« 韓国紀行その3~掛陵・大陵苑・瞻星台~最終回 | トップページ | 南部杯ガミリ馬券解説 »

2007年10月 7日 (日)

京都大賞典当たり&毎日王冠ハズレ馬券解説

 昨日は競馬で負けすぎたんで夜逃げした訳でもなんでもなくて、本当は火曜も有給取って南部杯に行くつもりだったんですけどその有給が個人的事情から取れなくなって、んじゃその南部杯資金を讃岐うどん日帰りにと転化してしまっただけです。
 帰って来たのは「ガンダムOO」を観たかったので早めに帰って来たがいかんせんフェリーでの高松の到着時間が4時半、2時間くらいしか寝れなかったのでお腹一杯も相まって更新する気も起こらずとっとと寝てしまったんである。
 
 ちなみに昨日の成績:1勝5敗▲6450円/9000円   でした。
 当たり馬券:京都9Rりんどう賞のエイムアットビップの馬単、堅い決着で妙味全くナシ。

 ってな具合で昨日の競馬はWINS高松にも寄る時間がなかったので全く観てません、ラジオで聴いただけ。
 だから今日は馬場の状態を見極めようと眼を血のように、いや間違えた、皿のようにして見た(これワタシが昔に考えたギャグなんですけどイマイチですね)。
 東京より京都の方が若干差しが決まってるような気がした。ならば素直に実力で予想すればいいんじゃないかと。

038 98ccg3 416  京都大賞典。
 しかしメンバーが揃わんねぇ、インフル騒動も関係あんのかないのか。それとも短距離界だけじゃなくて長距離界も手薄ってか。
 
 ◎インティライミ:どう考えても勝つのはこの馬かポップロックしかないでしょう。第一パドックで抜けて良く見えた、2頭とも。以前から調教だけはG1級だったけど、前回の朝日CCの勝利騎手インタビューでの哲Jの発言ではないが、宝塚記念からかなり良くなってたと思う。結果として証明されたのがその朝日CC。先行脚質からの転換、前走の33秒3はフロックではない。相手が弱かったとか言うがその代わりに圧勝してる、とにかくこの馬とポップ以外に勝つ馬は居ない。
 ○ポップロック:今更説明せんでいい、有馬記念2着にして宝塚記念3着、そんな馬が無様な競馬するはずがない。インティとの差は一度使ったか使ってないかだけ。ちなみに画像は去年の4月の白鷺特別の物、古っ! しかしこれから考えると一気にトップクラスに駆け上がったよなぁ。
 ▲アルナスライン:上記2頭の次に良く見えた馬。ベッラレイアに勝ったのはダテじゃない。
 ×ダンスアジョイ:パドックでの穴ははこれでしょう。1000万からいきなりでどうかとは思ったが3着なら。
 ×トウショウナイト:も一つシャッキリせんが実績から3着はあっても。
 ×ハイアーゲーム:17ヶ月半の休み明けからの復帰、陣営に敬意を表して。

 デルタブルース:これは太い、一度叩かないとダメ。
 ファストタテヤマ:この馬を結構評価してる人が多かったと思うが一体何考えてるんでしょうか。こんなメンツでも3着すらない。

 馬券は妙味は薄いがインティからポップへ本線とインティからアルナス、3連単は2頭軸フォーメ。どっちにしても大当たりは見込めないレース。しかしお金賭けないとスリルもへったくれもない。

 逃げ馬不在で何が行くかと思ったがデルタブルースが行った、しかもスローで。ワタシはこの時、ヤバっ! と思いました。どスローで行かれて坂下でもまだ仕掛けなかったら最後直線で残ってしまうこともあるんじゃないかと。
 トウショウナイトが続いて1000m61秒、やっぱヤバイ。だけど坂上でポップロックがえらく手応え良さげやったのとインティライミが低いフォームでいつでも行くぞ、ってな雰囲気出してたんで大丈夫かと思い直した。
 4角入り口で追い出すデルタブルース、しかし一瞬にして四位Jがポップを最内に持ってった、一気に先頭に躍り出る。ポップをマークして直線に入ったインティはポップに内に入られた時に外からアルナスラインに先を越されて被されたのでアルナスを行かせてその外を回る、この時の差はとても届くような距離では無かったように感じた。
 しかしエンジンが掛かったインティはラスト50mで矢のような伸びで33秒4を駆使してクビ差捕らえてゴール、これぞカタルシス! 強い馬同士のガチンコ勝負は実に気分が良い、もちろん馬券が当たったからやけども。
 3着にしぶとく伸びたアルナスラインが入って3連単も的中、だけど最後方からインティライミと同じ最速の33秒4で上がったダンスアジョイが来てくれたらもちょっとだけ配当良かったかな、惜しくも4着。デルタブルースは5着、見せ場はあったがさて次は変わるか? 難しいと思うが。ファストタテヤマは6着、よく走ったな、トウショウナイトはインフルの影響か8着にハイアーゲームは9着、ようやった!

 ラジオで聴いたコメントでは佐々晶センセは「これでJCは一番人気でしょう、ふふふ」でした(笑)。
 哲Jは「ディープの2着の頃とは別馬」とのコメント、この末脚を武器にJC期待してるぞ。アドマイヤムーンにもメイショウサムソンにも負けるな!!!(この辺は個人的意見ですので)

 結果:馬単400円×2400円=9600円
     馬連210円×1000円=2100円
      3連単2870円×100円=2870円

037  秋天では京都大賞典よりこっちか、毎日王冠。
 馬場を見る上で参考にしたのは10Rの鷹巣山特別、ワールドハンターが先に抜けた所をダンスフォーウインが追い詰めて差した、問題は外からあわや勝つかと思わせたゲイルスパーキー、この馬が爆発的な破壊力を持ってたら差し切れた、と仮定すると…。
 話はまずダイワメジャーを負かすという発想から成り立ってるので、ダイワメジャーがダンスフォーウインでワールドハンターがコンゴウリキシオー、ゲイルスパーキーはどの馬か。
 
 ◎ブライトトゥモロー:前走の大外一気、あれですよ、ワタシの言う爆発力とは。馬体を並べたらダイワメジャーは強いがならば並べない外から飛んで来たらいい。オペラオーに勝ったジャングルポケットでありアグネスデジタルである。今更言うまでもないが左回りも走る、一叩きしてる分付け入る隙もある。
 ○アグネスアーク:理由は上と同じ。今回も更に馬体重8kg減らしてきた。しかしパドックで見た感じでは細いとは思わなかったのでこの馬の底を見せてない力に期待。
 ▲ダイワメジャー:休み明けで59kg、先行馬が揃って末脚自慢も多い、どんなレースをするやら。
 △エイシンデピュティ:この馬はいつも姑息なレースをする、誰が乗っても出し抜け。今日もそんなレースが出来るか、と思ったが+8kgとそのまんまにちと丸い。
 △コンゴウリキシオー:ストーミーカフェが中館Jを乗せてきたのは誤算、ペースを握られそうな予感大。
 
 ストーミーカフェ:だからこの馬はとっくに終わってるんですってば。
 チョウサン:実はこの馬穴出すんではないかと話してた、でも来ても3着までだろうと、結局買うのを止めた。
 トップガンジョー:まだでしょ。
 カンファーベスト:京成杯とは相手が違う。
 エリモハリアー:よく来て掲示板。

 最初の一歩が速かったのはダイワメジャー、しかし外からビッグプラネット、しかしその中からコンゴウリキシオーが行った。これで落ち着くのかと思いきや、何とか抑えようとしてた中館J&ストーミーカフェだけど抑えきれなかったんでしょう、行かせた。いつの間にか単騎中逃げ(大逃げではない)みたいな形になった、ただし1000mを57秒4の暴走、ダイワメジャーはこれでも少し行きたがってたし、これは展開ハマるかと期待したが後藤J&ブライトトゥモローはダイワメジャーをマークしてるみたい、あかんがな。
 ストーミーカフェが直線で後退して変わって先頭に立ったのがコンゴウリキシオー、だけどあのペースでは前にっては持つはずがなく安田記念の粘りは見られず。
 ブライトは一旦ダイワメジャーを交わすかの勢いであったけど馬体が合う形になりダイワを墜とせず、だからそれじゃダメなんだってば。
 で外からやってきたのは何とチョウサン、長山オーナー嬉しさ爆発じゃない!? ダイワメジャーを並ぶ間もなく交わして突き抜けて1分44秒2のレコード、このレコードにあんまり値打ちがあるとは思えんが、ズバリ展開がハマった。こういう走りをして欲しかったんですよねぇ、後藤Jには。
 2着に更に外から追ったアグネスアークがこれまたダイワメジャーを寸前で交わして2着浮上。3着にダイワメジャーでした。ちなみに4着エリモハリアー、5着にブライトトゥモロー、結構このレース自信あったんやけどなぁ.

 今日はダイワメジャーは3着に負けたけど59kgで休み明けであの展開、次走の天皇賞ではやはりキッチリ巻き返してくるでしょう、困った。
 チョウサンは展開ハマり過ぎと無欲で乗ったことが好結果に繋がったんでしょう、生涯最高のパフォーマンスですね。
 アグネスアークは札幌記念がフロックでないことを証明した、秋天に出られるなら馬体重の若干のプラスと良い乗り役さん、これに尽きる。
 ブライトトゥモローは作戦ミス、だけどやはりG1で戦うには力が足らない、エイシンデピュテイも同じ。
 コンゴウリキシオーは展開が全て。単騎で行けるかどうかだけでしょう。

 要するに秋天の勝ち馬はカンパニーってことです(何のこっちゃ)。

 
 本日:4勝8敗△4690円/21000円   当たったものの堅かった…。

 今日の当たり馬券:京都6Rのゴービハインドの馬単、鉄板のように堅いレースでした。
次は京都8Rのサンライズマックスの馬単。ポップロックもそうだったけど、あの馬群の開いた隙に突っ込んでくってのは馬なんでしょうか、騎手なんでしょうか。ワタシは両頭とも馬の闘争心で突っ込んで行ったように見えた。とにかく菊花賞には間に合わんのだろうけどステイゴールドにダンシングブレーヴ、この先が非常に楽しみな馬です。ヴィクトリーを追い詰めたのはマグレじゃない。勝ちタイム1分58秒9ですからタイム的には京都大賞典より値打ちあると思うが。
 それと京都の最終Rのレゾリューションの馬単、今年の牝馬3歳は何処走らせても強い! それと小牧Jは今日は冴えてたなぁ。

 
 さーて、明日はG1ですよ。実績のブルコンにサンライズバッカスか勢いのワイルドワンダーか、地元勢のサイレントエクセル・テンショウボスは馬券対象になるか、キングスゾーンはどんな走りを見せるか、ジンクライシスは復活出来るのか、見所は多いと思います。
 準はくぼ開催とかでだらだらJRAはやるようですが、番組がショボイのでメインが終わり次第とっとと家に帰って南部杯に心血を注ごうと思います。
 地方の借りは地方で返す! だけどJRAの馬で、ははは。

 3連休っていいなぁ、今から腰据えて呑んじゃおうっと。

  

|

« 韓国紀行その3~掛陵・大陵苑・瞻星台~最終回 | トップページ | 南部杯ガミリ馬券解説 »

コメント

こんばんは~。
勿論呑んでますよ~。

毎日王冠は松岡騎手なので語る事などありゃしません。

京都大賞典はインティライミ強かったですね。
今日の内容なら秋天も好勝負してくれそうですね。自分も期待してます。

それでは。

投稿: ころすけ | 2007年10月 7日 (日) 23時40分

どうも、コンバンハです^^
私も、チョウサンは3着候補だったんですよね~。まさか勝つとは思いませんでしたね。
秋天はサムソン、ムーンの両雄が休み明けなだけに混戦ですね。何から狙ってよいのやら…?

投稿: いちご一恵 | 2007年10月 8日 (月) 00時03分

ころすけさん、おはようございます。
いやー、いつの間に寝てしまったんでしょう?
えー、インティライミはJC直行らしいです。タップと同じ。
秋天でもかなりイケルと思うんですけどね。
しかし松岡Jに対する認識を少し改めた方がいいのかしらんとも思うが、北村のこと考えたら改められる訳もなく、この好き嫌いだけはどうにもなりませんね(笑)。

投稿: 日月 | 2007年10月 8日 (月) 07時17分

いちご一恵さん、だからインティはJCだそうです、どう考えても惜しいですよねぇ。
サムソンもムーンもどうでも良いので(競馬は強い者だけを買うってのじゃずいぶんつまんないギャンブルです)やはりここはカンパニーでしょ(笑)!
しかしチョウサンが勝つとはここまでバッサリやられたら悔しくも何ともなかったです、ははは。

投稿: 日月 | 2007年10月 8日 (月) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16688622

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大賞典当たり&毎日王冠ハズレ馬券解説:

« 韓国紀行その3~掛陵・大陵苑・瞻星台~最終回 | トップページ | 南部杯ガミリ馬券解説 »