« 「新在家ラーメン もんど」さん | トップページ | 弥生賞ハズレ馬券解説 »

2009年3月 7日 (土)

チューリップ賞&オーシャンSハズレ馬券解説

529 507  やー、天気は良いですけど寒い。先週の日曜の暖かさとは全然違うねー。
 スタンドは北風吹いて寒い寒い。
 相変わらず飛び交う花粉に眼の奥が痛くて頭痛もします、まだ開催始まったばっかでこれやからなぁ、先が思いやられる。

 
528 37jpn3 Jpn3 Jpn3_2  ではクラシックを占う? 必要があるのかチューリップ賞です。
 9Rがずばっと差し馬で決まったのでそろそろ外差しかと思ったが、10Rでは前に行ったヒカルオオゾラが勝ち、後方に控えたアンカツJのスピリタスは最速の34秒3で追い込むも5着が精一杯。ワタシはここアンカツJの馬券買ってたので悶絶、理由はブエナビスタのために脚計られた!

 ◎ジェルミナル:ここに出てきたって事はブエナビスタとの差を見るためでしょ。パドック気配も良かったし先行できればおもしろい。
 ○ブエナビスタ:万一後ろから行ってスピリタスのように差し届かずがあればなぁ。
 ▲ブロードストリート:無敗の連勝場って触れ込みやったけど、パドック入れ込んでるし、2強の相手じゃないよ。
 ×フェイズシフト:バンガロールの3着は値打ちあるんじゃない? スムーズに運べれば。
 ×ルージュバンブー:よう分からんが穴開けるのっていつもこんな馬。

 イナズマアマリリス:-8kgと減り続ける馬体。
 バージンサファイヤ:キムタケがんばれー。
 サクラミモザ:ダートの無敗馬、ティンバーカントリーやもんな。
 ミキノクレシェンド:今日の最下位。
 カウアイレーン:-16kgで分かるように細すぎる。
 メイクデュース:負けて負けて負け続けてここで勝つの?
 マイティースルー:-14kgとこれも見て細い。
 ハッピーシャトル:参加することに意義がある。

 馬券はジェルミナルがブエナビスタにどこまで戦えるか。ブエナが出遅れたらブロードストリートとの1-2あわよくば。3連単は2頭で1-2着固定でどーよ!

 ハナ切ったのはサクラミモザ、カウアイレーンが続く。ジェルミナルはもっさり出た感じ、ブエナももっさり出たがわざと下げて最下位追走。ここでアンカツJの思ってたことはこうだと思う。馬群に入れたりして万一詰まって抜けられなかったらどんならんので(ユーイチJ&ジェルミナルが結果的にそうなっちゃった)、他馬とは関係なく前だけ見て競馬しよう、と。事実、3角から作戦もへったくれもなく外回してそりゃ3角4角と最外回るから逃げたサクラミモザとは離れるけど、意識の内には入れてるから、ラスト追い出したら一気に捕らえて終わってみれば1馬身半差だけど着差以上の圧勝。2着に去年のエアパスカルと同じく生涯最高のパフォーマンスしちゃったサクラミモザ、3着に後方から最内突いて小牧J&ルージュバンブー桜花賞の権利獲得。しかしゴール前でぴょんと横に跳んだのはなんだったんだ? 4着ブロードストリートは勝負所でエンジン掛からず、終わってから突っ込んできた感じ。5着ジェルミナルは本当は大先生のカウアイレーンのポジションで競馬して欲しかったんやけど、どういう作戦を持ってレースに臨んだか。結局内に突っ込んで挟まれて追えずの敗退。確かに実力出し切ったとは言い難いが、このまま本番に向かうってのも不安じゃ。
 ちゅう訳で現時点でブエナビスタに対抗できるのはエルフィンS勝ったレッドディザイアだけ。しかし今日も笑っちゃうくらいに強かったブエナビスタでした。参った。

 
526  続いてチューリップ賞と弥生賞のことしか考えてなかったんで、こんなレースあったなんて知らなかったよ、なオーシャンS。
 相変わらずの中山の馬場で良いんじゃないでしょうか。紅梅賞では気合い付けて行った蛯名Jのサトノロマネが行き切っちゃったくらいやから。

 ◎サープラスシンガー:一番速いのはこの馬でしょう。深く考えてないよ、それだけで買いました。
 ○キンシャサノキセキ:まだ8分くらいで自力に期待とのこと、でもこんなメンバーやから何とかなるでしょ。
 ▲コスモベル:サープラスシンガーが行くなら淀短2着のこの馬も行けるでしょ。
 △アーバニティ:連投は気に要らんが、ノリJが短距離使うことを進言したんでしょ? ブラックホークを彷彿させるので押さえる(まさか勝つとは、しかもあんな位置取りから)。
 △モルトグランデ:さぁ、得意の中山でどんだけ差してこれるか。
 ×ソルジャーズソング:モルトが来るならこれも来るじゃろ。

 ヘッドライナー:冴えてない三浦くんか…。
 コレデイイノダ:何回も何回もイイ訳ねぇってーの。
 サンダルフォン:展開向かんだろ。
 タマモホットプレイ:何で使うのか意味が分からん。
 アイルラヴァゲイン:こんなの走るの待ってたらいつなるか分からんよ。
 マチカネハヤテ:54kgでもコスモベルの方が強くて速い。
 アポロフェニックス:ヨシトミ。
 プレミアムボックス:今日の最下位。
 アポロドルチェ:スプリンターズ5着やから、成長あれば来てもおかしくないが掲示板まで。
 コパノフウジン:10着くらい?

 サープラスシンガーから流して3連単は2頭軸、自信? ある訳ナイナイ。

 サープラスシンガーがハナ切ったが単騎でゆるりと行った訳じゃない、急かされるように行った。こりゃ最後まで持たんな。キンシャサは2番手、一応は得意パターン。コスモベルも先行してアーバニティはその集団の後ろ。直線に入って粘るサープラスシンガーにキンシャサが襲いかかるが伸びず、内からコスモベルがサープラスシンガーを競り落としたと思った所、アーバニティが急襲。これがまたノリJの好騎乗で、最内で距離ロスを克服して下がったキンシャサを交わして抜けたコスモベルトの間を割って更にサープラスシンガーの外に出て一気に突き抜けた。2着にコスモベルが粘って仕事人哲Jの本領発揮。3着から外から一気にアポロドルチェ、4着にソルジャーズソング、何とか残して5着にサープラスシンガーでも脚色は6着のモルトグランデでした。キンシャサは最後何の抵抗もできずに中山の短い直線でずるずる下がって10着激敗。高松宮記念で巻き返しはあるのか?
 それにしてもこないだのシルクロードSのアーバンストリートとか、先週の阪急杯のビービーガルダンとか、今日のアーバニティとか、ちょっとは勢力分布図変わってきたんじゃない?
 状態次第ではスリープレスナイトもうかうかしてられんな。

 
 本日:2勝8敗▲11020円/17000円   あたた。

 今日の当たり馬券:阪神6R、スペシャルクインの馬単。
 阪神最終のダイシンオレンジの馬単。いきなりユーイチJの落馬で激しいレースになったが、川田Jの好騎乗で結果オーライです。ま、焼け石に水やけど、とほほ。

 
 なんかいろいろ取り消しのあった弥生賞、でもワタシにとってはアントニオバローズだけが惜しかったくらいで、ナカヤマフェスタは本調子じゃないって話やったし、フィフスペトルは2000mでは論外やし、要はロジユニとセイウンワンダーとアーリーロブストの激突が見たかっただけ。そこにアントニオバローズが居ればもっとおもろかったけどそれが残念。

 楽しみな楽しみな弥生賞です。

|

« 「新在家ラーメン もんど」さん | トップページ | 弥生賞ハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/44271632

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞&オーシャンSハズレ馬券解説:

« 「新在家ラーメン もんど」さん | トップページ | 弥生賞ハズレ馬券解説 »