« フェブラリーS追い切り「私見」 | トップページ | フェブラリーSハズレ馬券解説 »

2009年2月21日 (土)

京都記念ハズレ&クイーンC当たり馬券解説

 寒いわ、花粉は飛んでるわ、一昨日食った昼飯に出てたツナが妙に酸っぱいなと思って食べたら下痢なって微熱まで出るわと散々だったが、不幸がワタシを強くする訳だ。
 今朝になってまだ腸は腐りかけてるが、だいぶ張りは納まったが、食べたのはうどんのみ。
 今夜は鴨鍋で肉と野菜で栄養を摂ろうと思う。

 
090221_154501   では京都記念。
 外差しで良いのかな、と思うが前の馬も注意したい。

 ◎サクラメガワンダー:鳴尾記念の走りを見たら確勝で間違いないでしょう。追い切りの具合も文句なし、外枠引いたしさぁ。
 ○カワカミプリンセス:調教も余裕の走り、実績なら一番。ここで走らなかったらもうかつての強さは望めないってことでしょう。
 ▲チョウサンデイ:相手が強いような気がせんでもないが追っかけてるんでここでも買う。
 △アドマイヤオーラ:まさか取り消しとは…。
 ×マンハッタンスカイ:上述の前の馬を注意するとはこの馬、見誤った。

 メイショウクオリア:何度も言うがこの馬は強烈に弱い、この先馬券の対象になることはあり得ない。
 ダンスアジョイ:当初3着で買うつもりで居たが、+14kgで消し。
 シルクフェイマス:何で現役続行してるのか意味が分からん。
 タスカータソルテ:札幌記念の走りは何やったんやろうね。
 アサクサキングス:ワタシには追い切りは良く見えたが、10kg増に有馬記念最下位からの巻き返しが考えにくかったから消した。3番人気やったとは!? 皆さん馬券が上手い。
 カネトシツヨシオー:小倉行ったら良かったのに。
 ヴィクトリー:中途半端な競馬してどこにも居ない(しまった!)。
 トウカイルナ:今日の最下位。

 馬券はサクラメガワンダー確勝。

 マンハッタンスカイが行くかと思ったが、外から勢い付けて川田Jのヴィクトリーが行った。ワタシはこの段階であちゃー、残られた! と思いました。ようやくこの馬本来の競馬をすることになったから。マンハッタンスカイとカワカミが続いてアサクサにサクラ、この前での決着は間違いない。坂上で進出しだした四位J、連れてユーイチJも進出。なのに何故かノリJが流れに乗ってなかったのはどうしたことか。直線に入ってアサクサとサクラの叩き合いになるかと思いきや、意外としぶとく粘るヴィクトリー。しかし馬場の良い所通って叩き合った2頭の方が先着、粘り通して首差で復活勝アサクサキングス。2着にここらがG1馬との差か、サクラメガワンダー。3着にようやっと走ったヴィクトリー、4着に遅れて追い込んだがヴィクトリーに半馬身及ばずのカワカミプリンセス、5着に掲示板に載っただけのタスカータソルテでした。
 しかしアサクサがこうも見事に巻き返すとは、天皇賞では楽しみな一頭になったな。それにしてもこの馬は真っ直ぐ走りませんねー。
 サクラは次走香港とか、勝ってこい。
 ヴィクトリーは次、大阪杯使ったらおもしろいかもね。
 カワカミは…微妙。ってか3歳時の力はもうないわな、ベッラレイアと同じく、悔しいな。
 アドマイヤオーラが出てたらどんな結果になってたのかは神の味噌汁である。

 
507  続いてクイーンC。
 だんだん外差しが効かなくなってきてるような気がするのは気のせいか?
 
 ◎ディアジーナ:当初メイショウボナールを本命に据えたが-8kgとデビューから16kgも減ってきた、流石に買えないので繰り上げ。中山の弾け方はハンパじゃなかった。今の東京なら粘れるかも、ただし大先生の乗りへぐりがあってこそやけど。
 ○ミクロコスモス:誰が見ても勝つのはこの馬でしょ。強烈な末脚は問答無用でここでも炸裂するはず。何度も言うが勝てば馬の力、負ければ大先生のミス、当たり前やね。
 ▲ダノンベルベール:この馬は競馬は上手いけど決定力がない。これは致命的ですよ。
 △パールシャドウ:府中2連勝に内枠に前で競馬できるし。
 ×アイアムマリリン:穴でどうかと思ったがお腹周り寂しい馬やったなー。

 フレンドリードレス:更なる馬体減。
 アラマサローズ:この辺の馬では来れない。
 カツヨトワイニング:穴っぽいけど買わない。
 メジャーサイレンス:ダート馬、今日の最下位。
 カイテキプリン:こっちが最下位か?
 アンジュアイル:バクシンオーですから。
 ドゥミポワント:短距離だよな、やっぱ。
 エイブルインレース:京王杯6着では買えない。
 グローリールピナス:展開利以外にない。
 パドブレ:近走負けすぎ。

 ディアジーナから買ったが、普通に乗ったらミクロコスモスが勝つでしょう、なのでショボく。3連単も2頭軸。

 岩田Jが逃げてウチパクJが続いて後藤Jも行った、大先生は鮫島Jと同じ乗り方するのを嫌がったか、それとも馬場を見越して先に行ったか、先行。で、直線を迎えて満を持してウチパクJが追い出す。大先生は当初、ウチパクJの外に出そうとしてたみたいやけど、ディアジーナが少し振られたんで内に行ったがそこには後藤Jのダノンベルベールが居て、馬体ぶつけられてしまった。結局後続を封じたディアジーナが残り少ないマックイーン産駒として重賞制覇、2着にクビ差ダノンベルベール、3着に何と外から追い込んだエイブルインレースでした。8番人気でのこの激走! 戸崎Jやるねー。で、今回は運も悪かったが、鮫島Jに乗り替わり希望の大先生のミクロコスモスが4着でした。5着に2~4着馬の34秒6の上がりを軽く凌ぐ33秒7でアンジュアイルが入った。ま、気にすることでもないか。
 この組ではハッキリ言って打倒ブエナビスタとまでは行かなかった様な感じです。
 でもディアジーナの今後の成長力には期待。

 結果:馬単4710円×400円=18840円

 
 本日:3勝4敗△16670円/11000円   うほほい、うほほい。

 今日の当たり馬券:京都1R、タガノバッチグーの押さえの馬連。
 京都最終、これまたユーイチJのマルヨカレッジの馬単と押さえの馬連。叩き合いを制して今度はスッキリした。

 
 さー、この勢いでフェブラリーSに向かいたいと思います。
 明日の馬券コンセプトはスピード! カネヒキリやヴァーミリアンでは付いて来れないスピード。なので前で競馬するエスポワールシチーとレコード連発のフェラーリピサから買う。あと、後ろからのメチャクチャな上がりのスピードでビクトリーテツニーも買ってみる。
 
 明日はどっちだ!?

|

« フェブラリーS追い切り「私見」 | トップページ | フェブラリーSハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/44131811

この記事へのトラックバック一覧です: 京都記念ハズレ&クイーンC当たり馬券解説:

« フェブラリーS追い切り「私見」 | トップページ | フェブラリーSハズレ馬券解説 »