« 菊花賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 天皇賞(秋)追い切り「私見」 »

2007年10月22日 (月)

和歌山ラーメン「まる京」&「伊佐美」

 先週の金曜日のネタです。
 木曜辺りは熱っぽく体もだるく(それは今も変わってません)、実際家に帰って熱計ったら7度3分あった。
 まぁ、現在進行中のこの風邪なんですけど、ほんっとにしつこい! 最初は扁桃腺に来て、イソ○ン攻勢でなんとか扁桃腺からの高熱は回避したもののそこから一向に気配が上向かない。
 昨日も同様の微熱で今日は計ってないけどおそらく同じでしょう。
 これが8度超えると休もう、ってな気持ちになるんですけど、ちゅーーーとはんぱな熱なんで休むに休めん。
 で、木曜の晩はお母んが来た、いや悪寒が来た訳です(しょーもねー)。
 しかし後一日行けば休みやし、ってな思いで行って来ました和歌山県は箕島まで。

040 041  ワタシの家からだと結構な時間が掛かるので、いつも昼過ぎに約束してもらってて、ちょい早めに家を出て和歌山市内でラーメン屋さんを回るいつものパターン。
 ですが、見ての通りこの日は大雨、風邪引いてるのにこの天気、もう運気最悪ですね。
 これまではJRで和歌山駅まで行ってぶらくり丁までは市バスで行ってたんですがバス代往復400円以上するのは結構痛い(庶民ですねー、我ながら)。なので前回試しに南海を使ってなんばから和歌山市駅まで行ってそこから歩いてみた。なら山為食堂なんて割とすぐに行ける、んじゃこれからは行きは南海やろ(画像は「鉄人28号」ラピート号ですがこれは関空行きで和歌山には関係在りません)。ぶらくり丁からは市バスでJR和歌山駅に行けば片道分のバス代が浮く(悲しいくらい庶民ですね)。
 
 
1019 600100  一軒目は第一期和歌山ラーメンマイブーム期に行って好きだった「まる京ラーメン」さんです。
 ここは第二期(現在)和歌山ラーメンマイブームになってから何度か行ったんですけどいつも定休日でがっかりさせられてたのでこの日はちゃんと定休日ではないことを確認してから行きました。
 到着時刻は10時55分、開店時間は11時、「行けますかぁ~」と入ると通してくれました(毎度の事ながら…)。
 場所はお城側から行くと京橋を北に川越えて東西の通りを東へ歩いて3分ってとこか。
 ずいぶんきれいな店になっちゃってるけど昔は店の中にかつて引いてた屋台があったはず。んで一番最初に行った時は奥の畳の部屋に通されて食べたんよな、Yくん。憶えてる?
 あれが前にも言ったことがあるが京成杯をオースミブライトが勝ったその日やから99年の1月か、しつこいようやがこの京成杯を獲ったので皐月賞もオースミから買いオペラオーとの馬券をGETした訳です。その後ダービー4着で神戸新聞杯も勝ったが、まさか障害を走ることになるとは思わんかったなぁ。
 その時から比べると隔世の感あり、お店はテーブルもイスも厨房も全部新しくきれいになって昔の面影はかけらもない。
 では味の方は? 頼んだのはネギラーメン(大)600円に早寿司100円。
 早寿司(鯖の押し寿司です)とラーメンを一緒に撮りたかったのでこんな絵柄になってますが普通は早寿司はラーメンが来る前にとっとと食べちゃうもんです。ま、どっちでもいいんでしょうけどね。
 ラーメンは山為さんほど甘く濃くなく、井出さんほど豚骨ではないが醤油が利いてるって感じ。2店に比べるとまだマイルドながら主張がちゃんとあります、そう、硬派な味ですよね。
 麺がこれまた美味い。博多ほど細くはないがストレートな麺は弾力あって食感が非常に好ましい。
 こういうラーメンにはコショウが合いますよねぇ(最近今更ながらこの組み合わせにハマってます)。
 大雨の中来て良かったよ。

042 043  (大)食うときながらせっかくなので一軒で終わらす手はない、どうしょうかと考えてたら「まる京」さんの店内に和歌山ラーメンスタンプラリーの用紙が置いてあった。ピキーンと来たワタシはおもむろに手に取ったのでした、なーんて流石に和歌山まで来てラーメンスタンプラリーなんてやりませんよ。どんなお店があるのかをチェックしたのでした。
 とにかく雨が降ってるので「まる京」さんから近くて行ったことのない良い店ないかと。
 すると11時半から開いてる所で歩いてすぐのお店が載ってた。
 時間がちょっとあったので店出て角のファ○マで立ち読み、雨降ってるもんねー。

Photo 500  で着きました、「伊佐美」さんです。
 この通りは結構広くて住所で言うと雑賀町ですがこの辺もぶらくり丁、って言うんですか?
 お昼前やけどアーケードのテナントがほとんど閉まっててかなり寂しく感じます。
 お店はこの大通りの路地裏にありますんで、ハッキリ言って車では行けないでしょう。歩いてで幟を発見したからこそ辿り着けました。
 ここでも一番客、カウンターと奥にちょっとだけテーブル、ラーメンだけじゃなく中華メニューもある。
 しかし既に一軒食べてるので胃袋に余裕無し(うどんに比べてラーメンは膨れるんですよ、お腹)、なのでラーメン(500円)をシンプルに注文しました。
 ゆで卵が良いアクセントになってますよね。
 味の方はなんちゅうか今までに味わったことの無い味でした。
 豚骨醤油の割には豚骨してなくて鶏ガラと併せてるんでしょうか? んでそれだけではない甘みが感じられるのは野菜でしょうか、何か第三の味を感じました。
 チャーシューもそぎ切りみたいで食べ応えもあり、ご夫婦の接客も良く、変わった味でしたが美味しかったです(説明しにくい味なんです)。

 
 まーしかし食べた食べた、実はこの「伊佐美」さんで5食連続ラーメンやったんです。
 前日の木曜は水曜に空腹で飲み過ぎた為、朝から珍しくお腹が空いたのでレアな沖縄そばのカップ麺(沖縄の地場の製品です)を食べて、昼はまた播州方面に行ったんですが時間が無くて食べたのはその辺のラーメン屋さん、夜は悪寒がしてたんで暖まろうとわざわざ仁川駅で降りて「しぇからしか」さんで本場博多の味を堪能して替え玉までしてしまってたのでした。
 土曜は麺は止めて朝からご飯炊いて味噌汁と納豆とお漬物という「美しい」食事を摂りました、やっぱ週末の朝ご飯は炊きたてご飯に味噌汁に納豆に梅干しにたくあんに奈良漬けに韓国海苔ですよね(長いってば)。

 それにしても体調がUPしてこないのは何でだろ? 
 とにかく今の風邪はしつこくしぶといので皆々様はお身体ご自愛下さい。

|

« 菊花賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 天皇賞(秋)追い切り「私見」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16841634

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山ラーメン「まる京」&「伊佐美」:

« 菊花賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 天皇賞(秋)追い切り「私見」 »