« フラワーC&ファルコンSハズレ馬券解説 | トップページ | 名古屋大賞典当たり(ということにしておいてくれ)馬券解説 »

2009年3月22日 (日)

阪神大賞典&スプリングSハズレ馬券解説

536 542  いやー、今日もタコ殴りされてしまった。
 計算してみたらダイオライト記念カス当たりしてからずっと負けてるので通算38連敗、しかし当たらんねー。
 3月入って急ブレーキだよ、車のバッテリーにETCにミニノートが遠い…。
 挙げ句、あの大雨の中、サイクロン号で家に帰ってきてデジカメがお湿りしてて、上手く動かん。ドライヤーで乾かして何とか復活したが、この先どうなる事やら。
 
 ま、上手く行かない時はこんなもんや、では行ってみよー。

 
546 G2 1213s  メチャメチャな雨の中行われた阪神大賞典。
 とにかくそんな雨だったのでデジカメで撮影なんぞ無理々々、古い画像で辛抱してもらいたい。
 馬場もへったくれもないって。最速で上がったアサクサとナムラが38秒3、10Rの但馬Sで勝ったイケトップガンと2着のタニノディキディキが36秒5で上がってることから、いかに急速に馬場が悪化したか分かる。

 ◎アサクサキングス:去年の雨の宝塚記念も5着に来てるんよねー。そんなに下手くそじゃないでしょ。ま、パンパンの良馬場でも本命だったけど。一瞬の脚はないけどパワーはあるから阪神の坂も問題ない。先行できるのもプラス材料。
 ○オウケンブルースリ:ここで走れば本物。しかしキレが身上のこの馬が今から考えたら一番苦手な馬場やったか。
 ▲スクリーンヒーロー:パドックで見たが良い馬ですね、この馬。だけどこの馬場で59kgではしんどかろ。
 △エアジパング:鉄砲3.1.0.2、ユーイチJ一発頼んます。
 ×ナムラクレセント:3着ならマギレがあって良い。

 トウカイトリック:力が落ちた感は否めん。
 ニホンピロレガーロ:万葉Sには驚かされたが、相手が更に強化、しんどいんじゃないの?
 テイエムプリキュア:雨が降ったのでちょっと買おうかと思ったが、56kgやもんねぇ。49kgやったら買ってたな。
 デルタブルース:15ヶ月ぶりか、常識的に考えて辛いな。
 ゴーウィズウインド:今日の最下位。
 ヒカルカザブエ:日経新春杯で重賞の壁にはね返されてたしねー。人気の盲点やったか。こっちのジャンポケが走るとは…。
 トウカイエリート:あ、こっちが最下位か。

 とにかくこの雨なのでテイエムプリキュアが行くのだけは分かるが、後はどうなるか分からんので、馬券はアサクサからも上位3頭を重視、3連単は2頭軸。

 行ったのはテイエムプリキュア、メインスタンド前まではそんなに飛ばしてなかったが、1角2角から一気に引き離して向こう上面ではセフティーリードかと思わせたくらい(をいをい)。デルタブルースが実質ハナ立ってるかのようで、ヒカルカザブエにスクリーンヒーローが続く。アサクサは意外に前に行かなかった。オウケンをマークする形。ナムラクレセントは更に後ろで自分の競馬に徹する。レースが動いたのは3角、プリキュアを捕まえに動いたのがヒカルカザブエ、アサクサとオウケンも進出したが、手応えが怪しいのはオウケン、スクリーンヒーローはこの勝負時に一緒に上がっていけなかった。ヒカルとアサクサが馬体を併せて一気に突き抜ける。スクリーンヒーローはじりじりしか伸びず、後方から大外一気のナムラクレセントに交わされる。ゴール前で馬体をぶつけた必死の追い比べは四位Jが秋山Jを制してアサクサキングスが天皇賞へと大きな一歩を踏み出した。ハナ差敗れたヒカルカザブエは京都の方がおそらく得意かと思われるので、-14kgでの反動がなければ天皇賞でもおもしろい存在。ナムラクレセントは1馬身3/4離されたが、最後の脚は見るべき所があった。ま、必殺小牧乗りとも言えるか。菊花賞3着はダテじゃないってか。4着に厳しい競馬になってしまったスクリーンヒーロー、ノリJ云々じゃなくて、ひょっとしたら3000m自体が向いてないのかもしれん。5着に後方から追い込んだトウカイトリックでした。デルタが6着でオウケンはずぶずぶに沈んで7着、エアジパングは見せ場らしい見せ場すらなく8着、逃げてレースを湧かせたプリキュアは9着でした。やっぱG1馬が相手だと56kgでは厳しかったか。
 本番の京都は更に得意な舞台のアサクサキングス、楯が見えたか。

 
550  続いては降ってたがそこまでの雨ではなく良馬場発表だったスプリングS。
 何かにわかに差しが決まってきたかのような印象があるんですけど…。

 ◎アンライバルド:ならばこの馬で間違いないでしょう。岩田Jも認める瞬発力は凄い。ただやっぱ問題は折り合いだよな。あっさり勝てばロジユニの天敵になるかもしれん。
 ○リクエストソング:堅実なんだけど何かが足らん。しかし賞金足りてるのに何で出てきたんだろう? やっぱ中山使ってみたかったってことか。
 ▲キタサンガイセン:きさらぎ賞はアクシデントもあったのでもう一度狙ってみる、しかし差しが決まるって言ってもスタート出遅れたら致命傷、ホンマに遅れるなよなー。安藤、ごるぁ!
 △マイネルエルフ:前で競馬して粘るならこれかと。一度叩いて上昇してくれ。
 △フィフスペトル:しかし何で本番で乗らない騎手に乗せるかねぇ、陣営の頭イカレてんのんちゃう? マイルカップとしてもライバルにブレイクランアウトが居るだろうに(まさかクラシック行くの?)。朝日杯の走りでは1800mまでならこなせそうやけど。
 △メイショウドンタク:アンライバルドとの0秒6差をどうやって埋めよう? 柴山J頼み? はは。
 △サンカルロ:坂路時計が凄い。一発突っ込んでくるか。
 
 トップクリフォード:アンライバルドに完璧に負かされてるし。
 リスペクトキャット:ダート馬でしょ?
 イグゼキュティブ:+20kg、今日の最下位。なめとんか!
 レッドスパーダ:北村。悔いはない。
 セイククリムゾン:何で1800mの芝なんだぁ?
 ツクバホクトオー:調子上がってきませんな。
 メイショウダグザ:初芝でここ使っちゃうのか。
 サイオン:ダート色が強すぎる。ホンマにフサイチリシャールの全弟?
 セイクリッドバレー:中山巧者、怖いけど大外枠では。

 馬券はアンライバルド鉄板。

 ゲート出遅れて終了がキタサンガイセン、おい! アンライバルドは好スタートって程ではなかったが押して好位置取りに行った岩田Jは流石。しかしこれが掛かった原因だったらしい。リスペクトキャットが逃げてレッドスパーダ2番手追走、内にマイネルエルフ、リクエストソング。メイショウドンタクが中団、外追走するアンライバルドも向こう正面でまだ折り合えてない。サンカルロが後ろに付けてフィフスペトルは距離考えてかゆったり追走。3角で進出するアンライバルド、一気に切れ込んだその一瞬の脚は速かったなぁ。しかしここで驚いたのがレッドスパーダの二枚腰、しぶとく食い下がる。余計なことすんなよ。着差は半馬身ながらアンライバルドは余裕の勝利でした。本番の中山で試運転できたのは良かったが、2000mになって更に折り合いが問題か。だけどキレすぎるこの馬はロジユニの天敵みたいな馬ですね。岩田Jの兼ね合いからセイウンワンダーはやっぱマイル路線に行くのかな。3着のフィフスペトルも34秒5とアンライバルドと同じ脚で来たけど、キレたって感じじゃなかったし、やっぱマイルカップ向きですね。4着に馬群を割ってサンカルロ、スムーズやったら3着はあったか。5着に最速の34秒4でセイクリッドバレーでした。リクエストソングは原因不明の7着敗退、メイショウドンタクは直線手前で不利があったか。
 とにかく西の大将格が打倒ロジユニに名乗りを上げた訳だ。
 皐月賞が楽しみになってきたぞ。
 ちなみに岩田Jのコメントは「今の中山では行かないと話にならないから行こうとしたら引っかかった。4角からの脚は素晴らしかった、これからが楽しみな馬です」でした。
 

 本日:0勝10敗▲20500円   うーむ、どっちも本命は来たんだけどヒモが…。
 
 今日の嘆きの馬券:阪神9R須磨特別。当初タマモナイスプレイ本命も、ころっとユーイチJのメイショウゲンジに替えたらタマモナイスプレイあっさり逃げ切り。あちょー。
 10Rの但馬Sもイケトップガンは注目馬と中日新聞杯3着の時に言ったが、今の阪神で最後方一気なんて決まるなんて思わんやん。何で中団から行けるんだよー。これまたタテ目、とことんピントがずれてる。
 最終Rはメガリスの-12kgで軽視したら怒濤の追い込み決めるし、ってインプレッションなんて買えないけどね。

 
 しかし荒れてる! そんな馬券も買ってるけど、不確定予想が多すぎて訳分からん。
 週末くらいはキッチリ晴れてくれ(ってキッチリ晴れた昨日もさんざんやったけど)。
 こんな状態で来週G1迎えちゃって良いのか? いや良くない!
 名古屋大賞典で当たり癖付けて向かいたいと思います。

 実質東上最終便の毎日杯にワイドサファイアが登録されてるのには泣ける。アイアンルックが大先生やったらホンマに出るならダブルウェッジで対抗しよう。
 日経賞はホクトスルタンのデキ次第か。アーネストリーの56kgは魅力。アルナスラインは誰が乗るの? モンテクリスエスも。ここは騎手次第ですね。
 マーチSは前のエスポワールシチーと中山ではどうかと思うが、早めに動けるならもう一発後ろからのエスケーカントリーを狙いたい。
 高松宮記念? 分かりまへん。スリープレスナイトの状態どうなのよ? 思ったほどのメンツじゃないからアーバンストリートとアーバニティの切れ味に賭けてみたい。

 さー、とっとと買うもんは買っておこうっと、いひ。

|

« フラワーC&ファルコンSハズレ馬券解説 | トップページ | 名古屋大賞典当たり(ということにしておいてくれ)馬券解説 »

コメント

 日月さんこんばんは。ここまで荒れると本当に手も足も出ない・・・・ですね。私の方も10レース以上勝負して唯一の当たりが阪神9レースの馬連1010円のみ。そのせいで大幅マイナスでした。不幸中の幸いと言えば土曜日が仕事だったために競馬をしなかった事くらい・・・・。土曜もやっていれば「超大幅マイナス」状態でした。
 阪神大賞典はオウケンブルースリから勝負してハズレ。スプリングSは日月さんと同じくアンライバルドから勝負するも2着のレッドスパーダを持っておらずハズレ。
フィフスペトル、サンカルロは持っていたのですが・・・・。最終は3場ともカスリもせず。
 ここ最近本当に午後のレースが荒れていますね。単勝1倍台の馬が平気で飛んだかと思えば100倍台の馬が馬券に絡んだり・・・・。100万を超える払い戻しが毎週出ていますが、奇跡でも起きない限り獲るのは無理です・・・・。
 こんな状態が続けばファンも「付き合いきれない」と逃げてしまいそうな気がします。個人的には馬連・馬単で20-50倍位の払い戻しがちょうどいいような感じがします。
 来週の高松宮記念、メンバーを見るだけで混戦の予感がしますね。何とか的中させたい!ですね。

投稿: hirotti | 2009年3月22日 (日) 19時54分

hirottiさん、どもー。
ここんとこ相当荒れてますよねぇ、だからって当たらん言い訳にはしたくないのですけども。
オウケンは最後全く伸びなかったのはやっぱへなちょこ4歳馬なんでしょうか。
いや、ナムラが来てるから馬場が合わなかったんでしょうね。
でも本番で一変って難しいような。
しかしこんな状態で高松宮記念に行っていいのかしらん???

投稿: 日月 | 2009年3月23日 (月) 08時59分

日月さん、どうもおはようございます^^

ヒモ荒れは厳しいですね~。共に1-3着では、歯軋りもしようものです。
それにしても、レッドスパーダはホントに余計なことをしてくれちゃいました。(苦笑)

フィフスペトル…ホント、この乗り替りは訳がわかりませんね。
法人馬主のキャロットですから、なにかしらの圧力があったのかもしれませんねぇ。

高松宮記念、迷走気味の私にはわかりませんね。(爆)どうしたものか…

投稿: いちご一恵 | 2009年3月24日 (火) 08時20分

いちご一恵さん、年末進行で遅くなって申し訳ありません。
あ、いちご一恵さんもK騎手嫌いになりました(爆)?
フィフスペトル、陣営皐月賞狙ってるようですね。
まさか今更三浦J乗せるんですかね!?
何で敵に手の内見せるのか、関東の調教師さんは優しい方ばかりです。
ロジユニへの援護射撃しないようですね。

高松宮記念ですか?
明日の名古屋大賞典から始めます!
ほんっとどうしたもんでしょうかねー、とほほ。

投稿: 日月 | 2009年3月24日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/44431976

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大賞典&スプリングSハズレ馬券解説:

« フラワーC&ファルコンSハズレ馬券解説 | トップページ | 名古屋大賞典当たり(ということにしておいてくれ)馬券解説 »