« 中華そば○味 | トップページ | サマーチャンピオン外れ馬券解説 »

2008年8月15日 (金)

ブリーダーズGC当たり馬券解説

 昨日はブリーダーズGCに間に合うように帰ってレース見たが、そこからキーボード叩く気にはならず、酒呑んでオリンピック見てた。柔道もモンゴルかよ。
 しかしそのNARで見る「競馬映像プレーヤー」が画像はぶつ切りやわ音声もとぎれとぎれでレースの展開もさっぱり分からず、メイショウトウコンが落馬したんかサンキンツヨシが落馬したんかよう分からんままやった。んで映像が繋がればメイショウトウコン最後方やしサカラートは前居るし、ちょっとドキドキやった2300m戦でした。

 
Photo  では一日遅れたけどブリーダーズGC。
 ◎メイショウトウコン:最近ムラあるよなぁ、けどダートの長距離は絶対適う。ここ勝ってJBC使ってくれ。
 ○サカラート:前走でまさかの差しきり勝ち、8歳馬にして復活するとは。
 ▲ヤマトマリオン:マーキュリーCの3着でダートでは走ることを証明した、だってお母ちゃんが阪神1400mダの鬼、ヤマトプリティやもん。今後牝馬路線に出れば怖いが番組的に長距離戦がない所がもったいない。
 △スウィフトカレント:ユーイチJ馬券。前走のダートの走りから見て向いてません(なら何故買う)。
 
 馬券はメイショウトウコンとサカラートで決着間違いなし、3連単は結果870円だったので最初から買う気ナシ。馬単と押さえの馬連のみ。

 今あらためてスムーズな映像見たが、いきなり落馬したのはサンキンツヨシ、これが最後まで先頭に立って走ってレースを邪魔するのよ。
 逃げたのはカオリノーブル、逃げ宣言してたらしい。そうなんや。だけど空馬のサンキンツヨシがかなり鬱陶しい。サカラートは先行して、ヤマトマリオンはその後ろ、スウィフトカレントは中団、メイショウトウコンは最後方。
 2週目の3角でレースは一気に動く、サカラートが藤岡Jの手が全く動かず先頭に出て、ヤマトマリオンはそこで離された、もっと前で競馬せんといかんがな、コバテツJ(しかし彼が乗る所が良いところ)。で、一気にマクリかけてきたのが藤田J駆るメイショウトウコン、勝負所が分かってる。
 直線でなかなか交わせんが、追う追う藤田J、ゴール寸前でハナ差交わして勝利、危ない危ない。2着に恐るべし8歳馬サカラートで3馬身離された3着争いは逃げたカオリノーブルをクビ差制したヤマトマリオンが入った、これで3連単870円やもん、買わんで良かった。スウィフトカレントは更に離された5着、ダート向きじゃないよ。何でサマー2000シリーズ使わんのかねぇ。
 このレース見てたらメイショウトウコンの末脚はやっぱりかなり凄いと思うんだけど、中央のG1では何故かイマイチなんよねぇ。今後幸四郎Jがまた乗るのか藤田Jが続けて乗るのか知らんが、この馬の性格を何とかせんといかんことは確かなようです。

 結果:馬単350円×2000円=7000円
      馬連180円(180円ですよ!)×1000円=1800円

 
 昨日:1勝0敗△4800円/4000円

 
 さー、今日は佐賀でサマーチャンピオン、狙いは本当はヴァンクルタテヤマだったけど、赤木J乗り替わりの為、堂々と声を大にしてイイデケンシンを本命にしたいと思います。
 
 
 では今から読書タイムに入ろうかと、「阪急電車」読みますね、Mさん。

|

« 中華そば○味 | トップページ | サマーチャンピオン外れ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/42171434

この記事へのトラックバック一覧です: ブリーダーズGC当たり馬券解説:

« 中華そば○味 | トップページ | サマーチャンピオン外れ馬券解説 »