« カドヤ食堂 | トップページ | 京都記念ハズレ&クイーンC当たり馬券解説 »

2008年2月20日 (水)

フェブラリーS追い切り「私見」

 しかし毎日々々、いろんなニュースが駆けめぐるもんです。
 イージス艦は漁船と衝突するという信じられん事故起こすし、相変わらず食の不安は高まるばかり、次世代DVD規格はHD-DVDの東芝が白旗揚げたし。
 島耕作も五洋電気のホワイトナイトやってる場合ではないと思うが如何なもんざんしょ?
 
 ホースニュースが休刊になるって衝撃ニュースが入ってくるかと思えば、今朝にはダイワスカーレットがフェブラリーSはおろかドバイまで回避の報(昨晩は心斎橋で呑んでまして…)。
 ま、ワタシ的には買わないでまた酷い目に遭わされるんだろうか、と思ってたので目の上のたんこぶが取れたくらいなもんなんですけど、しかしドバイとなると話は別、惜しい。
 あれだけバカみたいな頭数が登録してたのに結局メイショウサムソンは回避してスカーレットも回避、こうなるとヴァーミリアンとウオッカの世界制覇(ええ響きや)に期待がかかります。
 有馬記念を勝ってしまったばっかりに中山以外で走れなくなったマツリダゴッホはどうするんでしょうか。無難な所で国外逃避で香港参戦か? サムソンも香港なんて言わんと天皇賞使わないととてつもなく盛り上がらない春天になっちゃうよ。それともスカーレット参戦するか、ならそれはそれでおもしろそうやけど。 

 
 ま、そんなこんなことをつらつらと考えてる内にもうフェブラリーS追い切りです。
 馬場は栗東はそれぞれ、美浦は良、大井も良です。

 【栗東編】
 ・ヴァーミリアン:坂稍重・助・3頭中/52.1-13.6 相変わらず走らん馬や。一頭にはちぎられて一頭は先着、それ以上でも以下でもない。
 ・ヴィクトリー:DW稍重・助・併外/必死のパッチで追っても併走馬に全く追いつかん、ダメだこりゃ。
 ・クワイエットデイ:CW重・角田J・単/82.6-12.7 歳も歳やしここで走らんでもいいんでしょ。本番内枠当たるかだけ。
 ・デアリングハート:B稍重・千田J・単/80.2-11.5 これは軽快で抜群な動き、地方の重いダートでは力負けしたが。中央の砂に対応出来たらかなりおもしろい存在。よく考えたら府中のマイル戦はベストの条件なんよねー、芝やったら。
 ・ブルーコンコルド:DW稍重・幸J・単/E-53.5-11.8 坂じゃなくてDWか。ここんとこレースになってなかったが気持ちは乗ってる、良い動き。今ならマイルでしょ。このレースで終わったかどうか分かる。
 ・メイショウトウコン:坂稍重・助・単/54.2-13.4 この馬もヴァーミリアン同様追い切り云々言うのはナンセンス。だけどだいぶ走るようになった。
 ・メイショウバトラー:坂稍重・難波J・単/51.0-13.2 軽く流しただけ、疲れ取って臨んで下さい。でもこないだの根岸Sよりは展開利はあるよ、特に内枠引いたら尚更。
 ・ノボトゥルー:坂稍重・助・単/53.2-13.4 まさかこの馬が出ることになるとは。
 ・リミットレスビッド:坂稍重・助・単/53.8-12.6 えらく集中してない走り、終いだけ。
 ・ロングプライド:B稍重・ペリエJ・単/85.9-11.5 ラストきれいなフォームで走ってたな。マイル戦が適ってると思うしスタート決まれば一発あっておかしくない。それほどよく見えた。
 
 【美浦編】 たった2頭ですかぁ、地方馬3頭やのに…。
 ・ドラゴンファイヤー:南P・助・3頭外/63.7-12.5 大外から一瞬で2頭抜き、あの瞬発力がこの馬の力ですよ。これも2100mよりゃマイルのが良い。
 ・ワイルドワンダー:坂・調教師・単/51.5-12.3 全く馬ナリで好時計。この馬の前に行こうとする推進力はたいしたもんや。
 
 【地方馬】
 ・ビッググラス:大井ダ・助・フジノと併せ外/併せた相手が悪いがこの馬は動きが重すぎ。
 ・フジノウェーブ:大井ダ・天野J・ビッグの併内/何もかもビッググラスより上。ラストもいい伸び、3着で買いたい。

 【結論】
 やはりG1、好調馬が多くて目移りする。ホントに走る馬は今回は調教では走らんしねぇ。
 ①デアリングハート:動きだけならこれが一番、かなり抜けてます。第二のトゥザビクトリーになれるか! あ、馬券は自己責任でお願いします(笑)。
 ②ドラゴンファイヤー:一瞬の切れ味はG1級、今度は走れるけど騎手誰?
 ③ワイルドワンダー:前走の疲れは無さそう、常に全力で走るのがこの馬のいいところ。力あるもん、やっぱ。1600mならJCダートの1-2着馬を逆転するシーンがあってもおかしくない。
 ④ブルーコンコルド:DWってのが目を惹いた。ここ数戦はちぐはぐやったけど、マイル戦ならこの馬のマクリがあっても良い。まだ終わってないと思いたい。
 ⑤ロングプライド:状態は前走から引き続き良い。ペリエがどう乗るか、マジックのタネと仕掛けはあるか。

 【京都記念】 おまけ
 ・ウオッカ:坂稍重・四位J・単/51.6-25.2-E 良く言えばリラックスして走ってる、悪く言えば迫力がない。余裕があるのか叩き台なのか見極めづらい。
 ・フサイチホウオー:坂稍重・鮫島J・併内/51.6-13.3 相変わらずのっそりした重い動き。鮫島Jの練習用に成り下がったこの馬誰が買うの?
 ・アドマイヤフジ:坂稍重・助・単/51.8-12.5 おおっ!!! まるで馬が変わったかのような見事な登坂。この日一番の坂路の動きの良さ。ウオッカにディープ世代が立ちはだかるか、ライバル現る。
 ・アドマイヤオーラ:DW稍重・助・3頭中/86.0-11.8 いつものラストだけ。気合い入れたら低いフォームで加速、完全復調。スカーレットとの比較からもウオッカに負けれん一頭です。

 【結論】
 ①アドマイヤフジ:スキ無し、盤石の態勢。今回も早めの競馬で末脚伸ばすか、なら馬場の悪い外から来る追い込みは届かん、勝ったかな。
 ②アドマイヤオーラ:フジは前から行けるがオーラは大外ぶん回し? そんなレースやったら勝てないよ。
 ③ウオッカ:有馬記念の疲れが抜けてるのか、それに尽きる。当日のパドックは要注意です。

 フィールドルージュは明日? ドリパスは昨日追い切ってたんでしょ? ドリパスは過去の栄光、復活はないと見た。京都記念は素直に強い馬が勝つってことで。

 フェブラリーS、追い切り上位5頭上げたけど、ここにヴァーミリアンにフィールドルージュが入ってメイショウトウコンも当然圏内、スカーレットは居らんが、居ってもどうもならんかった可能性も高い。それくらいにレベルの高いレースの予感。
 これをもしもヴァーミリアンが圧勝したらドバイでも勝てるでしょう。
 かなりハイレベルなG1になりそう、本命馬はまだ決まってないけど何とか当てたいですね。

 では智恵熱出るくらいに考えてみます。

|

« カドヤ食堂 | トップページ | 京都記念ハズレ&クイーンC当たり馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/40198761

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS追い切り「私見」:

« カドヤ食堂 | トップページ | 京都記念ハズレ&クイーンC当たり馬券解説 »