっきりセイウンワンダーかと思ってました。

自分は人気のイコピコから買って四位騎手の素敵な騎乗に泣かされました。
最後にあの脚を見せてくれただけに残念でした。

しかし、今日の菊花賞の結果を見ると春とは勢力図がまるで変わってしまったようですね。
これでロジユニがアルチンもしくはJCで無様な競馬したらどうなっちゃうんでしょう?

今週は宣言通りに連勝を止める結果になってしまいましたが天皇賞は日月さんと同じくオウケンブルースリに頑張って貰いたいところですがこれでオウケンは消えましたかね?(笑)

投稿: ころすけ | 2009年10月25日 (日) 20時29分

日月さん、どうもコンバンハです^^
今回は、ダンス産駒の京都適性がモロに出たレースだったと思っています。
なので、今年の3歳牡馬はイマイチ力の序列が固まらなかった印象が強いですね。

それにしても、アントニオバローズ…無理に出走させた陣営をさすがに恨みますね。まさしく「甘くはない」です。

天皇賞はウオッカを負かしに行きますか~。私はどう買おうか?…悩みます。(笑)

投稿: いちご一恵 | 2009年10月25日 (日) 21時16分

 日月さんこんばんは。私の方は今日の菊花賞、どこからでも狙えると思い、昨日・今日とかなり調子の良いT大先生騎乗のリーチザクラウンから相手5頭(イコピコ、アンライバルド、トライアンフマーチ、セイクリッドバレー、ブレイクランアウト)へ馬連、馬単、ワイド、3連複1頭軸、3連単1着固定で各100円ずつ、確勝狙いでリーチザクラウンの複勝に500円で勝負しました・・・・。
 最後の直線でリーチザクラウンが先頭に立った時はテレビの前で「残れ!」と絶叫しましたが、よく見ると肝心の相手がすぐ後方に1頭もいない・・・・。結局リーチザクラウンは直線で失速、複すらも獲れませんでした・・・・。
 本来であれば今日はぼろ負けのはずですが、東京9レース神奈川新聞杯の馬連・3連複、京都10レース桂川ステークスの馬連(3連複は3着抜けでハズレ)最終観月橋ステークスの馬連・3連複的中で少しばかりプラスになりました。
 来週は天皇賞ですね。ただ私の方は、土曜日から旅行で4日間北海道へ行くので勝負するかどうかは微妙な状況です・・・・。

投稿: hirotti | 2009年10月25日 (日) 21時18分

ころすけさん、こんばんはー。
イコピコ、逆にあんだけ溜めたからあの脚になったかもしれませんし、難しい所です。
ま、後ろ過ぎましたけどね。

3歳馬、富士Sで古馬に歯が立たなかったですね。
ホントにロジユニには期待してますよ。
まさかぶっつけでJCはないと思いますけど、ダービー馬に負けは許されませんからねー。

オウケン…ご愁傷様でした。

投稿: 日月 | 2009年10月25日 (日) 21時34分

いちご一恵さん、どもー。

今年の菊花賞はスピードとスタミナが問われた結果がダンスの1-2なんでしょうね。
最近ダンスなんて重ったるくて敬遠されがちですけど、やっぱ長距離なんですよねー。

なのでチャンピオンディスタンスではまだまだ見限れないと思います、と信じたい(笑)。

アントニオバローズ、無理して出すことなかったのになぁ、残念です。

ダントツ人気のウオッカから買っても妙味なさそうですので、やっぱ負かしてこそですよ。
ワタシの中の「GIANT KILLING」を起こします!

投稿: 日月 | 2009年10月25日 (日) 21時40分

hirottiさん、お見事です。
ワタシは東京のレースは全く見てなかったんで何ともですが、桂川Sは良い配当でしたもんね。

え、また北海道行かれるんですか???
今でしたらメチャメチャ寒いんじゃないですか?
お気を付けて楽しんで下さい。

投稿: 日月 | 2009年10月25日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/46580815

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞ハズレ馬券解説:

« 富士Sハズレ馬券解説 | トップページ | ベトナム放浪記その4 »