« 秋華賞&府中牝馬Sハズレ馬券解説 | トップページ | 菊花賞追い切り「私見」 »

2007年10月16日 (火)

「丸醤屋」東加古川店

 また加古川ネタです。
 
ここんとこトラブル絡みもあってあっちへ行くことが多い。
 
ワタシ的には明石までは近場な感覚なんですけど越えちゃうと遠いんですよねー、実際新快速では明石まであっちゅう間に着くし。
 んで、加古川以西は「かつめし」しかり、食文化が違うんですよ。「姫路おでん」やったり、JR姫路駅ホームでの中華そばはスープが和そばのお出汁やったり(それが名物になってます)、あとこれはワタシは体験したこと無いんですけど明石焼きにソースを付けてからお出汁に浸して食べるとかね、変でしょ(笑)?
 
とかく同じ兵庫県でも文化が違う播州地方ですが(肉天もね、これ先月とある所で初めて食べました)、今回はチェーン店ですが正統派のラーメン屋さんに行って参りました。

018  ここ「丸醤屋」東加古川店さんです。
 場所はR2沿い(ですよね、って誰に言ってる・笑)、東加古川駅徒歩10分、大箱なんですぐ見つけられると思います。
 焼鳥の一大チェーン「とりどーる」系列のラーメン屋さんでとことん自家製にこだわったお店です。確か「とりどーる」は播州が発祥ではなかったっけか?
 日本全国のイオンの中に入ってることが多いそうなので見かけたことや食べたことがある人も多いのでは。

 店に入ると左手でいきなり製麺してます、っても機械打ちなんですけど粉を機械に入れたり、右手では塊が熟成されてたり、伸ばして麺棒に巻き付いてたり。もう1m進むと餃子を手作り、あんを作ってたようですが当然皮も手作り。
 更に進んで突き当たりではチャーシューを煮てる(これって煮豚で焼豚=チャーシューとは言えないんですけどそれは別の話)、その隣ではメンマをガンガン煮て味付け、徹底的に自家製ですので真剣な所がまた魅せますね。

017  
注文したのはこれ、スタンダードな丸醤ラーメン。普通は590円ですが大盛りにしたので+100円、ここは自分好みにカスタマイズ出来るようなので、ワタシは麺固め、ネギ多め、背脂多めにしてもらいました。
 
ラーメンが出てくるまでは切り干し大根の醤油漬け? をバリボリいただいてました。だけどこの漬物、背脂と併せるとぴったりにいい感じなんですよ。
 
味は鶏ガラ豚骨なんでしょうか、白濁醤油スープ。それにしてはあっさりしてるので背脂を足して旨味を出してるんでしょう。
 
麺は細めのストレート、自家製を謳うだけあってイケてます。
 
チャーシューは薄切りですんでチャーシュー好きにはもの足らんかもしれん(そー言う人はチャーシューメン食うわな)が、ワタシはチャーシューよりメンマ派なのでメンマ美味いんやからもっと入れてくれ! でした。

 チェーン店と侮る事なかれ、自家製は伊達じゃない。流石にわざわざ加古川まで食べには行かんが(博多の元祖長浜屋にはわざわざ食べに行くけど)近くに行けばまた食べたい、そんなお店でした。

 いや、美味しかったですよ、マジで。

|

« 秋華賞&府中牝馬Sハズレ馬券解説 | トップページ | 菊花賞追い切り「私見」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16778779

この記事へのトラックバック一覧です: 「丸醤屋」東加古川店:

« 秋華賞&府中牝馬Sハズレ馬券解説 | トップページ | 菊花賞追い切り「私見」 »