« 小倉2歳S&新潟2歳Sハズレ馬券解説 | トップページ | 朝日CCハズレ馬券解説 »

2009年9月 8日 (火)

ベトナム放浪記その2

 えーっと、前回もちゅーと半端なところで終わってしまったので今回はキリよく初日を終わらせてみたい←えっ!

 
 ではこないだのたこ焼きならぬエビ焼きの続き。まだホーチミンが全く掴めておらず、どこに向かってるのか、ホテルも決まってないし、ただフォーが食べてみたいだけで歩いてた。

Nhu_lan 26000  ②(この日2食目って意味ね)牛肉のフォー&アイスレモン:26000ドン&6000ドン

 これはちゃんとした店、しかもかなりの大箱。パン屋さんでもあって店頭売りはもちろん、その場でバゲットに包丁入れて肉と野菜挟んでサンドにしてくれる。これ食べたかったんやけどちょっとボリュームが多そうやったので諦めた(15cm~20cmはある)、結局この後さんざん食べる機会はあったが、その量から最後まで食べることはなかった無念のベトナムパン。それは置いといて、フォー、牛肉のフォー、ベトナムに来て初めてのフォー! 食べ方分からんのでここでも言われるがまま。ハーブ(っつーより葉っぱやな)が山盛り付いてくるので入れようとしたら、おばちゃんが、ちっちっち、とばかりに茎から葉っぱのみをちぎって丼に入れる。んで、ライム絞ってニョクマム入れて、お好みでスイートチリソースを混ぜる、素で食べたら味ないで。コショウは入れない、基本激辛な唐辛子のそぎ切りが付いててこれがまたマジで辛いんだ! ちなみにフォーでも何でもそうなんやけど、右利きやったら箸は右手、レンゲは左手、丼を持ち上げることはしない。ご飯は持ち上げてかっ込んでる人見たが基本的には置いたまま食べるみたい。汁物もレンゲ、丼に直接口付けちゃダメよ。アイスレモンはレモンティーのつもりで頼んだが、激甘なレモンの原液が氷で一杯のグラスに1/3くらい入って出てくる。アイスコーヒーでもそうなんだけど、とにかく濃厚で激甘。ミルクっつったらコンデンスミルクやし。これを氷が溶けるくらいに時間を掛けて薄めてじっくり飲むのがベトナム式。 
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4  その後市民劇場行って、次にホー・チミン像を見て折り返してサイゴン川見に行って、チャンフンダオ像を見て(元の襲来を防いだ英雄らしい)、とにかくグエンフエ通りとドンコイ通りを歩き倒した。

 途中、明日からの日差し対策で帽子を買った。値段がさっぱり分からんのでとりあえず言い値を半値からスタートして決着したのが40000ドン、200円なら安い買い物やと思うけど???
 グレーに赤い☆の刺繍に下にViet Namの刺繍、これかぶり続けたから最後まで外国人と思われたんやろうなー。
 
Photo_5  メインの通りを歩き倒す為に、近所に宿取った、タンロンってホテル。部屋見せてもらったが、中国っぽい黒い調度品で、部屋は古いが悪くないので決定。パスポート預けるのにちょっと驚いたが、腹くくって渡した。宿代はチェックアウト時に払う、大丈夫かいなぁ? ちなみに1泊24ドル。

 
098 097  ③おかず載っけご飯(何じゃそりゃ):10000ドン

 20時頃か、ちょっと身軽になったので軽くご飯を食べてみようと。ちゅーか。カンテキで鍋で炊かれた炊きたてのご飯があまりにも良い香りやったんで買ってみた。ほか弁容器に入れて持ち帰りの一番最安な形。こっちのインディカ種って言うの? 細長い米ってかなり好き。パサパサなので嫌いな人は多いかもしれんが、汁系のおかずが多いベトナムではこれが美味いのだ。上にきゅうりとかハムとかナッツとか野菜をちょっと載っけてニョクマムをちゅーっとかける。地べたに座って食べたがこんなんも好きだよ。

 
 歩き回ってしんどいし良い時間やし、酒呑みたいんだよ、美味い物食いたいんだよ、何処に行ったら食べれるんだよ!!!
 と、ぶらぶら歩いてたら、賑やかそうな中心地に戻った、それがベンタイン市場。
 ここは先に述べたように昼間はつまらん市場だけど、夜になれば一大屋台街になるとこの時知った。
 市場の東西に凄い数の屋台が出てる。もちろん食べ物がメイン。
 さー、これで安心して腰据えて呑めるぞ!

 
Photo_6  行ったのは「星東飲食町」という大箱屋台。
 決め手は英語メニューに日本語の「いらっしゃいませ」があったこと。
 ちゅーても写真がないと訳分からんのだけど。

102_2  ④カニの春雨炒め
 ⑤生春巻き(5本)
 ⑥サイゴンビール(小瓶)×5本
 ④+⑤+⑥=226000ドン、ドーンッ!!!

 つっても1200円なんだけどね。

 まず④、あの強烈な火力で焼かれた春雨とほぐしたカニの身は絶品、美味いよー。日本で食べたら1500円はしちゃうよ。ここでは味付けが完成されてるので、あまり余計なことする必要がない。もうビールがススム君、ごきゅごきゅ。

 ⑤これはワタシにとっては意外な味、食べにくい! ライスペーパーが堅いのである。神戸は三宮の生田神社(陣内と紀香が結婚した所ね)の北にあるベトナム海鮮中華の「鴻華園」って店がワタシのお気に入りなのね。ここでニョクマムの味を知り、春巻きの味を知りしたんだけど、よくよく考えてみたらあの春巻きは「生」じゃなくて「蒸し」だったと思った訳だ。おそらく生では堅すぎて食べにくいから蒸したんだろう。その蒸し春巻きが印象に残ってたので、食べた瞬間、ごつごつしててあんまし美味くない(涙)。しかも一人前頼んでるからその数5本、うげげ。中身は春雨にエビにニラが飛び出ててシソとか香菜とかが巻かれてて、ピーナッツ味噌を付けてかじって食べるんだが、いかんせん冷たいし堅いのでイマイチ…そんでこの量、更にもうお腹が一杯、正直言やぁ無理だろ! しかし残す訳にもいかんので、あまりワタシの口には合わなかったが生春巻きを何とか完食した頃には⑥ビールは5本に達してました。って言っても小瓶だから全然普通なんだけどね、ええ、全然普通。

 それにしてももしもこの店に焼酎なんかがあったら間違いなく意識不明になって潰れてて身ぐるみ剥がされてたし、じゃなかったら車に轢かれてたことでしょう。
 何でも結果オーライだよなー。

 んでようやっとへろへろでほろ酔いになったワタシは20分かけてホテルまで歩いて戻ったのでした。
 23時くらいまで遊んでたから結構夜遊びしたかと思ったが、時差が2時間あるので日本では1時やからやはりよく遊んだことになる。
 こんだけ歩いたので翌日にはどえらいことになってるのだが、それは次回に…。

 すいません、8月26日終了、もちろん続く…。

|

« 小倉2歳S&新潟2歳Sハズレ馬券解説 | トップページ | 朝日CCハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/46158253

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム放浪記その2:

« 小倉2歳S&新潟2歳Sハズレ馬券解説 | トップページ | 朝日CCハズレ馬券解説 »