« うどん発祥 実は日本 | トップページ | 柳田国男ともちむぎうどん »

2009年1月28日 (水)

川崎記念ハズレ馬券解説

 しかし何なんでしょ、カネヒキリの化け物っぷりは。
 砂上のディープインパクトどころじゃない、砂上のハーツクライですよ(文句あっか!?)。
 あくまで逆転を狙って買ったが一蹴されてしまいました。

 
Photo  では調子こきすぎた川崎記念、今年初のG1です。
 
 ◎サクセスブロッケン:なんぼなんでもワタシがカネヒキリから買う訳にはいかんでしょ。「GIANT KILLNG」を狙ってる訳ですから。今回はウチパクJ2度目の騎乗で大逃げするかと踏んで買ったがまさかスタートしくじるとは…。
 ○カネヒキリ:先行してキッチリ捕まえるんやからどないしようもない。唯一大逃げされた時に届かん2着があるかと。
 ×ブルーコンコルド:まだ終わってませんよ。
 ×フリオーソ:近走不振も地力はあるんだよなー。
 ×ボランタス:どこまでやれるか。
 
 ジルハー:後方待機したままで終わるでしょう、今日の最下位。
 トミノダンディ:上に同じ。
 クラシックムード:だからこの辺とはレベルが違うんだって。
 ショーターザトッシ:こりゃ確かにJRA枠増やした方がええわな。
 ボンネビルレコード:最近大物食いもなくなったなぁ、これこそ。
 イシノファイター:高知でも勝ててないし。
 ケイエスゴーウェイ:だから無理だってば。
 コンバットキック:無理無理無理無理無理無理。

 馬券はサクセスブロッケンの万に一つ逆転を狙って、馬連で押さえても仕方ないオッズなので押さえず。3連単は2頭軸で。

 ゲート出た瞬間負けたと思った、内田ぁ、ごるぁ! もっさり出てフリオーソに先制攻撃かまされて、カネヒキリにも先に行かれた。どうやって逆転すんねん、ったく。ブルコンまでが先行集団に居る形。これでなだれ込み決定。他馬は逃げさせてももらえずハッキリと前と後ろに別れて別のレースが展開された訳。カネヒキリがいつでもフリオーソを交わす手応えで3角から4角を回る。サクセスブロッケンは折り合いが付いてるようにはとても見えず、ブルコンは幸J押せ押せ。直線に入って戸崎Jもフリオーソを必死に追うが、ルメールJ&カネヒキリ慌てた様子もなく着差は半馬身やけど余裕の勝利。サクセスブロッケンは直線に入って追い出したがそこから伸びる馬ではない、2着のフリオーソから3馬身離された3着。だから一回休んで充電した方が良いって。4着はそんなサクセスブロッケンを交わせずブルコン。お世辞にも見せ場があったとは言えないボランタスとボンネビルレコードが5・6着でした。
 カネヒキリG1これで7勝目か、一体どの馬が止めるんでしょうか。
 今年一年走り続けたらG1勝利が10超えちゃうよ。 
 ホンマにカネヒキリ強すぎ、ルメールJも隙のない騎乗。このコンビにどうやって勝つんだアンカツJ&ダイワスカーレット!
 風雲急を告げてきたフェブラリーSです。

 
 本日:0勝1敗▲5000円   調子乗りすぎました、はい。

 
 次回は佐賀記念でリベンジします、あい。
 しかしマツリダゴッホが大先生って、またズレたことやってんなー。
 競馬界大丈夫か?

 

|

« うどん発祥 実は日本 | トップページ | 柳田国男ともちむぎうどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/43883427

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎記念ハズレ馬券解説:

« うどん発祥 実は日本 | トップページ | 柳田国男ともちむぎうどん »