« 東京新聞杯ハズレ馬券解説 | トップページ | 恨岸、いや根岸Sハズレ馬券解説 »

2008年2月 3日 (日)

京都牝馬Sハズレ馬券解説

 これはたまらん、ムチャクチャ酷い、ワタシの腰。
 ワタシは普段から腰痛持ちでかなり酷くて、これ以上痛くなりようがないとずっと思ってたんですけどなんのなんの、まだまだ上がありました。
 事の起こりは昨日の晩、カレー鍋を食べてたんですが、もやしがノドに詰まってごほんと咳したのね。その一発がぎっくり腰を誘発してしまった。
 「バキッ!」 って音がワタシの中に確かに響いたもん。
 そっからは部屋中のたうち回り、痛くて痛くて。痛さのあまりよく眠れず、3時に起きて5時に起きて、もう横たわってるのも痛いのでそのまま起きてしまった。
 もちろん今もこたつで背中を丸めながらキーボード叩いてるが悲惨なくらい痛い。帰り競馬場から駐輪場へと歩いてる途中にあまりの痛さに涙がちょちょ切れた。
 これって明日までにちょっとはマシになるかなぁ? 腰をかばうと他の変な筋肉がつって、右の脇腹なんかが痛い。
 帰りに新型GTRを初めて見た興奮も簡単にかすむ。

 
190  なのでとっとと行きます、京都牝馬S。
 量はそうでもなかったけど降り続いた雨で馬場適性が問われるでしょう。
 で、ワタシが本命に据えた馬は陣営が「良馬場でやれれば」と言ってたくらいなんでやっぱ不得手だった。

 ◎アンブロワーズ:ファイナルSって結構馬場悪かったような覚えがあるんで、それでも勝ってるから勢いで何とかなるかと。
 ○ブルーメンブラット:パドックではこれが一番目立ってたんではないでしょうか。阪神Cの末脚は凄かった。馬場考えたら外枠も良い。
 ▲カタマチボタン:叩き2戦目で変わってきたし実績も十分、シェルズレイを見ながらの競馬になると思うので先行抜け出しならこれ。
 △アドマイヤキッス:SS2699勝でアンカツJ799勝、勝ちそうやとは思ったけどそういう買い方するのはワタシの本意ではない。
 △ショウナンアクト:フレンチデピュテイにSS、芝でも走れるでしょう。馬場はもっと悪かったら良かったけど。1200mのダートで1分10秒切って1分9秒7、上がりは驚異の34秒7! 買いたくなってきません?
 ×シェルズレイ:おそらく単騎逃げ、後悔せん為に買う。

 ローブデコルテ:心の中では本命だけど、正直58kgは酷量。パドックもイマイチ覇気がなかったし。ここ叩いて次からはずっと本命。
 ザレマ:切りたかったので+12kgも重そうではなかったがこれでバッサリ。
 キストゥヘヴン:何とも言えん、買うか買わないかというと買わない。
 ランペイア:追い切りイマイチ、もちっと距離長い方が良いんじゃない?
 パーフェクトジョイ:戦ってきた相手がそんなに強くない。
 バレンソール:流石にこれは要らんやろ。
 コスモマーベラス:何ででしょ、食指が動かんかった。

 馬券はアンブロワーズから馬単と押さえで馬連、ブルーメンからカタマチも押さえて3連単は3頭軸。
 はぁ、腰痛い、気が遠くなりそうや…。

 ザレマとショウナンアクトが先行したがじわじわと内からシェルズレイが先頭に立つと引き離しにかかる。アドマイヤキッスは好位追走、カタマチボタンとブルーメンブラットは後方、ローブデコルテはその後ろで最後方がアンブロワーズ、ここで終わり。脚溜めてるってより付いて行けてないような感じ。
 シェルズレイがあくまでイン突きで大きく引き離すかに見えた直線、ここに入った時のアンカツJの手綱さばきは絶妙。最内で3番手に上がって直線に入った瞬間にザレマの外の馬場の良い所に出す、これぞアンカツマジック。
 抜け出したザレマと馬体を併せて叩き合って最後には力強くぐいと伸びてみせた。何と上がり34秒6、もちろん最速。たいしたことないと思われてたこの馬やけど、相手がもっとたいしたことなかったか。
 3着はこれは道中の位置取りの差、同じ最速の上がりを出すも追いつくまでには至らず。でも幸Jはよく乗った。4着にこれも後ろすぎのブルーメンブラット、大外回しすぎもあって4着が一杯、ルメールJらしからぬ騎乗。5着は大事に乗ったが最後の伸びはおおっ! と思わせたローブデコルテ、58kgでこの走りで次走確勝、マイルが適ってる。ユーイチJが一番手応え感じてんじゃない? ショウナンアクトは6着か、走ったほうか? アンブロワーズとカタマチボタンは見せ場全くなしで10-11着と大惨敗、適性なかったのね。
 2-9-6番人気の決着か。なんつーか、人気の盲点を上手いこと突かれたって感じ。
 やっぱ競馬は良馬場ガチンコでやって欲しいですわ。

 本日:1勝7敗▲11980円/21500円   キッツイなぁ。

 今日の当たり馬券:小倉最終R、シュガーヴァインの馬単。外枠決着と読み通り、前回買い忘れたシュガーヴァインの憂さが晴れた。雨でも切れるし、お母さんのビハインドザマスクに似てきたよなー。この夏のサマースプリントの目玉かも。

 今日の嘆きの馬券:京都9RバイオレットS、必殺の馬単裏。しかしシルクビッグタイムとナンヨーヒルトップにあんだけ差があれば悔しくもない。しかしシルクビッグタイム強いねぇ、だけどこの先どこ行くんでしょ? 3歳ダート路線の番組が薄いな。
 それと10Rの松籟S。ニュービギニングとアグネストレジャーの2頭軸の3連単で勝負したが3着にこれはないやろと真っ先に切った8歳馬のパープルファルコンが力強く伸びて…、唖然。ニュービギ、ようやっと愚弟と言われずにすむ勝利か。オーシャンエイプスと共に4歳古馬路線を代表して欲しいですね。しかしよく伸びたと思われたニュービギですら35秒9の上がり、京都牝特は上がり勝負とはいえ34秒台で上がるとは凄い。それにしても相変わらず小牧Jは訳分からんな。

 っつー訳で今週もボコボコ。いや、明日があるが、いや明日ってレースできるんですかねー。
 繰り返すがアドマイヤスバルで取り返します。

 ううむ、悶絶するわ。痛い痛い痛い痛い痛い。

|

« 東京新聞杯ハズレ馬券解説 | トップページ | 恨岸、いや根岸Sハズレ馬券解説 »

コメント

どうも、コンバンハです。
ギックリ腰は、姿勢がいい人ほどなりやすいと聞いたことがあります…とどうでもいい薀蓄は放っておいて(苦笑)

腰痛に馬券と…ご愁傷様です。とはいえ、私も今日は全滅だったんですけどね。(笑)

ホント、レースは好天の下、良馬場で行われるのがいいです。余計なことを考えなくてもいいですし…

来週は好天でのレースを期待したいですね。

投稿: いちご一恵 | 2008年2月 3日 (日) 22時15分

腰、大丈夫ですかー?僕も今、腰痛の奥さんをマッサージしてましたー(笑)
久々に記事も更新しております。それと岩手のMさんから、コメントいただいていたのですが、しばらくブログを見てなかったのでコメントの返信が遅れました(汗)よろしくお伝えください!
明日は、Wワンダーでガッツリいきたいもんですねー

投稿: nao37 | 2008年2月 3日 (日) 22時20分

いちご一恵さん、おはようごいざいます。
いえ、ワタシは昨日は全滅ではなかったんですけど(笑)。
それに今日獲りますし、ははは。
腰は昨日よりはマシって程度です、今日は何事も為さず過ごしたいと思います。

投稿: 日月 | 2008年2月 4日 (月) 06時49分

nao37さん、マッサージしに来て下さい。
ワイルドワンダーは2着以下でガッツリいただきたいですね、はは。

投稿: 日月 | 2008年2月 4日 (月) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/17943052

この記事へのトラックバック一覧です: 京都牝馬Sハズレ馬券解説:

« 東京新聞杯ハズレ馬券解説 | トップページ | 恨岸、いや根岸Sハズレ馬券解説 »