« 東京スポーツ杯2歳Sハズレ馬券解説 | トップページ | 兵庫ジュニアグランプリ当たり馬券解説 »

2007年11月18日 (日)

マイルCSハズレ馬券解説

 おおっ、ようやっと寒くなった。木枯らし一番が吹いたとか、昨日からMA-1着てるしいよいよ冬っぽくなってきた。
バイクのグローブも指出しの夏用から冬用に替えねばならん、凍えてキーボードが巧く叩けん。
 それよかまずは扇風機片すことから始めねば。3連休でホットカーペットも出して冬支度せにゃならんな。

037 415g2 930s  では秋のマイル王決定戦、マイルCSです。
 今日の京都は小牧Jが逃げきって勝ったりしてたけどあれは未勝利戦、やっぱ内は荒れてるので差しでしょう。
 ◎カンパニー:今日は勝ってたら大きい声で秋天勝ってたんはこの馬なんじゃ!って言うつもりでしたが…。追い切り具合ももワタシは良いと思ったし、一昨年の京阪杯みたいなレースをしてくれたら突き抜けるでしょう。ダイワメジャーを捕らえるには馬体を併せない暴力的な末脚、サイドワインダーが差し切った関屋記念、あんなレースを再現出来るのはこの馬、勝つイメージしかない。
 ○ダイワメジャー:中間一頓挫あったとかなかったとかそんなのどーでもいい。追い切りの素軽い動き、あれで十分でしょ。ローエングリンが行きそうなのでそれを見てレースされて番手で追走してダイワスカーレットのような競馬を…されたら負けるやん!
 ▲アグネスアーク:ちょっと使いすぎな気がせんでもない。上り目は薄いが鞍上が藤田Jに強化。
 △スズカフェニックス:武豊のコメントもイマイチ歯切れが悪いが1週前も良い時計出てたようやし問題ないんじゃないんでしょうか。この馬も暴力的な末脚に当てはまる馬。
 △エイシンドーバー:安田記念の本命馬、好位取れたら来てもおかしくない、スズカフェニックスと互角。
 △ローレルゲレイロ:青鹿は何でこんなに良く見えるんでしょうか、来年やと言っておきながら今年買ってしまった。
 
 コイウタ:参加することに意義がある。
 キングストレイル:トウショウギアに乗る為にカッチー、これ降りた訳じゃないよね。藤沢センセお怒りやったってホンマ? ま、岩田Jに乗り替わっても無理、G1馬じゃないよ。
 マイネルシーガル:当初の穴候補も馬体重+10で止め。休み明けから24kg増えてる計算、要らん。
 ローエングリン:ハナ切って見せ場作って無事帰ってくることが勤め。
 フサイチリシャール:この馬はユーイチJじゃないと走りません。ペリエJはどうにもメイショウボーラーの朝日杯での暴走のイメージがあるから逃げ・先行馬は買いにくい。
 スーパーホーネット:この馬も休養前から20kg増えた計算、それにスワンS組は評価してないし藤岡Jも顔じゃない。
 トウショウカレッジ:でかっ!
 ピンクカメオ:ちょっと来るイメージが湧かん。
 ジョリーダンス:小林薫大好きです。
 ピカレスクコート:14kg増。
 ベクラックス:持ち時計はあるが常識的に買えんでしょ。
 サンバレンティン:サクラメガワンダー出た方がおもしろかった。

 カンパニーから馬単流し、上位3頭の馬連BOX、ダイワメジャーが残るならローレルゲレイロがぴったりマークしてオースミダイドウを交わしたようなレースが出来んかとローレルからダイワの馬単(戦略的馬券ですねー)、3連単は3頭軸のフォーメーション。

 好スタート決めたのはダイワメジャーも次第にローエングリンが出てきてすんなり退いた、2番手でフサイチリシャール、ローレルゲレイロも思った通りのポジション。しかしカンパニー、スタートは決めたが行き脚全くつかず30mくらいであっという間に置いて行かれた、やば。アグネスアークは中団のケツ、スズカフェニックスはその後ろ。
 坂の上での位置取りはもはや前とは決定的な差の後方3頭、特にカンパニーは隣に馬が居て外にも出せない、終わった。
 3角から4角で先頭に出るフサイチリシャール&ペリエ、そんなに長い脚使えないってば。
 ダイワメジャーが満を持して追い出しあっさり先頭を奪う、この時カンパニーはトウショウカレッジが内に入ってきたもんやから内に行かざるを得なかった。一瞬もの凄いキレを見せたけどダイワメジャーに追いつくまでで精一杯、ダイワメジャーは当然何の不利もなく突き進み、好位からレースを進めたスーパーホーネットが追いすがるがこの形になったら負けぬダイワメジャーが抑えてマイルCS連覇達成。外から一気に追い込んできたスズカフェニックスとアグネスアークであったがこの2頭とも道中の位置取りが悪すぎ、勝負に関係ない3着・4着で、馬場の悪い所を通った形になったカンパニーは5着、自業自得ですね。
 スズカフェニックスは最後ヨレたけど、これってアグネスアークの歩様がおかしくなって藤田Jが12R乗り替わったことと関係あるんかな? ちょっと分からんが無事で居てもらいたいですね。
 それにしてもアンカツJ、いやダイワ兄妹か、嫌なレースをする。やっぱ衰えはなかったって事、ちょっと危機説を煽りすぎたきらいはあるが終わってみれば1番人気での完勝やから馬券買う人はよく分かってるって事か。
 それにしてもダイワ兄妹にはとことんやられた一連のレースでした。

 
 本日:2勝6敗▲7730円/22000円   あかんなー。

 今日の当たり馬券:1RのユーイチJ&ダンジグマスターの馬単、それと最終のペリエ&ゼンノパルテノンの馬単、馬がやけに良く見えたので(岩田J、よく2着に上がってくれた、岩田Jから買うとあかんがこういう買い方するとよく来てくれるヤツ、彼の生かし方が分かった)。
 

 しかし今日もユーイチJは馬柱を見ただけで5勝は固いと思って買ったがどうも上手くいかん。1R的中も岩田Jが2着でオッズがショボいし4Rのユキノハボタンは武豊に差されちゃうし、5Rのエーシンドゥベターは馬単裏炸裂。6Rのゴールデンガッツはマサヤマトなんて訳分からん馬連れて来ちゃうし、10Rの古都Sではこれまた位置取り悪く届かんし。このレースでカンパニーの試走をしてんのかと思いきやあの様やもん、たまらんわー。
 けどゴールデンガッツ、なかなか良いガッツしてたな。勝ちタイムも上がりの時計も全然たいしたことないけど差されそうになった所をハナ差残したガッツが気に入った(あ、今、競争成績見てたらマサヤマトって2番人気やったんや、訳分からんことはなかったのね、すんません)。
 ラジオたんぱ杯に出てくるようなことがあれば応援しちゃおう。

 次回は3日開催か、お腹一杯やっちゅーねん。
 一応、JCダートはメイショウトウコンにドラゴンファイヤーにスチューデントカウンシル、JCはインティライミとディラントーマスの予定。
 どうぞ遠慮なく乗って下さい(笑)。

 今夜からは湯割りにしようっと。
 
  

|

« 東京スポーツ杯2歳Sハズレ馬券解説 | トップページ | 兵庫ジュニアグランプリ当たり馬券解説 »

コメント

こんばんは!お互い残念でした・・・Aアーク4着・・・しかしカンパニーとは、完全決着がついたと思っております(笑)来週は、仲良くDファイヤーを応援しましょう!!

投稿: nao37 | 2007年11月18日 (日) 20時25分

ぐぐぐ、アグネスアーク様には完敗でございました。アグネスアークは昇り馬の4歳馬、カンパニーは分岐点の6歳馬、逆らって申し訳ございませんでした、ははは。
いやー、来年もカンパニーは現役だそうですので近い内に逆転して見せますよ(しつこいですね)。
JCダート、かなり楽しみです。
ヴァーミリアンにあっさり勝たれたら泣きますけど。

投稿: 日月 | 2007年11月18日 (日) 20時48分

日月さん、どうもコンバンハです^^
お互いシンドイ結果になりましたね~。しかし、あそこまで内を通っては…仕方ないですね。>カンパニー

仕切りなおして、いよいよJCウィークですね。

その年の凱旋門賞馬が出走するのも随分と久しぶりな気がしますね。(バゴは「その前の年」でしたし…)

インフルの影響でどうなるかと思いましたが、思いのほか見所がいっぱいですね。楽しみになってきました。

投稿: いちご一恵 | 2007年11月18日 (日) 20時53分

JCのドタキャンはいつものことですのでディラントーマスは冷や冷やしてましたけど、日本へ到着したらこっちのもの(どっちのものや?)。
しかしインフル騒動もぶり返しましたので予断を許さぬJCシリーズです。
カンパニーは終わったことですので忘れてしまいましたが(ホンマかいな)、JCは当てますよ、インティライミで。
今となっては天皇賞回避が正解に思えてなりません。

投稿: 日月 | 2007年11月18日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/17110546

この記事へのトラックバック一覧です: マイルCSハズレ馬券解説:

« 東京スポーツ杯2歳Sハズレ馬券解説 | トップページ | 兵庫ジュニアグランプリ当たり馬券解説 »