« 明石市市役所食堂(画像設定変えました、どんどんサムネイルをクリックして下さい) | トップページ | 神戸新聞杯ハズレ&オールカマー当たり馬券解説 »

2008年9月27日 (土)

マカオGP博物館

 いきなりマカオネタ、しかも食べ歩る記じゃなくてマカオGP博物館。
 時系列で言うと香港着いて女人街を練り歩き、夕方に香港島に渡りヴィクトリアピークに上ったのが8月27日。次の日がマカオ世界遺産巡り。でその次の29日のこと。ちなみに翌30日の朝マカオ出て香港でお昼食べて13時に空港着いて関空には20時に着きましたとさ。
 そのマカオ世界遺産のラストのギア要塞ってのが山の上にあって、その麓にGP博物館があるの、丁度良かったので併せて行った。でも、これが全部歩きで行ったから実はとんでもない距離やったりなんかする訳。セナド広場から全部歩いて行ったのよ、ようやるよ我ながら。しかもここから道に迷って、挙げ句根性決めて中国との国境まで歩いて行っちゃったんやから呆れる。

089  遠景。「鳥の巣」があるのはご愛敬、この山? 丘? の上がギア要塞、マカオのフェリーターミナルの近所っちゃあ近所。んで麓にマカオGP博物館があるが、ここから一直線に登れる訳じゃなくて、迂回して蛇行して登っていくので、この激烈な暑さの中では失神してしまいそうになった。ペットボトルの水は必携。ま、歩いていくヤツは居らんと思うけどね、一応。
088  ここの景色を逆から見たらこうなる。ここが11年ぶりにマカオに着いた時にフェリーターミナルから見てワタシを驚かせたカジノ、アメリカ資本のサンズ。何でも05年に2.4億ドルもかけて開業し、たった半年でその開業資金を回収しちゃったんだって。そりゃ未だにカジノが乱立する訳だ。
 しかし逆から言うと金持ち多いってことになるよな。レートなんて最低3000円くらいが普通で(たったの1ゲームですよ! ゲーセンで100円使うのと訳が違うんだよ!)、ワタシが触ったこと無いような高価なコインが飛び交うその光景は11年よりそれ以上の開きがあった。
 昔は(昔話か!?)こぢんまりしたカジノがいくつもあり、当時のワタシのようなガキんちょでも結構遊ばせてくれたんやけどねぇ。
094  しかしその金ピカのサンズですらその後に出来たリスボアと比べると見劣りしちゃう、そらそーやな、これやもん、わはは。
 どこの未来都市やねん、全く22世紀してます。
 近くにはマカオタワーが建ち、更なるカジノの建設、そりゃおもしろいけどお金がないと遊べないよ。
 我ら貧乏人が遊ぶ所ではなくなりました、とほほ。 

 
Gp Nsr  では11年ぶりにGP博物館に入ってみましょう。
 ヒストリックなレーシングカーが最初は多くてマカオGPの歴史が窺えます、葉巻型のフォーミュラなんてワタシの時代ではない(当たり前)。
 バイクも展示されてて、シュワンツの乗ったペプシカラーのV-Γなんてとても懐かしい。
 さておき、やはりエポックメイキングなのは83年のF3規格の導入でしょう。これ以降F3世界チャンピオン決定戦になる訳ですね。

081 079 080  その83年の優勝マシン、マルボロカラーというと!? そう音速の貴公子アイルトン・セナです。
 セナというとキャメルとかロスマンズとかたばこスポンサーの車に乗ってますが、やっぱ誰もが落ち着くのはマルボロでしょうねー。
  
082 083  90年にはミハエル・シューマッハーがミカ・ハッキネンとの激闘を制して優勝してます。
 確か最後ハッキネンがシューマッハーに当てちゃったのよね、うろ覚えながら記憶にある。
 しかしF1で91勝って、ジャッキー・スチュワートの27勝は遠い昔なのね。

086 087  続いては翌年91年のチャンピオン、デビッド・クルサード号。地味ながらも勝ってますね。
 ウイリアムズではセナの事故の後から乗ったけど、いつまで経ってもNo.2って印象やったな。
 でもこの人も長くF1乗ってるよなぁ、今年限りで引退か、へぇ~。

084 085  95年にはラルフ・シューマッハーが勝ってるけどマシンはなかった。しかし彼のマシンがありましたよ、佐藤琢磨、01年のウイナーです。
 この時は快挙や! ってな報道の仕方やった。イギリスでF3のチャンピオンになっての参戦、凄い日本人ですね。何としても来年のシートを掴み取って欲しいもんです。

 他には77年・78年とリカルド・パトレーゼ、82年は後にベネトンでピケとの1-2で鈴鹿に感動を巻き起こしたロベルト・モレノが、85年のマウリシウオ・グージェルミン(レイトンハウスだよ、イワン・カペリとのコンビだよ、懐かしいねぇ)なんかが勝ってますけど、これらの人達は地味すぎるのでマシンは当然ありませんでした。

 しかし、日本人初のマカオGP優勝者のマシンがない。そう、87年の(やったか?)赤木軍馬! 何故かマシンはなかった、当たり前か、ははは。
 軍馬は今も走ってますよ、オーバルで。なかなか単行本が出ないのでもどかしくて、そんで毎度々々話の内容が重すぎるけどね。

090 091  最後にマカオのパドック、じゃなかったピットなんかも載っけておきます。
 それにしても暑そうやねー。もちろん今でも暑いんでしょう、亜熱帯やもんな。

 っつー訳であまりにやることがないので暇にかこつけて更新してみました。
 

 

|

« 明石市市役所食堂(画像設定変えました、どんどんサムネイルをクリックして下さい) | トップページ | 神戸新聞杯ハズレ&オールカマー当たり馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/42609371

この記事へのトラックバック一覧です: マカオGP博物館:

« 明石市市役所食堂(画像設定変えました、どんどんサムネイルをクリックして下さい) | トップページ | 神戸新聞杯ハズレ&オールカマー当たり馬券解説 »