« 1月の収支(恥) | トップページ | 京都牝馬Sハズレ馬券解説 »

2008年2月 2日 (土)

東京新聞杯ハズレ馬券解説

080202_160701 080202_160801  寒い、寒い、心も懐も寒い、毎回お約束ですが。
 阪神競馬場も真っ白。なーんて、これはシート被せてるだけで、実際はきれいな芝が生えそろってます。早く得意の阪神に帰ってこい! 京都もうええわ(早っ!)。
 ホントの今のこちらの天気は雪が降ってもおかしくないような雲、まだ今のところはちょびっと雨。
 今日の小倉の天気見たら明日は雨か、はたまた雪か、って感じです。

 
Imgp4378  さー、何でこんな結果になっちゃったんでしょ? 東京新聞杯。
 責任の大半はまたもエイシンデピュテイの斜行ですね、パトロール見た限りではハイアーゲームまで弾かれてた、ちょっとええ加減にしなさい。左回りで使うんじゃねー。怒ってます、またかとの思いが強いので言わせてもらった。もやもやしてきたぞ、けったくそ悪いなぁ。
 ひとまず置いといて開幕週でDコースってのは何か意味があるんでしょうか? 内側はグリーンベルトやけど外は使うごとに荒れてくるぞ。
 ま、当然前に行った方が有利でしょう。だけどそんなの騎手も百も承知なので積極的な競馬をするでしょうから実力通りで、実力通りで良いんではないかと。

 ◎カンパニー:追い切りも走ってたし、使って良くなるタイプでもなくいきなりでしょう、狙うのは。東京不得意説も今は昔、実力通りにキッチリ走ってくれるでしょう(しつこいって)。
 ○ローレルゲレイロ:1週前も今週も坂路一番時計やったんじゃない? とにかく絶好調、阪神C観たら良化してるのは明白。今の東京の馬場を味方に前進を。
 ▲エイシンデピュテイ:これもいつものように前目で競馬するので買わないと。実質この3強。
 △カネトシツヨシオー:いつの間にかこの距離で末脚確実になってきよった。金杯から推し量ってもエイシンデピュテイと良い勝負できるし長い直線は魅力。
 ×サイレントプライド:この馬は偽エイシンデピュテイ、しかも本家より弱い、ましてや外枠。来ても3着が良いところ。
 ×ジョリーダンス:末脚勝負ならカンパニーに適わず、遅れての3着が良いところ。

 タマモサポート:近走の成績から手は出しづらいし相手も強い。
 コイウタ:弱い。
 ピンクカメオ:また馬体重増えてた。
 マイケルバローズ:とてもここでは、それに乗れてない武豊。
 リキッドノーツ:どこをどうやったら金杯の1秒差を挽回できるんでしょうか。
 リザーブカード:クラス慣れが必要。
 ハイアーゲーム:フロックは2度もない。
 
 馬券はカンパニーから2強へ、タテ目でローレルゲレイロからエイシンデピュテイへ、馬連で3頭BOX、3連単はカンパニー&ローレルゲレイロ2頭軸で。

 どか遅れはピンカメ、好スタートはローレルゲレイロ、積極的に行った。エイシンデピュテイは先行、サイレントプライドは遅れ気味も次第にポジションアップ、ジョリーダンスとハイアーゲーム(よう考えたらこの2頭が同じレースに出るとはねぇ)は中団、後方はカンパニーとリキッドノーツ。
 3角から何故かアポロノサトリが進出、藤田Jとしてはどっちでも良かったんでしょう、そんなこだわる馬でもないし(でも藤田Jは驚いたようにアポロを見てたよね)。で、直線に入ってあっさり抜け出すローレルゲレイロ、何が追い込んでくるかと見てたがカンパニーはユーイチJの非常に思い切りの悪い競馬で外に出して(ワタシは内を突くものだとばっか思ってました)前が邪魔でなかなか追い出せず。それでも体制が整った時にエイシンデピュテイがこれは多分に他馬の影響ではなくて追い出してからのムチか? に過敏に反応して今回も大いにヨレた。上でも述べたようにハイアーゲームまで被害があったように思う。結果が示してるでしょ、内側で競馬したタマモサポートとハイアーゲームより更に外を回ったリキッドノーツの追い込み、真ん中の馬は居らんし、決定的なんは岩田J。やっちゃったの分かってるからムチも気持ちだけで最後は追ってもない。
 これも競馬だが後味悪い。ま、カンパニーについてはユーイチJの中途半端な乗り方が招いた不幸とも言えるが。
 とにかくこれで晴れて最強の1勝馬の汚名を返上してローレルゲレイロが強い4歳馬のマイル王に君臨する訳だ。最近キングヘイローが活躍してなかったので嬉しいことだけど、何か嬉しさ半減。
 2着に33秒4の最速の上がりで驚きのリキッドノーツ、3着にタマモサポート、4着にそれでも33秒6で上がったカンパニー、5着にそれでも33秒8で上がったハイアーゲームでした。
 やっちゃったエイシンデピュテイは7着、ジョリーダンスは6着、サイレントプライドは8着でした。
 ま、次ですね、次。

 
 本日:0勝8敗▲14000円   言うてる尻からノーホーラ。

 今日の嘆きの馬券:昨日も触れたが京都6Rの新馬戦、ファイトガリバーの仔アグネスファスト。遅い時計での逃げ切りだけど付けた着差は4馬身、果たして桜花賞戦線に食い込んでくるか!? はええけど、アンカツさんよう、連対率4割じゃろ? キッチリ仕事してくれや。
 9Rのつばき賞はファリダット2着付けで勝負もミッキーチアフルが競り落としたところを豪快にシングライクトバードが差し切り、おいおい。
 メインの橿原Sはそのまま買ってたらタテ目的中の所オッズに目が眩みとんでも馬券を(涙)。
 要するに今日も狂った歯車は元には戻らんかったってことか。
 しかし岩田ぁぁぁ、明日も萎縮して乗れよ、ったく。

 
 一向に盛り上がらんクラシック路線だけど、東京の5R新馬戦のレッドシューターはなかなかの勝ちっぷりやったが時計の出る馬場なんで1分48秒5も鵜呑みにはできん。しかしブラックシェルの調教に乗ってる武豊にはありがたい話でしょう。藤沢厩舎やし。んでファリダットはあんなんやし、やはりあの馬はスプリンターでしょう。
 上でも述べたシングライクバードは次走はトライアルでしょうから楽しみな一頭です。牝馬は結構おもしろそうやねんけどねー。
 

 気分を切り替えて明日はがっつり取り返します、アンブロワーズとアドマイヤスバルでね。
 ちなみに今夜はカレー鍋で野菜たっぷりいただきます、冬は鍋ですね。

|

« 1月の収支(恥) | トップページ | 京都牝馬Sハズレ馬券解説 »

コメント

おはようございます。
東京新聞杯は後味悪いレースでしたね。
ローレルゲレイロ、昨日のラッキー勝利でようやく2勝目みたいですが、私は今年も2、3着付けで狙いたいと思います。
昨日も、全馬まともなら最後の直線ゴール前で何かに差されていたのでは…そんな気がします。

今日は、東京は開催中止。
京都はとりあえずやるみたいですね。
京都の1600Mで牝馬限定、現在稍重ですか。アンカツさん頼み!
相手はキストゥヘヴン、アンブロワーズ、ランペイアあたりにお願いできないかと…。

投稿: ポンセ | 2008年2月 3日 (日) 10時26分

はい、カンパニーが差し切ってましたね(笑)。
京都はペリエの乗り替わりがあります。
これでニュービギニング買いですね。
しかしこの天気でどうなることでしょ?
ましてや今日の東京明日に振り替えって無茶な。
アンカツさん、重賞で800勝ってプランもありですかねー。

投稿: 日月 | 2008年2月 3日 (日) 10時56分

やはり、日月さんのカンパニーへのこだわりが感じられまするぅ!
ここ最近のペリエJの来日、存在感あまり感じられないのは、彼を買った馬券がハズレている私だけの気のせいか~。(涙)

投稿: ポンセ | 2008年2月 3日 (日) 12時32分

いえいえ、ルメールは買えますけどペリエは買いにくいですよね。
馬の力で勝ってるって感じっス。
現にペリエが乗らんでも勝ってますしねー。
さー、ぼちぼち出勤します。

投稿: 日月 | 2008年2月 3日 (日) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/17930633

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞杯ハズレ馬券解説:

« 1月の収支(恥) | トップページ | 京都牝馬Sハズレ馬券解説 »