« 桜花賞追い切り「私見」 | トップページ | 桜花賞当たり馬券解説 »

2009年4月11日 (土)

阪神牝馬Sハズレ&ニュージーランドトロフィー当たり馬券解説

31126  いやー、メチャメチャ良い天気でしたね。
 もう完全に春、いや初夏ですね。
 阪神競馬場の向こう正面の裏? 北側って道路になってて、ワタシのバイクでの競馬場への出勤路なんだけど、桜が舞い散って実に気持ち良かった。
 明日からはグローブは夏用の指だしバージョンに替えるか。

 
049 411sg2 Sg2 Sg2_2  T-シャツ姿も多々見られた暖かい阪神競馬場、桜花賞前日の重賞は阪神牝馬S。
 馬場はこりゃ外差しでしょう。
 
 ◎チェレブリタ:何で2番枠の馬買ってんだよ、1400mなのに。どうせ最後方から行くから大外ぶん回しでも届くんじゃないかと。近走充実してるのも買い材料だし、アザレア賞で幸Jがキッチリ差し切ってることも大きい。
 ○レインダンス:外枠の差し馬。問題は距離不足と騎手の経験不足か。
 ▲ポルトフィーノ:末脚強烈で外枠、しかし今となってはこんなん買った自分が恥ずかしい。
 △オディール:徐々に良化、弱いクラシック組だけどこの程度のメンツならやれる。
 ×レジネッタ:57kgは酷量、どこまでやれるか。
 ×サワヤカラスカル:ハマった時の脚は凄い。
 ×ウエスタンダンサー:追い切り動いてたから穴はこれかと。
 
 ハチマンダイボサツ:しかし凄い馬名や(あ、中山の3Rにタマゴカケゴハンって馬が居たな、頭痛ぁぁぁ)今日の最下位。
 ベストオブミー:芝もダートも中途半端。
 エリモハルカ:同型馬多すぎ。
 エアパスカル:究極の早熟馬。あ、こっちが最下位かも。
 ザレマ:根性なし馬。どうせ4着でしょ。
 テンイムホウ:ラムタラですよ!
 アルティマトゥーレ:逃げて失速。だから同型馬多いってば。
 ジョリーダンス:8歳やもんなー、近走成績落ちてたし、これは買いにくい。
 ペプチドルビー:芝実績なし。
 ピエナビーナス:家賃高すぎる。
 ヤマニンエマイユ:阪神実績なし。

 馬券はチェレブリタから3点、タテ目でレインダンスから、押さえの馬連も買って3連単は2頭軸。

 逃げたのはエリモハルカ、アルティマトゥーレのハナ叩いちゃった。ナベちゃん、ノリJにしばかれんかったらええけど。ワタシの買った馬は中団より後ろから、オディールとポルトフィーノはまだ前目。ポルトはやっぱ少し行きたがってたみたい。直線に入ってオディールが追い出す内でザレマのアンカツJが何気に差しに回ってた、だけどこの2頭の追い比べなんてこの馬の末脚からはまさに子供の遊び。四位J&ジョリーダンスが33秒6の一気の末脚で馬群を一呑み、1馬身1/4差の圧勝。他馬が止まって見えたね。2着にこの馬とサワヤカラスカルが出した34秒2が上がり2番目のタイムやからどんだけジョリダが凄かったか! なザレマ 。3着になかなかエンジン掛からずのオディール、4着にサワヤカラスカル、5着にレジネッタと弱い4歳牝馬の象徴みたいなレースになってしまった。レインダンスは6着、もっかいユーイチJ乗せてくれ。ポルトは直線入って大先生追い出すも全く伸びなしの8着、チェレブリタは外に出せず内突きで全く見せ場なく9着でした。
 ジョリーダンスが勝っちゃうんやからよほどショボいメンツやったと言えるか。いや、ジョリーダンスがこの中では強すぎたと言った方がいいのか、いずれにせよヴィクトリアマイルに直結するとは思えない阪神牝馬Sでした。
 だって、先週のカワカミの末脚見たらこの程度の馬じゃ太刀打ちできないよ。

 
048  続いてはNHKマイルカップのトライアル、ニュージーランドトロフィー。
 中山はイコールコンディションになってきたか、ダイバーシティなんて内差ししてたし。

 ◎サンカルロ:スプリングSは巧く馬群を捌けてたらフィフスペトルには勝ってたな。
 ○アイアンデューク:マイルまで持つのか、短距離の差し馬なのか。
 ▲マイネルエルフ:スプリングSは不甲斐なかったけど、1ハロン短縮で粘れるか。
 △ティアップゴールド:前走かなり強かった。
 △アドバンスドヘイロー:この馬ってほんまに走るの? 負かした相手が弱いけど。
 ×オメガユリシス:結構差し脚鋭いのよね。

 ケイアイテンジン:これは前走で芝走らんってのがバレちゃってる。
 ゴールドエンデバー:これこそダートの短距離馬でしょ。
 ジョーカプチーノ:ファルコンS勝った馬がその後活躍した試しがない。
 スペシャルクイン:御神本Jでもねぇ。
 ジョーメテオ:逃げてどこまで(って逃げれなかったけど)。
 ダイワプリベール:ダノンベルベールに勝ってるが前走負けすぎ。
 リスペクトキャット:今日の最下位。
 ツクバホクトオー:なかなか復活しませんなぁ、新潟がフロック?
 スガノメダリスト:-12kg。
 パドブレ:これも最下位候補。

 サンカルロ鉄板。

 江田Jがいきなり落ちたが、レースに影響はなかったみたい。で、何故か逃げたオメガユリシス、をいをい。ジョーカプチーノも一緒に行ってサンカルロは一旦下げてじわっと内から進出。直線に入って逃げるジョーカプチーノを交わそうとするサンカルロとマイネルエルフ、だけど追って伸びたのはサンカルロでジョーカプチーノが止まらんのかマイネルエルフが追って伸びる馬ではないのか、あう~~~、と思って見てたら外からティアップゴールドが一気に抜き去り2着進出。勝ったサンカルロは唯一の34秒9の上がりで快勝、勝ちタイム1分33秒8はこの時期優秀。ティアップは2番目の35秒0の上がりで充実度アピール。3着に逃げて粘ったジョーカプチーノ、結局マイネルエルフは交わせず3連単当たらず。5着にサンカルロの後ろに居たが、上がりで0秒7ちぎられたアイアンデューク、やっぱ短距離の差し馬だな。
 勝ったサンカルロだけがマイルカップで勝負になりそうなニュージーランドトロフィーでした。

 結果:2410円×500円=12500円   1番人気でよく付いたな。

 
 本日:1勝5敗▲2000円/14500円   勝負は明日よ。

 今日の嘆きの馬券:大阪-ハンブルグカップ、タガノエルシコ馬体減りすぎ、ハギノジョイフル毛ヅヤ悪すぎ、メイショウクオリア弱すぎ、でこれらぶった切ってゼンノグッドウッドから行くつもりが、エアジハードが気になって、一旦ハイアーゲームに動いて、更に迷ってニホンピロレガーロから買っちゃった。結果、ゼンノグッドウッド楽勝、馬単8340円に悶絶。
 

 さー、いよいよクラシックですよ、ブエナビスタで仕方ないように思うが、それなりに反抗してみたいと思います。
 外枠の差し馬ね。
 どんなレースを見せてくれるやら…。
 

|

« 桜花賞追い切り「私見」 | トップページ | 桜花賞当たり馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/44638344

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神牝馬Sハズレ&ニュージーランドトロフィー当たり馬券解説:

« 桜花賞追い切り「私見」 | トップページ | 桜花賞当たり馬券解説 »