« 愛知杯当たり馬券解説 | トップページ | S.I.C匠魂 VOL.9 »

2007年12月16日 (日)

阪神カップ&フェアリーSハズレ馬券解説

1216  せっかく天気も良くて競馬日和だったんですけどタコ殴りにされてしまった、死ぬか…。
 いや、その前にあいつだけは殺っとかないかんなぁ。

 はい、北摂特別に2着に来やがった北村ですね。
 ワタシは大概寛容な人間だと思うんですけど、こいつだけには久しぶりに殺意を抱いた。
 余計なことしやがって、北村のくせに。
 マルカフェニックスからワンダークラフティで7830円×500円がパー、こいつコロス!
 人間ってここまで人を憎めるもんなんですね、発見。
 そしてよりいっそう嫌いになりました。ってかこれからも好きになることはないでしょう。

 
222 1216g2 G2 G2_2  さ、とっとと酒呑みたいのでスーパーG2阪神カップです。
 昨日は前残りっぽかったけど4Rの未勝利戦で1番のエルグランオンブレって馬が外から飛んできた。かと思えば10RのオリオンSではダブルティンパニーの逃げ切り、馬場については考えずにガチンコ勝負でいいでしょう。

 ◎エイシンドーバー:追い切りの動きはこれとスズカとリシャール。展開もスズカより前で競馬できるので紛れは少ないでしょう。一叩きされてUP確実。
 ○スズカフェニックス:マイルCSは復調途上、状態ムチャクチャ良いんじゃない? ただ外枠と後方から競馬しすぎた時に届かずがあるか。
 ▲フサイチリシャール:鮫島Jはまだまだ。だけど今回は1400mやし前のめりで行けば何とかなるかも。
 △ドラゴンウェルズ:この辺の印が妥当でしょう。
 △ペールギュント:また馬体重増えてら、買うんじゃなかった。
 ×スピニングノアール:持ち時計No.1。
 ×アグネスラズベリ:馬体もふっくら、1200mより1400m。
 ×プリサイスマシーン:490kgってねぇ、それに流石に8歳のこの時期では…。
 ×トウショウカレッジ:実は追っかけてたりなんかする。

 エイシンドーバーから印上位へ馬単、スズカとの押さえの馬連に3連単ではスズカとの2頭軸でフォーメ。

 逃げたのはローレルゲレイロ、その手があったか、1400mってひょっとして条件メチャええんちゃうの。続いてプリサイスマシーンも好発でマイネルシーガルも続き、エイシンドーバーは先行集団のケツ、並んでフサイチリシャール。ここで意外なポジションがスズカフェニックスの中団、良いとこ取ったなぁ、やばっ。
 直線に入って突き放すローレルゲレイロ、ここで差してくるはずのエイシンドーバーだがワタシの見た所プリサイスマシーンとマイネルシーガルの間を捌けなかったのが効いた、ようやく割ってエンジン掛かった時にはスズカのエンジンは全開、今回に限っては馬場の内外が明暗を分けた形か。
 スズカフェニックスはいつもより前目に展開することで内回りを克服、やっぱ強いよなぁ。
 驚いたのはスズカより後ろから猛チャージして3着に食い込んだブルーメンブラット、スズカが34秒1で2着のジョリーダンスが34秒2、この馬が34秒0、驚いた、差しに回ってもイケるんや。
 で、逃げたローレルゲレイロとエイシンドーバーが4着を分け合った。
 しかし悔しいレースでした。
 
 スズカフェニックスは来年も短距離路線でエイシンドーバーとバッティングする訳ね。実力はそんなに差はないと思うので良い戦い見せて欲しいもんです。
 ローレルゲレイロも十分戦えることが分かったのでこりゃ来年は楽しみ、上記2頭は来年6歳やもんなぁ。
 方や本当は担っていかないかんはずのフサイチリシャールとドラゴンウェルズの凡走。リシャールはユーイチJじゃないと走らんね、それにしても12着が指定席かのよう。
 来年も古豪がのさばる訳ですね、しゃーないな。
 武豊は全然乗れてなかったんで今日はあかんかと思ってたが決める時は決める、流石ですね。
 しかしジョリーダンスにブルーメンブラットと牝馬2頭に来られては3連単も不発、完敗な阪神カップでした。

 
221  もう一つの重賞、どこにも繋がらないファンタジーS。
 レースが始まってソッコー終わったのでスルーしたい所。
 ◎ビーチアイドル:絞れてきたのは好材料、フェニックス賞の走りを見たらここでは楽勝。
 ○マイネレーツェル:馬体は増えて欲しいが走れるでしょう。
 ▲スワンキーポーチ:新馬戦の勝ち方が圧巻。
 △エーソングフォー:追い切り見た?
 △サマーエタニティ:ここ2走、負けた相手がエーシンフォワードとギンゲイ、走っても良いんじゃない?
 ×メイビリーヴ:ヨシトミで1番人気、危ない危ない。3着で。
 
 ビーチアイドルから馬単と3連単はビーチアイドル1着固定、だって負けるはずないんですから。

 出遅れた訳ではないが行き脚付かず気付いたらぽつんと離された最後方のビーチアイドル、終わり。
 勝ったルルパンブルーにはちょっと驚かされたけど一発屋には相応しい結果か。あ、これで二発目か、この先どうなるやら。

 しかしワタシが愛聴してる「みんなの競馬」の解説の競馬ブックの川田さんが最近ずっとデムーロはスタートさえ上手くなればもっと勝てるのに、と盛んに仰ってるがワタシも全く同意見。今日はやってくれました、開始早々終わりやもんなぁ、たまらん。
 ま、所詮はファンタジーSなのでどうでもいいです。

 
 本日:0勝7敗▲19000円   コロス。

 今日の嘆きの馬券:またやっちゃいました、買い間違い。阪神最終R、ダントツ一番人気のオネストジョンを負かす馬券を買おうとフォルテピアノとヘイローフジとタマモグレアーから買ったつもりが肝心のヘイローフジからオネストジョンが何故かヘイローフジからフォルテピアノになってた、2760円×500円パー、とことんやなぁ。

 
 今日の期待の新馬戦、ディープの甥アインラクスですが岩田Jの大逃げに遭い届かずの2着、次走は確勝もこの程度か。もう一頭の甥ブラックパンサーは出走すらしてないし…。
 どこまで盛り上がらん2歳牡馬クラシック路線になるんでしょうか、吐きそうです。
 ラジオNIKKEI杯がこの程度の3流メンバーでやられんのも初めてちゃう?
 年明けでもまだ間に合います、出てこい大物!

 とにかく来週は中央競馬最終週、買い間違いだけは避けたいと思います、確認々々、チェックチェック。

 自戒の念を込めてビールは止めて発泡酒にしました、初めてや、こんな屈辱。
 全てをインティライミで取り返したいと思います。ユーイチJ頼んます。
 

 

|

« 愛知杯当たり馬券解説 | トップページ | S.I.C匠魂 VOL.9 »

コメント

こんばんはー。今、記事を書いたあと、見させていただいております、殺したいのは、北村Jでしたか(笑)少し、読みが外れました。
しかし、Eドーバー、惜しかったですね~ まともなら、押し切っていた内容でしたね。。。
しかし、熟女対決は、いただきました(^^vなんともレベルの低い話ですが・・・
それと、岩手のMさんから、りんごを送っていただきました。宜しくお伝えください!

投稿: nao37 | 2007年12月16日 (日) 19時42分

いやー、ここんとこの流れは大スポの星占いが原因かと。
ギャンブル運、もちょっとええこと書けや、ったく。
んなこたぁどーでも良いんです、有馬記念獲ったモンが全てですから。
絶対獲ります、JCの分を走ってくれい。
まずは引き締まったおもしろいレースを、ですけどねー。

投稿: 日月 | 2007年12月16日 (日) 20時02分

日月さん、どうもコンバンハです^^

>自戒の念を込めてビールは止めて発泡酒
スゴイ執念ですね…私はビールをかっくらっております。(苦笑)
私は、呑んで今日のことは忘れようと思います。(笑)

その執念、実らせたいですね。お互い「いい年だった」と言えるよう、なんとしても当てたいですね!!

投稿: いちご一恵 | 2007年12月16日 (日) 20時32分

いちご一恵さん、どうもー。
今は「BUZZER BEATER」観てすっかり競馬のことは忘れてます。しかしヒデヨシの声が違う! 違和感ありすぎ。
余談はさておき、久しぶりに呑みましたけど発泡酒、キンキンに冷やして呑んだら分かりませんね、だからといって続けて呑む気にはなりませんけど。
有馬記念、必ず絶対どないしても獲ります!
超ポジティヴシンキングで望みます。
あぁ、両手でガッツポーズをしてる自分が見えるようです(ポジティヴしすぎやっつーの・笑)。

投稿: 日月 | 2007年12月16日 (日) 20時40分

日月さんこんばんは。
エイシンドーバーは最後の直線で前が空かずにもがいてましたね。しかし他のライバル馬と違う場所で競馬するときの豊Jは絶妙だぁ~。
降参!
残すはラジオNIKKEI杯と有馬記念。
今年も残された時間は少なくなりましたが、子の他にも川崎、園田、大井の重賞もありますんで何とか巻き返しませう!!

投稿: ポンセ | 2007年12月16日 (日) 21時56分

いえいえ、中山大障害もありますんでまだまだこれからですよ!
最後まであがき続けるつもりです。
で、年明けたら金杯から、エンドレスですね、ははは。

投稿: 日月 | 2007年12月17日 (月) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/17384438

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神カップ&フェアリーSハズレ馬券解説:

« 愛知杯当たり馬券解説 | トップページ | S.I.C匠魂 VOL.9 »