« 有馬記念追い切り「私見」+当たり馬券妄想解説 | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »

2007年12月22日 (土)

中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳Sハズレ馬券解説

196  なんつーかテンションの上がらぬまま競馬場に向かってしまった、このクリスマスの飾りも虚しい。
 この冷たい雨と盛り上がらぬメンツでサッパリやる気なし。
 しかし明日の有馬記念には気分を切り換えて望みたい、と思う。
 今日は全然手抜きですから流し読みして下さい、情熱全くなし。

 
200  まずはジャンプのG1の中山大障害。
 ◎テイエムドラゴン:前走圧巻やん、馬体も絞れてるし。
 ○マルカラスカル:この馬の-18kgは究極に絞れてきたんでしょうか?
 ▲メルシーエイタイム:前走の一叩きが芝で3着、マルカラスカルとは対照的。
 △ブラックコンドル:障害では安定。
 △キングジョイ:こっちはちゃんとジャンプレースを一叩き。高田Jがんばれ。
 ×マイネルオーパー:重賞実績あり。
 ×:ノボライトニング:同じく。
 ×ミヤビペルセウス:激変あるか。
 ×メジロハスラー:勢いで。

 一昨年と去年の覇者のガチンコ、テイエムドラゴンからと3連単は2頭軸、3着荒れてくれ。

 ハイヤーザヘブンが結構なペースで逃げて良いレース。マルカラスカルにメルシーエイタイムにテイエムドラゴンら有力所が先行集団形成、一番最初に脱落したのがテイエムドラゴン、お~~~い。
 マルカラスカルは最後飛越が不味かったんか? 最後直線でエラいふらついてたような。
 そこをメルシーエイタイムが突いて抜け出して最後の最後に高田Jのキングジョイがマルカラスカルを差し切った。
 この3頭からメッチャ離されて4着にテイエムドラゴン、やはり噂されてた反動か。ま、中山GJでカラジに勝ってくれりゃいいわ。
 ジャンプレースは難しー。

 
216 1222nikkei2sg3 Nikkei2sg3 Nikkei2sg3_2  盛り上がらぬまま来てしまったラジのNIKKEI杯2歳S。
 阪神の馬場はこの雨もあって一気に悪くなったが、重いので前に行った方が有利か。
 ◎フローテーション:強いんかハッキリせんがここで見極める。萩Sで稍重もこなしてる。
 ○ダノンイサオ:京都2歳Sは勝ってた内容。
 ▲マイネルファルケ:前に行って粘れ、ケンイチJ!
 △サダムイダテン:寸の詰まった体型、マイラーやろ。
 ×サブジェクト:前走は悲惨な追い切りやったけど今回は一変。しかしここに出てきてるメンツに完敗してるからなぁ。

 フローテーションから馬単と3連単はダノンイサオとの2頭軸フォーメ。

 ハナ切ったのはイイデケンシンの藤田J、やられた。マイネルファルケが続き、サブジェクトは好位獲った、やばっ。本来ならフローテーションがその位置に居なけりゃいかんかったのに。
 ダノンイサオは中団でフローテーションの前、サダムイダテンは最後方。
 直線で抜け出すマイネルファルケ、しかしイサオかフローテーションが来なけりゃあかんやん。ところが伸びてきたのはサブジェクト、一番人気のサダムイダテンが大外最後方一気で何とか2着に浮上、3着は新馬戦ダート勝ちでここに挑んだメイショウクオリア(ガンダムエクシアみたいや)。
 サダムイダテンはあの馬場で34秒7で上がったが何せ勝ち時計が2分7秒0っていうお粗末さ、だからマイラーと思えるサダムが来れたかと思うがどっちにしろどこにも繋がらさそうなラジオNIKKEI杯でした。

 本日:0勝4敗▲13000円   しけてるよなぁ。

 ホンマ盛り上がってないので明日の有馬記念大丈夫かいなぁ?
 酒呑んで無理矢理テンション上げようと思います。
 

|

« 有馬記念追い切り「私見」+当たり馬券妄想解説 | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »

コメント

日月さんこんばんは。
やはり馬場は良くなさそうですね、こちら関東は雨が降り続いています。
やはり前々で競馬する馬からいこうと思います。
DスカーレットのアンカツJはやはりいくんでしょう。まあ、最後まで持つかどうかはレースの展開やペースにもよりますが、未経験の距離だしやってみなきゃわからないってとこでしょうか…。
ただ、ファインモーションもそうだったように初の古馬戦では過酷では…。

で、Mサムソン、Dメジャー、デルタブルースあたりのGⅠ級の先行馬があっさりかな~と。
複勝圏に僅かな食い込みの余地を期待して、マツリダ、ポップロック、ロックドゥカンブ、チョウサン、そして骨折前の阪神大賞典のような先行できたらってことでドリパスを。

追い込んでウオッカが勝ったら完敗!
酒屋でウオッカ買ってきて乾杯でもしますわ。

投稿: ポンセ | 2007年12月23日 (日) 00時55分

ポンセさん、おはようございます。
そっスか、やっぱ降ってますか。
じゃあ、ますますインティライミで行けそうですね、勝ったな。
妄想馬券通りに買おうっと、ぐふふ。

投稿: 日月 | 2007年12月23日 (日) 08時03分

日月さんこんばんは。
私も今日のレースはコスモバルクがガツガツ追走しなかったことで、両ダイワに残られたレースだなぁと思いました。
3歳牝馬という理由だけでスカーレットを切ったものの、今思えば今年GⅠを3勝変則3冠の先行馬。サムソン買わずに素直にこいつを買えばよかったなぁ…と言っても正に後のマツリダ!
マツリダからのワイドでダイワ兄妹がひっかかったもののぱっとしない幕切れ。

日月さんは今週の地方遠征にて延長戦に突入といったところでしょうか…?

投稿: ポンセ | 2007年12月23日 (日) 23時36分

ポンセさん、有馬記念的中おめでとうございます。
ホントどこまでサービスするんでしょうかねー、バカ二人は。
もちろん今年の最後の最後まであがき続けますよー。
とりあえず今日の名古屋GPで!

投稿: 日月 | 2007年12月24日 (月) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/17445580

この記事へのトラックバック一覧です: 中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳Sハズレ馬券解説:

« 有馬記念追い切り「私見」+当たり馬券妄想解説 | トップページ | 有馬記念ハズレ馬券解説 »