« 有馬記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 晦日讃岐うどん巡り »

2008年12月29日 (月)

東京大賞典当たり? 馬券解説

 あちゃー、今年最後のレースがこんなショボ馬券で終わっちゃって良いのか!?
 今年を象徴してるようなワタシの馬券作戦です。

Photo_2  競馬映像プレーヤーで見る限りはかなりの客が入っていたと思われる大井競馬場の東京大賞典。
 JCDの再戦ムード、リベンジなるか、サクセスブロッケン。あ、言っちゃった。

 ◎サクセスブロッケン:前走は消化不良の一戦、今回はウチパクJ、どこまで粘らせるか。つまりは行くことを想定して馬券買ったんだけどね。
 ○ヴァーミリアン:今回は最内枠、スムーズに先行できるでしょう。
 ▲カネヒキリ:これはもう枠順のみ。こっちが内引いたらこっちを対抗にしてた。
 △ブルーコンコルド:好きなんだよ、ブルコン。
 △フリオーソ:この馬ってひょっとして弱くなった?
 △ブルーホーク:破竹の6連勝、しかも全部が圧勝。その実力は如何に。
 
 ボンネビルレコード:やっぱ信用できんな。
 コンテ:今日の最下位。
 コンバットキック:岩手から参戦も1000万下で負けてる馬やのに。
 クレイアートビュン:浦和記念3着もスマートファルコンにぶっちぎられてるもんな。
 
 サクセスブロッケンから馬単流しと馬連でBOX、3連単は2頭軸。

 行くかと思ったがブルーホークを行かせたウチパクJ、これって指示? じゃダメじゃろ。思い切って行かないと追って味のある馬じゃないから呑み込まれちゃうよ。即、サクセスブロッケンの後ろを取りに来たルメールJの判断は素晴らしい。大先生が続いてボンネビルレコードが続きブルコンは後方、フリオーソはその後ろ、出し抜けがこの馬の持ち味やのにあかんやん。3角から4角でペースアップした時に付いていけなかったのがブルコン、ブルーホークを交わして先頭に立ったサクセスブロッケンだったが残り100mで脚が上がった。カネヒキリとヴァーミリアンが抜け、馬体を併せて叩き合う。これって生で見てたらかなり興奮する勝負やったんじゃない? クビ差抑えてカネヒキリがG1連勝、強よ~~~。これが自力の違い、2着ヴァーミリアン。2馬身半差で3着にサクセスブロッケン、一旦休ませて来年、更なるパワーアップに期待。ってかこの馬の怪物性もなくなってきたな。4着に伸びてるけどやっぱギアが重いブルコン、5着にフリオーソでした。

 
 結果:馬連200×500円=1000円   なんつー馬券や。

 本日:1勝0敗▲5500円/6500円   勝ったとは言わんやろ。

 いやー、カネヒキリ強いわ。ルメールJも来年また来るって言ってたし、復活したカネヒキリの勢いは止まらなさそう。
 ストップザ6歳馬にはエスポワールシチーと昨日も圧勝しちゃったウォータータクティクスの3歳勢がおもしろいか。あと、スマートファルコン。
 新星現れないとフェブラリーも盛り上がらんよ。

 では競馬はこれにて打ち止めです、今年は10万アクセスに到達し、感謝の気持ちで一杯です。
 今後もだらだらずるずると更新していきますので宜しくお願い致します。
 
 

|

« 有馬記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 晦日讃岐うどん巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/43566192

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大賞典当たり? 馬券解説:

« 有馬記念ハズレ馬券解説 | トップページ | 晦日讃岐うどん巡り »