« これがベトナム競馬だ!!! | トップページ | 札幌2歳Sハズレ馬券解説 »

2009年9月 3日 (木)

ベトナム放浪記その1

 えー、先週の26日水曜日から30日の日曜までベトナムに行って無事に帰ってきました。
 遅めの夏休みです。
 例年、お盆は出勤して、時間差夏休みにすることで混雑なしに行ける訳だが、今年は何処に行こうか考えた、バンコクかホーチミンか。
 3泊4日で行ける所って東南アジアに限られちゃうもんな。
 それで去年は北に目を向けてみようと、ウラジオストックとか北方領土を狙ってみたが、ちょっと現実的ではなかった、高すぎるんだよ。
 なので無難な所で落ち着いた(そうかぁ???)。

 
 ワタシの言いたいことは沢木耕太郎氏が「一号線を北上せよ」ベトナム街道編/講談社文庫 の「メコンの光」の章で述べておりますので、そちらをお読み下さい、完。

 

 
 魚ぉぉぉ、炎上する!!!
 でも本当に似たようなことしかしてないもん。
 今回バンコクとホーチミンどっちが良いか検討したがホーチミンの方が日本人が居なさそうだったんで決めたんだが、お盆前に決めてチケット買って、飛行機乗るまでにやったことは、この「一号線を北上せよ」を本棚から引っ張り出して読み直したこととJTB発行のガイドブックを入手して前日さらっと読んだこと、そんだけ。

 ワタシはここんとこ夏休みは世界遺産巡りしてまして、一昨年は韓国は慶州、去年はマカオ、ってな具合。
 で、本当なら世界遺産のベトナム北部のハロン湾…は無理なのでフエのグエン朝遺跡か古都ホイアンかダナン郊外のミーソン遺跡にホーチミンから行こうかと模索してました。
 しかしあんだけ遠いとは…。
 
 沢木氏の旅の仕方とワタシの旅の仕方って結構似てて、テケトーに歩き回っておもしろいことに出会うってのがいつものパターン。
 しかし決定的に違う点がある、それはワタシはバスの旅より列車の旅の方が好きってこと。
 「一号線を北上せよ」は、その名の通り、ホーチミンからハノイまでまーたバスで横断しちゃうの。
 距離にして本州の最北から最南、つまりは青森から下関くらいの距離で1800kmもあるんだって。
 で、この本読んでると、まるで移動手段がバスしかないようで、ひぃ~、3泊4日じゃ無理~~~、って思うんだが、ちゃんと国道の隣に線路があって、とか載ってるの。
 だから列車でも行けるんや、って甘く見てたら、ガイドブック見て驚いた。ホーチミンからフエ(真ん中と思ってくれい)で鉄道で30時間、どーやっても無理ですから!
 なので飛行機でのパターンも考えた。これなら1時間20分で行けちゃう、しかし片言の英語で行けちゃうもんかねぇ???
 後は行ってから考えてみようと、いつものてげてげなパターンになった訳だ、果たしてどうなることやら…。

 
 つー訳で、日本の銀行では円をベトナムの通貨ドンに替えることはできないそうなので、まずは関空でドルに替えて、ホーチミンの空港でドンに交換(ちなみにドンをドルに替えるのも難しいそうなのでなるべく使う分だけ交換して使い切りましょう)日本円は5万円をドルにして、まずは100ドルをドンに交換してみた、なんと1,733,390ドンがドーンと出てきた(これも沢木氏が言ってます)、ざっと10000ドンが53円くらいと考えてくれい。
 沢木氏が行ったのが2002年か? 当時と比べて物価は上がってるが、ドンが安くなってるので、どっちもどっちてとこか。

 ホント、ワタシの駄文読むよりも本の方を読んでもらいたいので、ワタシが沢木氏が書いてない隙間をこそっと書いてみる。

 
 まずは初日26日の14時半に到着していきなり驚いたことは…スコール、いや、ゲリラ豪雨か。
 今は雨期らしいので、毎日15時くらいから必ず雨が降る。 飛行機が到着した時はヤバいかな???って感じだったのに、手続きして外に出たら雷ドゴンドゴンでバケツひっくり返したよりも激しい雨、なんじゃこりゃ???
 えー、誰も行く人は居ないと思うけど情報、空港からタクシーでは30分弱で10万ドンくらいかかるのかな? でもワタシが調べた所、152番のバスに乗るとたったの3000ドン(市内バスはどこまで行っても3000ドンみたいよ)!!! 16円だよ、16円!!!
 なのでバスを探して乗ったが、そのバス乗り場は空港出て右に300m程歩いた国内線の前にあります。
 ワタシは10分ほど待ってる間に缶ビール1本呑み終えた所に来たので疑いもなく飛び乗ったが、合ってました。
 でー、その豪雨。走り出して冠水しちゃってる、酷い所では車のタイヤが全部雨で見えなくなってる、すげ~~~。なのにバイクがうじょうじょ出てくる、何じゃこりゃーーー。
 
Photo  結局市内の中心地で終点にして始発のサイゴンバスターミナル(ベンタイン市場前)に着く頃には雨は止んでて路面は乾いてたが、通行量にびっくり。
 まず歩行者が居なくて、ほとんどがバイク。車一台にバイク30台くらい、それがひっきりなしに休むことなく流れてる、エラい所に来てしもうた…なーんて思う訳ないのさ!

 しかし我ながらよくぞ無事だったと思うわ。毎朝ホテルで目を覚ましてて、ああ生きてる、ってことを思ってた。
 別にたいそうな大冒険をした訳じゃなくて、初めての街で呑んだくれてた、そんだけなんだけど、何が「ああ生きてる」なのかは、結構酔っぱらって呑み歩き続けてたのに、無事にバイクや車にはねられずキッチリ朝はホテルに戻ってたってこと。

 バイクと車の交通量は半端じゃないと書いたが、更に恐ろしいことに実は信号がほとんどない。
 歩行者も少ないので横断歩道はたまーにある程度で、バイクや車が停まってくれないから、非常なる勇気を持ってびゅんびゅん流れるバイクや車の中を知らん顔して突っ込んで行かねばならんのだ。
 もう、これは運転手と歩行者のあうんの呼吸に尽きるのだが、素面なら注意もより利くが、ベロってんのにあの傍若無人な流れの中を事故らずに生きて帰ってきたのは我ながら賞賛に値すると、そこだけは思った訳。

 
Photo_2  ではとりあえずは市内の中心部、サイゴンバスターミナルに到着した。
 まずはホテルを探そうかと思って地図片手に歩いてたが、碁盤の目のようになってる訳じゃないので、最初は自分がどこ歩いてるのか分からんかった。
 
826  で、何だか凄い場所に来ちゃったなと思ったのが旧市場。
 今はメインはベンタイン市場になっちゃってるけど、あそこは沢木氏も言ってるように観光客向けで昼間行っておもろい場所ではない。夜に出る屋台が台湾の夜市みたいでおもしろいのだ。行くなら断然旧市場の方がおもしろい。
 そんでたいして道幅がある訳じゃないのに、ここも大荷物抱えたバイクが行き交うんだよなー。
 この時で15時半、市内は冠水してなかったが道路は湿っており涼しくもなく蒸し暑い。
 捌かれた肉やら魚介類、野菜にコーヒーに酒にたばこに等々。
 地元の人の熱気を感じる。

 えー、ここで豆知識。
 ベトナムでは最近でこそ郊外にロッテマート(ロッテ資本の百貨店)ができたりしてるみたいやけど、基本的にはスーパーはありません。
 コンビニもほとんどなく、外国人ツーリストが多いシンカフェ・キムカフェ周辺にはサークルKがあったが、なかなか見つかりません。
 なので物の値段が分かりにくい、この辺は香港・マカオとは違う所だな。
 食堂にもメニューがある訳でもなく、この辺はちょっと観光客には不便な所。
 値段が分からんと買い物しにくいもんな、相場も分からんし。
 ついでに言うとトイレもない、たまにある公衆便所は1000ドンくらい。なので自分のトイレ場所は見つけた方が便利。ワタシは某ホテルとか、外国人向け百貨店とか、電気屋さんとかねー。
 熱中症対策の為にイヤイヤ無理矢理ビールがぶ呑みして、氷ガシュガシュ噛んでるような輩にはトイレがないと非常に困るんだよ。

 エンジョイベトナムライフの為にきれいなマイトイレを見つけておきましょう!

 うわ、まだ到着してから1時間しか経ってないし、ひぃ~~~~~。

 
Photo_3 20000  で、この旧市場の北端でおもしろい屋台ってか出店を発見したので、ベトナムで初めて食べたのがこれ。
かんてきで明石焼き焼くみたいにしてんだが、半分なんだよなー。中身は見て分かるようにタコじゃなくてエビ。
 これをチシャで香草と一緒に巻いて、白いココナツミルクほど甘くないがそんなソースをたらして、ニョクマムなソースと食べるのだ、20000ドン(160円)。
 食べてる間も質問攻めにあう訳、どこから来たとか、結婚してるかとか、歳幾つやとか。
 そこで32歳、とサバ読むワタシもワタシやけど、冗談半分でウチの娘を嫁にもらってくれと言うベトナム人のおとっつあんに非常に親しみが涌いてしまった。

 うん、ここでも楽しく過ごせそうだ!

 
 と言う訳で続く。

|

« これがベトナム競馬だ!!! | トップページ | 札幌2歳Sハズレ馬券解説 »

コメント

ブログ拝見(^o^)丿 たのしそうですね!!
わたしのSAPAの印象も書きます。
・少数民族がほそぼそとくらす風の谷。(^o^)丿
・犬をちゃべちゃう。市場ではどうどうと売られている。Σ( ̄□ ̄;)
・女性はみな着飾る。英語かなり堪能。
・ハノイから寝台列車で9時間。さらにバスで1時間。
・高原のリゾートのよう。すぐに中国国境がある。(^o^)丿
http://blogs.yahoo.co.jp/hayashij0416/MYBLOG/yblog.html
ワタシのベトナム写真をみてください。(^o^)丿

投稿: jjj | 2009年9月 5日 (土) 14時36分

jjjさん、遅くなりました。
SAPA、田園風景が美しそうなド田舎村ですね、ナイスです。
犬ちゃべちゃいますか、ワタシも昔広州でちゃべちゃいました、ははは。

しかしハノイから寝台9時間でバス1時間って強烈ですね!
画像拝見させていただきます、ありがとうございます。

投稿: 日月 | 2009年9月 7日 (月) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/46112127

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム放浪記その1:

« これがベトナム競馬だ!!! | トップページ | 札幌2歳Sハズレ馬券解説 »