« 2009年讃岐うどん巡りその3 | トップページ | フラワーC&ファルコンSハズレ馬券解説 »

2009年3月20日 (金)

黒船賞ハズレ馬券解説

 午前中は重い雲がたれ込めてたが、今この時間となっては青空100%、すかっと爽やかである。
 WBCはマー君が一発を浴びた時点で冷や冷やしたが、終わってみれば快勝。
 これで復活黒船賞を快勝すれば明日からの4重賞に自信を持って臨めるんだが…。

 
Photo  では黒船賞。やっぱ高知でも統一重賞やらないと高知競馬が盛り上がらないよ。
 馬場は不良で行われたみたいです。

 ◎フェラーリピサ:問題はフェブラリーSで激走しすぎたことか。反動は私も十分考えましたが、8分でもこの相手なら勝っちゃうでしょう。時計勝負もお任せやしね。
 ○ヴァンクルタテヤマ:ブランクと小柄な馬体からの-8kgは気になるが行ってしまったらそのままもありかと。
 ▲アルドラゴン:地方最先着はこの馬だろ。8歳でもますます盛ん。
 △リミットレスビッド:10歳馬だけどまだ衰えてないと思う。走れる条件が揃えば好走は可能、ただそれが今日かどうかは分からん。
 ×トーセンブライト:近走負けすぎやし逆転はないよな(まさかのぶっち切り!)。

 ポートジェネラル:この馬が内枠やし赤岡Jだし意地でも行くのでしょう。
 マリスブラッシュ:買うか買わないかと言われたら買わないとしか言いようがない。
 ジューシー:黒船賞トライアルを圧勝して福山から参戦のキングヘイロー産駒もごめんなさい。
 フサイチバルドル:高知に来てたとは。常識的に買えないよな。
 メイショウバトラー:-12kgの馬体重、これはそろそろ終わりが近づいてますね。
 マルヨスポット:今日の最下位。
 キングスゾーン:もうこんな根性なしの馬は要らん。

 馬券はフェラーリピサ鉄板で。

 高知競馬場のTVカメラの解像度が低いのか画像が酷く荒いので何となく進める。逃げたのはポートジェネラルでヴァンクルタテヤマは行けなかったのか行かなかったのか。フェラーリピサはそんなにスタートが良かった訳ではなかったみたいだけど好位に取り付く。トーセンブライトはその後ろ? メイショウバトラーは内に入ってリミットレスビッドは後ろから。3角から4角で馬群が縮んで、フェラーリピサが抜け出そうかという所を外から一気にトーセンブライトが弾けて5馬身差の圧勝、これがアンカツマジックか!? 2着にやはりフェブラリーの反動か、フェラーリピサ。3着に更に2馬身離れて何とフサイチバルドル! こうじゃないとおもしろくないよなー。4着にアタマ差アルドラゴンで5着にメイショウバトラー、逃げたポートジェネラルが6着に粘ってリミットレスビッドが7着でした。流石にもう終わっちゃったか。アサカデフィートも引退しちゃったしね。

 
 本日:0勝1敗▲3500円   しゃーねーか。

 
 うーむ、なかなか勢いが付かないけど明日からの「得意の阪神」で巻き返したいと思います。
 ふぁいとー。

 

|

« 2009年讃岐うどん巡りその3 | トップページ | フラワーC&ファルコンSハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/44408564

この記事へのトラックバック一覧です: 黒船賞ハズレ馬券解説:

« 2009年讃岐うどん巡りその3 | トップページ | フラワーC&ファルコンSハズレ馬券解説 »