« 香港食べ歩る記 | トップページ | 第6回タイフェスティバル2008年大阪 »

2008年9月 7日 (日)

新潟2歳S&小倉2歳Sハズレ馬券解説(出張所より画像届きました)

 いやー、なんつーか思った通りに荒れたけど、小倉の3Rで馬連39万8千円に3連単1000万円ってムチャクチャな馬券が出てしまったのでヒモ荒れ程度じゃ荒れた気がせんが,、いかんせん両重賞とも2着は買えないよ。

 
310 972sjpn3 2sjpn3  ってんでまずは新潟2歳S。
 ここの予想は単純です、午前中の大雨から天気は回復したとは言え馬場まで回復してません。なので重・稍重で好走実績ある馬を優先、キレで勝負するタイプの馬は全部切った。

 ◎セイウンワンダー:阪神の新馬戦で稍重で2着、続く未勝利戦では1秒0差のぶっちぎり、先行しながら抜け出して長く脚を使うイメージ(全然違ったけど)。
 ○シルクドミニオン:キングヘイローに坂口先生にユーイチJ、買わないかんでしょ。これも新馬戦で稍重0秒5差ちぎってる、距離延長も問題ないでしょう。
 ▲ゴールドスパークル:新馬戦重馬場を一気のぶっこ抜き、しかも上がり33秒9。ハマるか。
 △バンガロール:前走マリーゴールド賞でツルマルジャパンのレコードの2着、一応稍重発表。
 △ダイワバーガンディ:福島で新馬稍重勝ち上がり。

 ドリームゼニス:馬柱からは特徴が見えない。
 タニノベローナ:1戦1勝でこの平凡な勝ち時計では。
 カヴァリエ:新馬戦みたいにハマる訳ない。
 ツクバホクトオー:これも強調点はない、強いて言えばアイアンデュークの2着くらいか、15番人気納得。
 マイネルウェイヴ:キレる馬は要りません。
 エイシンタイガー:まさか掲示板に載ったとは!? 今日の最下位候補でした。
 マッハヴェロシティ:この新馬戦は先行有利の特殊な馬場で行われたので鵜呑みにしてはいけません、お客さん。
 スガノメダリスト:稍重で3着があるがバンガロールを逆転するのは難しいでしょう。
 ストロングガルーダ:時計的にもたいしたことない。
 ガンズオブナバロン:今日の馬場では一銭も要りません。

 馬券はセイウンワンダーから馬単流し、同じ所にシルクドミニオンから。3連単は2頭軸で。

 スタートして馬群が落ち着いてぽつんと最後方2騎、シルクドミニオンとセイウンワンダー、目の前真っ暗。
 直線に入って皆が中央に固まる所を一頭大外をカルストンライトオばりに張り付いてぐんぐん追い込んでくるセイウンワンダー、勢いが違ったので内に何が残るか見てたが何か赤い帽子が!? ツクバホクトオーってどこの馬の骨やねん、あ、馬ですけど。バンガロール先行して一旦下げて差しに回るもハナ差及ばず1-3着、これは難しい。
 シルクドミニオンはアイビスのステキシンスケクンみたいにふらふら走って結局差を詰められなかった。真っ直ぐ走ってれば2着はあったんじゃねー? 言いたかないが、ユーイチJと岩田Jの思い切りの差が出たか。
 しかしこの馬場でダントツの34秒4の上がりで1馬身半ぶっこ抜いたセイウンワンダーは強い。年末の阪神に向かうのか中山に向かうのか、プロスアンドコンズとしては気になりますね。
 だけどこりゃ当たらんわ。

 
311  続いては小倉2歳S。当たったことあったっけ、このレース。
 馬場は何故か前が残ってるし差しも決まってる、訳の分からん最終週小倉。さてはて。

 ◎メイクデュース:当初の本命はデグラーティア、しかしこっちの方がパドックで輝いて見えた。勝ち時計の1分8秒3はメンバー中最速で、しかも後続を0秒6ちぎってる。ここは好きな太宰Jに乗りたい。
 ○デグラーティア:フェニックス賞見て思ったのはこの馬のセンスの良さ、それと浜ちゃんが自信を持って乗ってるとこかな。しかし若干ぽってり見えたので印入れ替えた。
 ▲シルクナデシコ:-8kgは確かに細く見えたが、展開ハマれば来るかと。
 △ノアウイニング:前走0秒7差の圧勝。荒れ馬場は走るはず。
 △エリモプリンセス:この馬も-6kgで更に細いのが気になったが。

 ツルマルジャパン:レコード出すような馬場じゃないよ、最内枠は不利だし、何より大先生が乗れてない。バッサリ。
 コウエイハート:九州産に連闘、偏見でした。
 クリノスレンダー:同型馬多すぎ。
 ジャングルストーン:買う材料がない。
 ワンカラット:調教時計は良かったけどオヤジの馬に子供が乗るのが気に入らん(あ、高橋亮J、応援してます!)。
 エーシンワンダーズ:+14kg。
 シーポラリス:今日の最下位。
 ヒットヒットヒット:猛打賞や。
 レディルージュ:正直よう分からんよね。
 マルカゼウス:上に同じ。

 メイクデュースから馬単流し、3連単はデグラーティアとシルクナデシコと3頭軸で。

 ツルマルジャパンが行く形になったが、一番良いスタート決めたのがデグラーティアでしょう。ここで先行争いに加わらず下げたのが上手い。メイクデュースも先行してんだけど、3角でもはや手応えが怪しい。
 直線に入って浜ちゃんが抜群のタイミングでデグラーティアにムチ入れた、しかし前のワンカラットが邪魔、ここでもまた浜ちゃんの好プレー、一頭分をちゃんと確認してすり抜け、後は追って力強く伸びた。この馬はフェニックス賞でもエンジンの掛かりの悪い馬やなぁ、と思ってたが、浜ちゃんは手の内に入れてますね。ナタの切れ味とでも言うんでしょうか、終わってみれば1馬身1/4差の楽勝。速い時計に対応できるかが問題になりますが、この馬はかなりおもしろいと思いますね。年末の阪神が楽しみです。
 2着争いは粘るツルマルジャパンをまさかの内突きで何とコウエイハートが浮上、ツルマルジャパンが3着で追い込んだのが遅かったシルクナデシコが4着でした。
 しかしツルマルジャパンは新潟2歳の覇者セイウンワンダーに勝ったほどの馬、何でここを使う必要があったのか、これは明らかにレース選択のミスですね。
 それにしてもコウエイハートとは驚いた、浜ちゃんといい川田Jといい、九州勢頑張るよなー。浜ちゃんは小倉リーディングやもんな、脅威の新人三浦Jも居るが彼の存在も十分脅威ですよ。来週からの阪神開催が楽しみです。

 
 本日:0勝5敗▲11500円   ま、しゃーねーか。

 昨日:1勝4敗▲7500円/8900円(100円足らんかった)

 
 ようやっとローカル開催が終わってくれた、次週からトライアルも始まるし、中山はどないして造るのか、ムチャクチャな特殊な馬場だけは堪忍して欲しい。ならば紫苑Sはオークスで狙ったレッドアゲートで。
 エルムSは騎手によってドラゴンファイヤーかアドマイヤスバルかメイショウトウコンに決めます。
 京成杯はドングリの背比べ、セントウルSはカノヤザクラでしょうか。
 朝日CCも誰が何に乗るかでアドマイヤメイン、ドリジャニ、キャプテンベガを重要視っスかねぇ。

 得意の阪神、9月反抗したいと思います。

 

|

« 香港食べ歩る記 | トップページ | 第6回タイフェスティバル2008年大阪 »

コメント

日月さん、どうもコンバンハです^^
新潟、小倉共に2着は買えませんよね。これだから2歳戦は…(苦笑)
しかし、セイウンワンダーの競馬は強かったですね。グラスワンダー産駒待望の大物となって欲しいです。
馬名が西山氏の持ち馬かと勘違いしてしまいますが…(苦笑)

2歳戦で落ち込んでも仕方がないので、来週の中山・阪神で盛り返したいですね。
(中山は、「先行天国」になるのかが少々不安ですが…)

投稿: いちご一恵 | 2008年9月 7日 (日) 23時10分

いちご一恵さん、おはようございます。
ワタシも西山さんの馬かと思って一瞬躊躇しましたが、違ったので安心して買いました(何で・笑)。
しかし2着は買えません、でかいハナ差でした。
中山はもう仰られてるように馬場に尽きますよね、更正競馬を期待します。

投稿: 日月 | 2008年9月 8日 (月) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/42406958

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟2歳S&小倉2歳Sハズレ馬券解説(出張所より画像届きました):

« 香港食べ歩る記 | トップページ | 第6回タイフェスティバル2008年大阪 »