« エーデルワイス賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 秋華賞&府中牝馬Sハズレ馬券解説 »

2008年10月18日 (土)

デイリー杯2歳&東京オータムジャンプ外れ馬券解説

 今日は全国的に良い天気だったのではないでしょうか。
 馬券が当たってたら酒も美味いのになぁ、でもちょっとずつ近づいてるような気がするので、明日爆発させたいと思います。

 完。

 




291  では不味いので、言いたかないが今日のハズレ馬券、まずはデイリー杯2歳S。
 JRAはまった馬場をいじくりやがって、先週とはうって変わって前残り。ムチャクチャしよるなぁ。

 ◎トップオブピーコイ:カンナS見た? あの一頭だけ次元の違う脚! ホッコータキオンが作る速い流れならこの馬の差し脚が決まっていい、みんな驚け。
 ○ホッコータキオン:前走は甘く見ててやられたが、マークはきつくなる。しかし自分で行って自分でレコード作るんやから、展開的には有利。
 ▲シェーンヴァルト:札幌の勝ち方がかなり良かった、勝ちタイムも優秀。
 △アローベアタキオン:坂路の追い切りぶっちぎり。
 △アラシヲヨブオトコ:上がりは優秀も翌週のホッコータキオンと5秒近く勝ち時計が違う。付いて来れるか。
 △キングスレガリア:キンカメにリキセレナード、一発あるならこれ。

 ピースピース:阪神の勝ち時計は速いがここでの勝ち負けまでは。
 ワンカラット:小倉2歳の5着じゃあ。
 トップカミング:堅実やけど相手が揃った。
 ナムラタイシ:今日の最下位。
 スウッシュ:馬名の由来は?
 キングアレキサンダ:常識的に買えない。

 トップオブピーコイに突き抜けてもらいましょう、しかし逃げ残りは怖いので3連単はホッコータキオンの2頭軸で。

 先手を取ってスピードに物を言わせてふるいに掛けようとする飯田J&ホッコータキオン。内から好スタートを決めてしまった岩田J&トップオブピーコイ。内に張り付いて中団から冷静に北村のユーイチJ&シェーンヴァルト。後ろから3頭目にユーイチJのキングスレガリア。もうかなりの速いペースで行ったから12頭立てなのに縦長も縦長。直線に入っても衰えぬホッコータキオン、追撃するかに見えたトップオブピーコイは早や白旗。変わって内から迎撃、シェーンヴァルトとキングスレガリア。結局最後の最後でシェーンヴァルトがホッコータキオンをクビ差捕らえて何と1分33秒3というとてつもないレコード樹立。ありえねー。ホッコータキオンは前走がフロックじゃないことを2走連続レコードで走ったことで証明。3着に4着のピースピースと同じ最速の34秒2で上がったキングスレガリアでした。
 しかし1分33秒3って、凄っ!
 この組は朝日杯ではかなり楽しませてくれそうです、朝日杯では。
 北村のユーイチJ、重賞初制覇おめでとう!

 
290  これは勝った馬の理由も負けた馬の理由も分からないので流していきます、東京オータムジャンプ。

 ◎バトルブレーヴ:62.5kgも前走62kgでレコードの2着、何ら問題ないでしょう。
 ○テイエムヤマトオー:前走落馬がなければ3着はあった。
 ▲ヴリル:2連勝の勢いを買う。
 △シュフルール:この馬も前走レコード。
 △エイシンペキン:実力馬。
 ×テイエムトッパズレ:その先行力で。
 ×トウカイハッスル:追い込みなら。

 いつもなら終盤で先頭に立ってそのまま突き放すバトルブレーヴにいつもの手応えがない。
 結局、ワタシにとっては全くのノーマークのタイキレーザーに足許すくわれた形。ヴリル2着は分からんでもないが、3着のクルワザードも理解不明。4着にバトルブレーヴもかなりちぎられた、訳分からん。テイエムヤマトオー最下位、ぎゃぼ!

 
 本日:0勝7敗▲15500円   何連敗してたっけ?

 今日の嘆きの馬券:東京8Rのアスクデピュティ。この馬は確勝でしょう、相手はリビアーモとミスティックリバーとプジュリにフランシール、って予想したけど、8Rってんですっかり忘れて阪神競馬場に出勤。着いたらレースが始まって、最後方から33秒6の強烈な末脚で勝っちゃった。そりゃええが、どうせガチガチやろと思ってたら何と馬単5150円も付いてた、あちょ~~~。またやってしまいました。しかしこのレースの勝ちタイム1分33秒6やで。京都が凄いのかホッコータキオンが凄いのか。
 後は阪神最終の小牧JとアンカツJの馬単の裏炸裂、ってあんだけ着差あったら悔しくもないか。

 
 う~~ん、どこでツキを使い果たしたのやら。
 明日は呼びこみたい、いや掴み取りたいです。

 秋華賞ですが、内枠はあんまり良い結果出てないみたいやけど、今日の内差し見たらユーイチJの勝ちが見えた。一気に呑み込んでくれることでしょう。
 レジネッタですけど、枠云々よりもこの馬はセールスポイントに欠ける。キレではマイネレーツェルやムードインディゴに劣るし、トールポピーほどの長い脚も使えまい。だからこそ仕掛け所が難しいのだけど、肝心の小牧Jが乗れてない。それでも堅実なので対抗で買うが、明日は実力伯仲のため、騎手の腕に全てが懸かってると思う。
 つー訳で明日は勝った馬が強いんじゃなくて勝った騎手が凄い、そんな感じ。

 
 今宵の料理は「鶏肉の猟師風」、ローズマリーが利いた一品、ワインがススム君です。

|

« エーデルワイス賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 秋華賞&府中牝馬Sハズレ馬券解説 »

コメント

日月さん、こんばんは。
早くも秋華賞ですか…。
馬券はやっかいそうですね~。
しかしこんな混戦レース、そこは日月さんと同じ見解です。
色々と思案するもよし、思い入れもよし…ってことで、私は後者を選択予定です。
オディールさん、お願いしま~~す!って。
この馬、基本、長いとこよりはマイルあたりまでの短めの方が良かかと思うんですが、オークスでも軸にした馬、あれこれ考えずもー1回だけ、神頼み。
もっと人気無いかと思ったら、けっこう人気だったのね、残念。
アンカツさんはGⅠで今年あまりツイてないのでひっかかりますが、オークスの最後の直線不利は、ここで爆発する序章に過ぎなかった…と信じたいです。
今年、目立つレースで好調のフレンチデピュティ&クロフネ産駒、頼んますっ!!!

投稿: ポンセ | 2008年10月19日 (日) 01時05分

ポンセさんはオディールですか、ごめんなさい(笑)。
大外からどういう競馬するのか、マジックあるのかないのか、もちろん勝たれて納得ですね。
こういうレースは当たればでかいんですけどねぇ、ははは。

投稿: 日月 | 2008年10月19日 (日) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/42828140

この記事へのトラックバック一覧です: デイリー杯2歳&東京オータムジャンプ外れ馬券解説:

« エーデルワイス賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 秋華賞&府中牝馬Sハズレ馬券解説 »