« 宝塚記念追い切り「私見」 | トップページ | 函館S・S&ラジオNIKKEI賞ハズレ馬券解説 »

2009年6月28日 (日)

宝塚記念当たり馬券解説

628g1  心配してた天気もすっかり良くて、ってか猛暑ですよ。
 抜群のコンディションで行われた宝塚記念、やっぱG1はこうでなくっちゃね。

 
549 628g1_2 G1 G1_2  ではいきなり行っちゃいましょう! 宝塚記念。
 馬場は前残りっぽくもあるが、6Rで四位Jが昆厩舎の馬で良い位置取りからキッチリ差し切ってたし、9Rではテイエムアンコールが豪快に差し切ってた。外回しすぎたらどうかと思うが、14頭だしあんま考えずにガチンコ実力勝負と考えた。

 ◎サクラメガワンダー:金鯱賞で前を攻め潰して勝った。一度叩いて更に状態上がってることでしょう。ディープスカイを負かす馬券を買おうと思ってるので、それにはディープより前で競馬する馬を買いたいってこと。
 ○アルナスライン:いよいよ大器が開花したか、そういう意味じゃないけど馬体でかっ! ポテンシャル的にはいつG1勝ってもおかしくないだろ。前で競馬して長く良い脚を使う。阪神も勝ってるしね。
 ▲ドリームジャーニー:ディープスカイを意識する余り、前を残してしまうことがあるかもと考えた。
 △ディープスカイ:そりゃここから買うのが普通でしょうけど、単勝1.6倍ほどの力の差はないと思う。ならば負かしに行った方が賢明。

 マイネルキッツ:前情報通りの馬体減、天皇賞勝ったからええやろ。
 インティライミ:11ヶ月休んでて金鯱賞一回叩いてここ勝てるくらいならとっくにG1勝ってるって、この馬。
 スマートギア:ローカルG3級の馬だと思う。
 アドマイヤフジ:前に行ってどこまで。ちょっと相手が強いと思う。
 ヒラボクロイヤル:連闘で使うのか、とほほ。
 エリモエクスパイア:全然良くなってきませんねー。
 スクリーンヒーロー:一世一代のもう仕事しちゃってるしね。
 モンテクリスエス:あり得んだろ。
 コスモバルク:今日の最下位。
 カンパニー:これは非常に怖い、けど距離が長いということで無理矢理切った。

 要は4強、サクラからアルナスからドリジャニから馬単、押さえで馬連BOX、3連単は4頭でBOX、まぎれはない。

 好スタート切ったのはスクリーンヒーロー、それを外からハナを奪ったのがコスモバルク、カンパニーとアドマイヤフジが併走して、その後ろの絶好位にサクラメガワンダー(先手必勝って意味ね)、ディープスカイが続いてアルナスライン、後ろマークがドリジャニ。2角から向こう正面まででディープスカイがどうにも落ち着かない。ユーイチJ・蛯名J・池添Jはピタッと折り合ってるのに、四位Jだけが必死に御してる感じ。ここで消耗したんが最後の伸びを欠いた原因か? なら安田記念使ったことが仇になったか。さておき、レースの主導権はユーイチJが握ってた。3角から徐々に進出して直線を向いた時には先頭! もう心臓が止まるかってくらいに絶叫したね。追っつけディープスカイも上がってアルナスラインはコーナーリングでディープの前に出て、外からは池添Jが豪快なアクションで追い出す。サクラメガワンダーは先頭に立ったが、外のドリジャニの勢いが凄すぎる。坂で一気に抜け出して34秒3の最速上がりで1馬身3/4差を付けて完勝、切れたねー! 2着に後続の追撃を何とか封じ込んだサクラメガワンダー、よう走った! 3着に大阪杯ではドリジャニに食い下がれたが、今回は突き放されてしまったディープスカイ。こんなもんやったんか、それとも何処かに原因があるのか、まさか東京しか走らんのか。4着に先行してそこから伸びきれなかったが、それでも8歳馬とは思えぬ走りをしたカンパニー。5着に前に行っただけでさして見せ場のなかったスクリーンヒーロー。6着がこれが惜しかったアルナスライン。内回ってディープの前に出たが、これからって時にドリジャニとディープに押し込まれて前はサクラメガワンダーが居るしで、ラスト全く追えてなかった。まともやったら2着あったかも、惜しい!
 ちゅう訳でドリジャニの末脚が強烈過ぎた宝塚記念でした。さー、これで秋が楽しみになったな。

 コメント。ユーイチJ「終わった、夏競馬(笑)! ドリジャニに絶好の展開になってしまった」。四位J「3角過ぎから怪しくなってきた、パドックから状態は良かった、池添に上手く乗られた」。昆センセ「前の馬も来てるし後ろの馬も来てるのに…」。岩田J「歳の割にたいしたもんです」。蛯名J「残念だった、前が詰まってしまった、内で捌けたら…」。松岡J「意外と踏ん張ってくれた、秋が楽しみです」。大先生「自分の競馬はできた、あれが精一杯」。

 うーん、この敗戦で凱旋門賞どころじゃなくなったな。ドリジャニに行ってもらいたいと思うのはワタシだけか。
 やっぱガチンコ勝負は見応えあったねー。良いレースでした、うんうん。

 結果:馬連2630円×600円=15780円
      3連単10630円×100円=10630円

 
 本日:1勝7敗△2910円/23500円   むずかちい…。

 ちなみに昨日:0勝8敗▲10000円   あうー。

 今日の嘆きの馬券:阪神9Rの垂水S。テイエムアンコールを狙った。アメジストリングも買い目に入れてたが、あんまり後ろからでは届くまいとバッサリ切ったら最後差し込んできた、馬単14000円ぶっ飛び。もうええ加減にこういうの止めたい…。
 阪神11Rの鷹取特別。トップハンデのどっちから買うかで迷ってダイシンオレンジから買ったらボクノタイヨウに来られた、また1/2の選択に敗れた…。
 阪神最終の水無月特別。ルミナスハーバーで前回の降着分を取り返そうと思ったら馬単の裏、ぎゃぼっ!

 
 まー、なかなか上手く行きませんが一応今日はG1獲ったってことで、美味い酒を呑ましてもらいます。

 来週、ラジオNIKKEI賞はアドマイヤメジャー。
 札幌でやるのに函館SSは…小粒すぎて分からんわ!

 
 夏競馬なのでそれなりモードで楽しみたいと思います。
 ではではかんぺーい♪

|

« 宝塚記念追い切り「私見」 | トップページ | 函館S・S&ラジオNIKKEI賞ハズレ馬券解説 »

コメント

こんばんは。

日月さん宝塚記念お見事です。
今日のドリームジャーニーは強かったですね。

自分はディープスカイからいったんですけど全く抵抗できなかった姿にはがっかりしてしまいました。
ディープスカイは弱くは無いけど強くも無い馬なのかと思えてきました。
でも悔しいので(人気を落とすであろう)秋競馬で再び期待したいと思います。

昆調教師は強気のコメントし過ぎと思えるのでこの春の3連敗と言う現実を受け入れて秋は謙虚な姿勢で競馬に臨んでもらいたいです。

自分は自棄酒だけどかんぺーい!

投稿: ころすけ | 2009年6月28日 (日) 20時33分

ころすけさん、こんばんはー。
ようやく呑み始めました、かんぺい!

ディープ世代はインパクトもスカイもそれ以外がイマイチですのでちょっと見誤ってるかもしれないですね。
でも去年の秋天のパフォーマンスは今年を期待させるに十分だったと思うんですけどねぇ。

昆センセ的には負ける訳にはいかない気持ちだったのでしょう。
秋での巻きかえしなるか楽しみです。
ドリジャニの東京での走りと共に。

投稿: 日月 | 2009年6月28日 (日) 20時48分

 日月さんこんばんは。私の方も宝塚記念、一応3連複的中できましたが、3連単ハズレで当たり損・・・・。それにしても2-3-1人気で決まって馬連、馬単はこんなに高配当とは・・・・。当てたかったです。
 今日の阪神・福島競馬は本当に荒れの連続でした。宝塚記念以外はすべてハズレ。その一方札幌がソコソコ調子良く、20-30倍台の馬単・3連複を何本か獲ったので、トータルではややマイナスで済みましたが・・・・。
 札幌の場合、頭数が手頃なのがいいかもしれませんね・・・・。

投稿: hirotti | 2009年6月28日 (日) 22時21分

日月さん、どうもコンバンハです^^
馬連買いの勝ち組ですね。羨ましい~です。(笑)
凱旋門賞はドリジャニのようなタイプの方が合うかもしれませんね。あのピッチ走法は、欧州でこそのような気もしますし…

ディープスカイは、やはり直線の短いところはダメなのでしょうね。エンジンのかかりが遅いのは、今回で白日の下に晒されましたし…

ま、来週からは夏競馬モード。ビール片手に競馬を楽しむ日々が続きそうですね。(爆)

投稿: いちご一恵 | 2009年6月28日 (日) 22時45分

hirottiさん、どうもー。
ディープスカイがよほど人気被ってたんでしょうねー。
阪神しか見てなかったんですけど荒れてましたねー。
夏競馬Ver.で流していきたいと思います。

投稿: 日月 | 2009年6月29日 (月) 08時53分

いちご一恵さん、いえいえ。
ガッツリ勝ってて溜飲を下げたかったんですけどそうもいかないようです。
ディープはやはり道中折り合ってなかったのが全てではないでしょうか。
凱旋門賞はブエナビスタに行ってもらいましょう、勝ち負けは別にして(笑)。

投稿: 日月 | 2009年6月29日 (月) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/45480277

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念当たり馬券解説:

« 宝塚記念追い切り「私見」 | トップページ | 函館S・S&ラジオNIKKEI賞ハズレ馬券解説 »