« 2月の収支 | トップページ | 阪急杯&中山記念当たり馬券解説 »

2008年3月 1日 (土)

アーリントンカップ外れ馬券解説

311 184 Cg3  ついに阪神開催が始まりました。こうして見たら来週はチューリップ賞で月末には阪神大賞典もある。そんな季節になったんですね。
 その割には今日は寒い一日でした。風もキツかったし、パドックはまだ陽当たり良いけど、コースに出たら日陰なんで寒い寒い。
 新人騎手もデビューしての新たな出発、3月競馬の始まりです。
 なのに「CLUB KEIBA」では未だに部員募集のまま、いつまでやっとるねん。

 
202 31cjpn3 Cjpn3  では早速アーリントンカップ。
 馬場は開幕週だけあって当然逃げ馬が強い。しかし差しも2着か3着までなら来ることもある。が、やっぱ前目の予想でしょ。

 ◎ルールプロスパー:狙いすぎたか。ワタシはシングライクバードって桜花賞で結構買いたいのでそれに新馬戦で勝ってるこの馬に注目した。前走ではヴェルザンディの2着、結構な牝馬と戦ってるのもポイント。それにこれかダンツキッスイが行くやろうから前残り大に人気薄、来て下さい。
 ○エーシンフォワード:朝日杯は着順サッパリやった組がその後ナンボでも巻き返してるのを見てもかなり特殊なレースやったことが分かる。なのでこの馬も先行して粘り込むので妥当な印かと。
 ▲スマートファルコン:馬体減が気になったが馬群を一気に呑み込むならこれか。だけどまさか最後方からみたいなバカな競馬はせんでしょ。それと追い切りの迫力が妙にあったので。
 △ミッキーチアフル:シングライクバードの2着、勝ち切れんけどしぶとい。
 △ドリームガードナー:シンザン記念は強かったのはドリシグだけで後は横一線、この馬そんなに強くないよ。
 △アポロドルチェ:57kgが気になるが勝算がないと西下せんでしょ、ね、ね。
 ×ディープスカイ:前走の上がり33秒4って破格の上がりやない?

 ノットアローン:意外とマイル戦って適うかも。しかし勝つまでは。
 ロードニュースター:坂路で結構な時計出してたけど、今週の坂路は時計が速いので鵜呑みにはできん。エアエミネムってのが珍しい程度。
 オースミパーク:連闘やし使いすぎやし。
 ダンツキッスイ:ダート開眼したんとちゃうの?
 ポルトフィーノ:こりゃ要らんでしょ。大外枠で内に速い馬が居るし、それでも何が何でもって訳じゃないし、そうなると勝ちパターンなんてどこにもない。この馬が1.7倍とは驚いた。

 馬券はルールプロスパーから馬単流しと3連単はエーシンフォワードとの2頭軸フォーメ。当たれぇ!

 スタート決めたのはユーイチJ&エーシンフォワード、アンカツJ&ドリガドも決めた、しかし大外から一気に行ったのが藤田J&ダンツキッスイ。あれ、ルールプロスパーが居ない、終わりました。エーシンフォワードがんばれー(汗)。
 もうどんどん行っちゃうダンツキッスイ、大逃げの形に。方や3角辺りでどうにも掛かりっぱなしの武豊&ポルトフィーノ、やっぱりな。
 4角ではすでにセフティーリードかと思わせるダンツキッスイ、こりゃキッツイ(すいません)。
 ノットアローンが食いつこうとするがなかなか差が詰まらず、勢いあったのは何故か後方に下がってたエーシンフォワードで馬群を割って伸びてくるが2着がやっと。1馬身3/4差を付けてダンツキッスイ完勝。ま、これは藤田Jの好騎乗以外の何物でもない。しかし前走のダートの勝利から調子は上がってたのかもね。甘く見すぎた、反省。
 3着は外から凄い勢いで飛んできたディープスカイで4着にはなかなか見せたノットアローンでした。
 5着は見せ場もなくミッキーチアフルでドリガドが6着、ポルトフィーノは8着。
 ワタシの本命馬ルールプロスパーは恐ろしいことに最下位でした、ぎゃぼっ。スマートファルコンも大外ぶん回しただけで10着、ダメダメですね。
 ちょっと狙いすぎた、明日から修正します。
 しかしダンツキッスイはあれやけど(2回はないけど)、エーシンフォワードは強い競馬でしたねー。

 そこで関係者コメント。西園調教師、「良い競馬が出来た、朝日杯の経験が生きた。後ろから行って来たのはウチだけ。ニュージーランドからNHKマイルカップへ」。アンカツJ、「スピード競馬は合ってない」。武豊、「掛かってしまった、ムキになってしまった。心配してたことが起こってしまった」。後藤J、「今はまだ走れる状態ではなかった」。
 おいおい、アポロドルチェよお。堀井調教師は「普通に走れば巻き返せる」ってコメント出してたから買ったのに、全くコヤツ等は信用できん。この辺の嘘を見抜かんと的中は難しいですね。

 しかしクラシックのみならず、マイル路線もイマイチ盛り上がりに欠ける牡馬路線です。

 
 本日:0勝7敗▲11000円   いきなりノーホーラ。

 今日の嘆きの馬券:阪神最終。最近ワタシの中では「最終の角田」ってことになってて、ここは角田Jの一発で取り戻そうと思ってた。逃げるスティリスタを捕まえた時はヨッシャ! と思ったがその外からホウショウルビーに交わされた時は腰砕けでした。直線入って「差せ差せ差せ差せ差せ刺せ刺せ刺せ」なんて物騒な言葉叫び続けてただけに悔しいレースでした。ノド痛い…。

 
 今日は中山も中京も買わなかったんですけど、中山も強烈な前残りでしたね。カンパニーには厳しいか。
 前に行ったマルカシェンクが残ったら吐くわ。流石に明日はアサカの出番は無さそうですね。
 阪急杯もスズカには難しいレースになるやろね。ローレルゲレイロかなぁ、妥当な線で。
 ま、今から考えます。
 それにしてもウチパクJのいきなりの勝利に3勝も凄いと思ったが、中山10Rの2500m戦、潮来特別での三浦Jの初勝利特別勝ちにも驚いた。
 後、中山6Rの新馬戦のバックドロップって馬名にも、良いねぇこのセンス。

 しかし何で明日ヨシトミが来るんだぁ!?

|

« 2月の収支 | トップページ | 阪急杯&中山記念当たり馬券解説 »

コメント

こんばんわー
アーリントンC、いただきました(^^v
押さえの馬連ですが(苦笑)
ユウイチJに感謝です!
明日の中山記念は、カンパニー&Eドーバーで攻めようかなと企んでおります。。。
Mシェンクは、やはりぶった切りですか?
複雑なご心境、お察しいたします。。。

投稿: nao37 | 2008年3月 1日 (土) 21時46分

nao37さん、おはようございます。
昨日は相当早いピッチで呑んでたのか、気が付いたら2時にこたつで撃沈してました。背中が痛い。
おー、アーリントンCおめでとうございます。
押さえられるのが素晴らしい!
マルカシェンク…、もちろん切ります(涙)。
アサカデフィートがんばれー(あ、もちろん主軸はカンパニーですけど)。

投稿: 日月 | 2008年3月 2日 (日) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/40327378

この記事へのトラックバック一覧です: アーリントンカップ外れ馬券解説:

« 2月の収支 | トップページ | 阪急杯&中山記念当たり馬券解説 »