« 高松宮記念追い切り「私見」 | トップページ | 高松宮記念&マーチSハズレ馬券解説 »

2009年3月28日 (土)

毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説

 今日は仕事で、つっても土曜日なのお客さんは休んでるから電話がかかってくる訳でもなし、ホント何する訳でもなく、整理整頓に勤しんでました。
 ちなみに去年もこの土曜日が出勤日で、毎日杯が見れず、つまりはディープスカイの快進撃を見損ねてしまった訳です。
 果たして今日の毎日杯からはそんな大物が飛び出してくるでしょうか?

 
Photo  ではその毎日杯、快晴の阪神競馬場ではなかったでしょうか。
 馬場は見てないので全く知りません。もちろん馬券はPATで購入です。
 しかしメインRを10Rに持ってくるのは良いが、全場一緒にやらんと買い間違うやろ!

 ◎アイアンルック:何と言っても新馬戦が圧巻でした。小回りの小倉で出遅れて、なのに終わってみれば1秒1の大差勝ち。前走のアーリントンCでも大先生がスタート決めてたら前残りの馬場でも差してきてたでしょう。そういうことから考えても距離が1800mに伸びるのは良いと思うし外枠も歓迎ではなかろうか。
 ○ダブルウェッジ:この馬って前有利の馬場に助けられてるような印象があるが、実は結構しぶとく長い脚を使うのでは、と見てます。もちろんスタートは決めるでしょうから、馬場が内側荒れてなかったら1800mでもかなり粘れるのでは。
 ▲ミッキーパンプキン:もどいかしい競馬が続いてるが、前走で前に行けず追い込んだのは陣営にとっては嬉しい誤算ではなかったか? 頭はないと思うがかなりの好勝負ができる。
 △ストリングリターン:何と言っても末脚でしょう。戦ってきた相手もサンカルロやレッドスパーダとか結構骨っぽい。展開ハマれば突き抜けてもおかしくないが、不発の可能性も高い。
 △オオトリオウジャ:この馬も東京だからってのもあるが2連勝の無敗馬でいずれも33秒台で上がってる。ただ負かした相手がモンテトウルヌソル(京成杯4着馬)、微妙~~~。
 △アプレザンレーヴ:この馬も負かした相手がたいしたことない。前走負かしたピサノカルティエが次走で京成杯3着のモエレビクトリーを負かすという、これまた微妙な力関係。
 △ワイドサファイア:もう桜花賞の為にここ使ってくる訳ですよ、21世紀枠で桜花賞出走させてあげましょうよ! 泣けるので買う。
 ×チュウワプリンス:重馬場で35秒3の上がり、しかも0秒4差の完勝、ひょっとして大物? 先物買いしてみる、って3着やけど。

 アイアムピカイチ:アイアムイマイチちゃうの?
 シルクダンディー:芝でアプレザンレーヴにちぎられてるし。
 キングバンブー:頑張れキングへイロー。
 スリーロールス:よう知らん。
 ゴールデンチケット:船橋勝ち上がり、流石に苦しいやろ。
 トップゾーン:今日の最下位。

 馬券はアイアンルック鉄板(鉄板って言うとろくなことがないんだが…)。

 今回は逃げたミッキーパンプキン、何故かストロングリターンが続き、ゴールデンチケットも前で競馬。なんでこの馬が残るんじゃ!? アイアンルックは中団馬群の後方でアプレザンレーヴはその後ろ。軽快に飛ばすミッキーパンプキン、このまま粘りきるかと思った人多かったんじゃない? アイアンルックのエンジンの掛かりが遅かったから。しかし小牧Jの計ったような差し切り勝ちの上がりタイムは33秒6! ちょっと凄いんじゃない!? 皐月賞戦線へ割って入れそうな切れ味を持った馬ですよ! いやー驚いた。しかしもっと驚いたのがゴールデンチケットの粘り込み、12番人気ってそりゃないだろー。キムタケJやるなー、とほほ。以下、3着から7着まで全部買ってたのになぁ。3着は上がり最速の33秒5で追い込んだが、ゴールデンチケットくらい交わせよ! とウチパクJを罵りたくなるアプレザンレーヴ、4着に逃げたミッキーパンプキン、5着にオオトリオウジャでした。紅一点ワイドサファイアは7着、残念桜花賞に回ってもらいましょう。
 しかしこの馬券は買えないわ、あひょー。

 
Photo_2  続いては日経賞、マツリダゴッホ出ないのね。
 春の天皇賞に繋がるレースになるか、新星現るか!?

 ◎アーネストリー:新星現れろ。前走ナムラクレセントをぶっちぎった訳やからここで通用しても何らおかしくない。陣営も強気やったしね。先行して長く良い脚を使う、中山向いてると思うけどなー。
 ○ネヴァブション:この馬の中山適性は非常に高い。しかし2.1倍ほど堅くはないと思うが…。乗れてるノリJなのが人気の原因か。
 ▲モンテクリスエス:とにかく近走堅実、崩れんよなー。問題はヨシトミやが、前走よりは鞍上大幅強化やな。
 △アルナスライン:追い切り見たら狙いは次走のような気がするんだが…。とにかく原因不明ですわ、このスランプ。
 ×マンハッタンスカイ:穴空けるならこの辺の馬か。

 コスモバルク:ホンマにヨーロッパ参戦するつもり???
 シャローム:小倉の1000万勝ちで通用するほど甘くないでしょ。
 キングストレイル:北村。
 マキハタサイボーグ:終わってる。
 ダイワワイルドボア:弱い方の4歳。
 マイネルキッツ:相変わらずの善戦マン、馬券の対象にはならんだろ(またやってもた)。
 レッドドラゴン:すいません、今日の最下位。
 ホクトスルタン:これは動きが重いですね。
 シルクフェイマス:何でいつまでも走るんだぁ?
 
 馬券はアーネストリーから絞って買って、ネヴァブションを馬連で押さえて、3連単は2頭軸。

 ハナ切ったのはホクトスルタン、そりゃこの距離でキングストレイルが行く訳にはいかんわな。アーネストリーが続いてアルナスラインは好位置確保。ネヴァブションは先行集団見る形、マイネルキッツは後方集団、モンテクリスエスはそこからまだ後ろ。最後の4角を回ってホクトスルタンの藤田Jは一杯、馬ナリで哲Jが並びかけたのでこのまま後続を完封かと思いきや、外に出され必殺蛯名追いで勢いが付いたアルナスラインがぐいぐい伸びて快勝。これがあのもどかしいアルナスラインか??? 見た感じ、距離はまだ伸びても良さそうな手応えやったので、春天は非常に楽しみになったんではないでしょうか。2着に馬群を割ってマイネルキッツ、3/4馬身差まで持ってきた。3着に外から最速の34秒6で上がったが、道中ポジション悪すぎやろ。4着にここから5馬身離されたアーネストリー、5着に見せ場があったようには見えなかったダイワワイルドボアでした。ネヴァブションも良い所なく7着敗退でした。ホクトスルタンは10着に沈みました、このままでは天皇賞には向かえないよ、ううむ。
 しかしアルナスライン強かったなー、あれってチークピーシーズ効果? こうなったら今後も蛯名Jでしょ、アサクサキングスへのリベンジなるか、って感じでしょうか。
 こちらも驚かされた重賞でした。

 結果:0勝3敗▲11000円   キムタケ許すまじ。

 
 ま、LIVEで観て2万負けること考えたら今日は9000円浮いたと考えられる(ネガなんかポジなんか分からん発言や)。
 そう考えたら明日はワタシの勝ちじゃ、戦う前は誰もが勝者なんやから、うひひ。
 今の所はスリープレスナイトから買うつもりですが、さてはて…。

|

« 高松宮記念追い切り「私見」 | トップページ | 高松宮記念&マーチSハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/44491379

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説:

« 高松宮記念追い切り「私見」 | トップページ | 高松宮記念&マーチSハズレ馬券解説 »