« 武豊紀行 | トップページ | 桜花賞追い切り「私見」【追記あり】 »

2008年4月 6日 (日)

大阪杯&ダービー卿CTハズレ馬券解説

4622  参った! 強い、強すぎるわ、ダイワスカーレット。
 今日もこてんぱんにやっつけられたけど、挑みがいのある相手ですよ。
 いつかは「GIANT KILLING」を起こしてみせるぞ(この漫画ホントにリズムが良くて今、スポーツでは一番楽しみな漫画ですよ。日常ドラマ? なら、いわしげ孝センセの「単身花日」がおもしろい、余談)。
 とにかく、ダイワスカーレットの強さに感動した訳です、何とアッパレな馬か。

 
174 46g2 G2 G2_2  超豪華なメンバーが集まった大阪杯。11頭立てとは思えぬ充実したメンバーでした。
 9Rではタニノディキディキが大外一気を決めたように馬場はそんなに考えなくて良い、つまりは強い馬が勝つ。

 ◎サンライズマックス:3連勝中の昇り馬、追い切り超抜。破壊力No.1の末脚で前をまとめて面倒見るか。しかし実のところパドックでちょっと入れ込んでた。でも客の前ではカリカリしてたけど、向こう正面では落ち着いてたので問題なしとジャッジ。
 ○インティライミ:一番良く見えました。スカーレットが剛ならインティライミは柔の見立て。坂路追いがどう出るか。前がやり合うのを前提に予想してるので末脚炸裂するか?
 ▲ダイワスカーレット:とても牝馬には見えん、凄い馬ですよ。+12kgは成長分、実が入った感じ。しかしポカするならここかと希望的観測。
 △メイショウサムソン:勝てば馬の力、負ければ武豊の腕。
 △アサクサキングス:+16kgはちょっと太く見えた。スカーレットをマークして行くと思うのでどんな競馬を見せてくれるか。
 △エイシンデピュティ:戦略的に買った。この馬の得意なのは出し抜け、そういうレースをするならスカーレットにとって天敵になるのではないか。加えて坂路ラスト11秒台、スカーレットの前で競馬してそのまま粘り込むか。
 ×ブライトトゥモロー:状態良いはずですよ。3着ならあってもおかしくない。

 ダイナミックグロウ:この馬だけは何がどうなっても馬券に絡むことはない。
 ヴィクトリー:見るべき所が何もない。59kgではおそらく何も出来ないでしょう。
 アドマイヤメイン:もう走るの嫌がってる。
 ドリームパスポート:追い切り軽すぎ。何でこの馬が3番人気なんじゃろ。

 馬券はサンライズマックスからとインティライミからの馬単と押さえの馬連、上記のエイシンデピュティの戦略的馬券とはこの馬からスカーレットの馬単。出し抜け喰らわして粘るか。3連単は2頭軸でフォーメ。

 好発決めたのはエイシンデピュテイ、そうそう、そのまま行って直線抜け出しで良いんだよ。
 しかし1角で掛かり気味に行くダイワスカーレット、何度も見たアンカツJのこの馬に対する騎乗、これがベストなんですよねー。アンカツJが主張したので岩田Jは引いた、うむむ。
 アサクサキングスが好位追走、メイショウサムソンも先行。ヴィクトリーとアドマイヤメインは行かないと持ち味は何もないのに、川田Jはシバキ倒しても行くかと思ったがそれもなし。
 ダイワスカーレットが菊花賞馬や4冠馬を引き連れて直線に入る。凄いプレッシャーやと思うがこの馬の精神力は量り知れんもんがある。
 仕掛けたメイショウサムソンはいち早く脱落、なんじゃあ??? アサクサキングスがスカーレットにほぼ並びかけたがそこからもう一伸びして突き放す、阪神の坂でですよ! ま、どっちかと言うとアサクサがまだ本物じゃなかったかのような感じやったけど。で、岩田Jが死んだフリしながら(そんなフリはしてないと思うけど)、最内を突いて追うがスカーレットには届かず。
 ちょっと調べてみたが、1回・2回と阪神の芝2000mってそんなに番組無かったけど、初めて2分の壁を突破して1分58秒7、ファリダットが1400mで1分20秒8って好時計出してたから時計の出る馬場ではあったと思うが、それにしてもお見事。スローのよーいドン、じゃなくて全体時計でもペースアップして死角が無くなった。この時計では33秒台では上がれんので、34秒8で十分に完封できる訳だ。
 いやー、このメンバーで完勝やねんからダイワスカーレット&アンカツJには脱帽。
 3/4馬身差でエイシンデピュテイ、展開はちょっと違ってたが惜しかった。
 3着に最後また伸びてたアサクサキングス、これは次の天皇賞が俄然楽しみな存在。
 4着に最後方から上手く内を突いたドリパス、しかしこの上がりでは最速の34秒6でも届かんよ。
 5着が一瞬もっと上の着に来るんじゃないかと思わせたブライトトゥモロー。
 メイショウサムソンは直線見せ場無く6着沈没、インティライミは同じく最速の上がりもやっぱり位置取り悪すぎ。
 ワタシの本命のサンライズマックスはこっちの方が全く見る所無くブービー負け。訳分からんわ。

 ここで騎手のコメント。アンカツJ、「強い」。岩田J、「良いレースが出来た、誰も本命・対抗付けてないので一発狙ってた。来週も一発狙います」。四位J、「今日は本当に雰囲気が良かった。それにしてもダイワは強いね」。松岡J、「5番手くらいと指示が出てたが、行き脚が付かなかった。分かんないね」。武豊、「折り合いは付いてたがゴーサインを出しても反応しなかった。何なんだ?」

 えー、今日のレース観て思ったこと。メイショウサムソンは石橋Jに、ドリームパスポートは松岡J以外に。ついでにベッラレイアは秋山Jに、ってとこでしょうか。
 
 今年に入って京都は知らんが、阪神開催では「重賞レース回顧」があって、調教師と騎手がパドックでレース回顧するってナイスな企画があるんですけど、松国センセは今後のローテについて、「マイルを1・2走、ヴィクトリアか安田記念。馬の特徴から2000mなら男馬と良い勝負になる」、って言ってた。つまりは宝塚記念が春の最大目標かと。その後はヨーロッパも視野に入れるみたいな事言ってた。
 ちょっと感動したのは「マイル1分33秒台で走り、上がりを33秒台で上がれるように馬を作ってきた」って言ってた辺り。やっぱ意識が違うのね。
 このメンバーでスカーレットに勝てないんやから、ウオッカやローブデコルテ、ましてやレインダンスでは勝てないよ。どこまで行くのか楽しみだし、ワタシ的には挑戦しがいのある凄い馬です。
 いやー、イイもん観ちゃったなぁ、ホント。

 
200  続いてはダービー卿CT。
 6Rのマイル戦でメスナーが最後方からぶっこ抜いたのでここもガチンコ勝負で。

 ◎マルカシェンク:自在性があるので外枠は気にならん。決めて下さい。
 ○オーシャンエイプス:何でマイルなんやろ? 東京の2000mでの末脚見たら短いような気もするが、この程度のメンツなら通用しても良いような気がせんでもない。

 以上、後はよう分からんのでマルカシェンクの単勝をメインで珍しく買った。相手はオーシャンエイプスだけ。

 ゲートでリザーブカードがごねてたんで、何か出遅れる馬が出るやろうという予感はあった、それがマルカシェンク。あたー。相変わらずの引きの悪さ、単勝で買うとこれや。
 後はつまんないので端折るが、最後方から大外ぶん回しでは最速の33秒6で上がっても8着、同じくオーシャンエイプスも2番目の33秒8で上がっても7着、まさかの出遅れでした。
 逆に勝ったノリJはスタート決めてハナ切って、やから見事な騎乗でした。ドラゴンウェルズの2着にはちょっと驚いたけど。しかし勝ち時計が1分34秒2って6Rの3歳500万のメスナーと一緒やで…。
 3着に最低人気のダンスフォーウインか、そうか、これが100万馬券の獲り方か、妙に納得。
 マルカシェンクもオーシャンエイプスもマイルの馬ではないでしょう、なのに陣営はいつもマイルはベストって言う。何なんでしょ? サクラメガワンダーもマイルがベスト、って言ってて負けたら距離不足って言ってたし。実は調教師も騎手も分かってないのか、都合良く言い訳してるのか、この辺の嘘を見抜く力が欲しいです。

 
 本日:1勝7敗▲17620円/23500円   やばやばやばやばやば。

 今日の当たり馬券:その中山6Rのメスナーの馬単。ユーイチJ馬券ってのもあるが、ロサード産駒に何より前走2着に突っ込んできてくれて当たり馬券をくれたため。その割にはマーガレットSのシゲルハスラットは走らんかったが。

 今日の嘆きの馬券:阪神最終。ミリオンディスク確勝で力強く抜け出して楽勝かと思いきや、まさかのカルナバリートの差し切り、裏なんて買ってないよ。がぼん。

 
 いやー、高松の宮記念と言いダービー卿と言い、ユーイチJが悪い訳ではないと思うが、ワタシが本命に据えた馬の大敗っぷりったらない。サンライズマックス然り。
 こうなったら桜花賞でこの馬が本命やって言いにくいが、リトルアマポーラとエイムアットビップとオディールには頑張ってもらいたい。って思いっきり言っちゃってるけど。
 所詮は大阪杯なんてG2、G1獲ってナンボ。G2勝って「栄光の名馬たち」に取り上げられた超例外はバランスオブゲームくらいなもんや。
 こんな異常な流れを(いや、至っていつもの流れですけど)桜花賞で断ち切りたいと思います。

 阪神牝馬Sはローブデコルテが楽勝してダイワスカーレットに宣戦布告(言うだけはタダ)、ニュージーランドTはゴスホークケンが始動か、でもユーイチJが乗らんでもエーシンフォワードで。

 さー、今日はダイワスカーレットとアンカツJと松国センセの三位一体の強さに完敗、いや乾杯。
 美味い酒になりそうだー。

|

« 武豊紀行 | トップページ | 桜花賞追い切り「私見」【追記あり】 »

コメント

こんばんは。

美味い酒呑んでますか~。

今日のダイワスカーレットには素晴らしい競馬を見せてもらいましたね。

松国調教師はそんな事言ってたんですか。
目標が高いからこそスカーレットのような名馬が生まれてくれると思ったらありがたい事ですよね。

ダービー卿はオーシャンエイプスにとっては苦い経験になってしまいましたね。
あのペースで中山の直線は届くわけありません。
どうしても今日使いたかったのなら大阪杯にして欲しかったです。
スカーレットに勝てはしなかっただろうけど相手関係・距離・コースを考えたら得るものが多かったと思うんだけど…調教師が弱気だったんですかね。

桜花賞はリトルアマポーラ、ソーマジックなんかに惹かれます。

投稿: ころすけ | 2008年4月 6日 (日) 21時20分

こんばんわー
Dスカーレット、強いですねー こりゃヴィクトリアではなくて安田→宝塚のローテーションが希望ですが、どーなんでしょ?今更、ウォッカとの再戦も、うーんって感じですが(--)
ダービー卿は、今年も自虐的荒れ方で・・・なんとか次につながるGⅢになって欲しいですねー
12日は、5時だいのJフェリーで神戸に上陸予定です、よろしくお願いします。。。

投稿: nao37 | 2008年4月 6日 (日) 21時37分

ご無沙汰しております、お元気・・ですよね(笑)。
変わらず拝見させて頂いてます。

大阪杯は見るレースかな、とも思いましたが、一応ダイワ-ドリパスの馬単一点だけ買って、気楽に見てました。
ところがゴール前では、つい「ドリパス来い!」と思わず力が入ってしまい、とりあえず参加料だけ楽しめました(笑)。

さてダイワ、個人的には有馬終了時点で、ドバイなんか行くより春天に出れば面白いと思っていたのですが、どうなんでしょうか。
あるいは無理せず金鯱賞あたりをステップにすれば宝塚は確勝と思われますが。

桜花賞で狙っていたリトルアマポーラが日月さんと被っていて、うれしいような悲しいような・・・いや、いや、うれしいです(笑)。
来週は共に祝杯を挙げましょう。

投稿: じんぺい | 2008年4月 6日 (日) 21時42分

ころすけさん、ほほう、リトルアマポーラ(笑)。
これって劇勝ですか沈没ですかぁ?
オーシャンエイプスはトップガン、まだまだ長い目で見たいと思います。
東京の2400mなんてピッタリと思いません?
桜花賞、いただきまっしょう!

投稿: 日月 | 2008年4月 6日 (日) 21時55分

nao37さん、5時って朝ですよね。
では土曜競馬から合流しましょう、毎度のパドック辺りに居ります。
好き嫌いがあれば早めに(笑)。
しかしダイワスカーレット強かったなぁ、感動しました。

投稿: 日月 | 2008年4月 6日 (日) 21時58分

じんぺいさん、ご無沙汰しております、けど、あのねー(笑)。
リトルアマポーラ、結構やってくれると思いますよ、出遅れさえなければ。
ダイワは今日の松国センセの話では春天は眼中にないみたいです。
ギリギリ2500mですかね。
後はマツリダが2200mの宝塚に逃げずに出てきてくれたらおもしろいのではないでしょうか。
とりあえず、「山ちゃん」で一杯やりましょか、月末にでも、うふふ。

投稿: 日月 | 2008年4月 6日 (日) 22時03分

日月さん、どうもコンバンハです^^
今のダイワスカーレットなら、宝塚記念でも負けない感じがしますね。
欧州挑戦があるのなら、そちらも期待したいところですが…

サムソンはいい加減石橋騎手に返してもいい着順ですね。
春天はぜひとも石橋騎手で!(笑)

私も不思議なのが、松岡騎手の過大評価ぷりでしょうかね。ドリパスは鞍上チェンジでいいですね。

桜花賞は、狙いどころが難しいですね。(牡馬の方が難しいですが…苦笑)

今のところ、私はオディール、トールポピー、ブラックエンブレムのどれかを軸に考えていますが、どうなりますかね~^^

投稿: いちご一恵 | 2008年4月 6日 (日) 22時21分

武豊信仰もいい加減にした方がいいと思いますよね、いちご一恵さん。
ドリパスも今までさんざん騎手を換えてきたのに何で松岡Jに固執するのか謎です。
ここまでハッキリと結果出てるのに。
桜花賞、ワタシは当然関西馬掲示板独占と考えております。
皐月賞は関東馬掲示板独占かもしんないですけど(苦笑)。
さー、いよいよです!

投稿: 日月 | 2008年4月 7日 (月) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/40790610

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯&ダービー卿CTハズレ馬券解説:

« 武豊紀行 | トップページ | 桜花賞追い切り「私見」【追記あり】 »