« 富士Sハズレ馬券解説 | トップページ | 和歌山ラーメン「まる京」&「伊佐美」 »

2007年10月21日 (日)

菊花賞ハズレ馬券解説

 そんなに折り合いって大事かぁ? 馬を殺してまで折り合わないといかんのか?
 気持ち良く走らせることはダメなことなんか???

 馬券を買った者からしたら何ともしょーもない騎乗の岩田J&ヴィクトリーでした。道中立ち上がってたもんな。

Photo G2  面倒くさいのでいきなり菊花賞です。
 驚いたのはロックドゥカンブの1番人気でしょ、JRAの織田裕二のCMで「お前はまだ春の馬の実力を知らない」とあるがそのままだと思った。
 まずはこの馬の取捨ですよね、ワタシは穴で買いたかったんですけど、人気で買う馬ではない。今更ではないがスクリーンヒーローに勝ったからってどうしてこの馬が強いと言いきれる? 亀田兄弟やないけど負かせた相手が弱すぎる。
 次にドリームジャーニーの取捨、馬体が-4kgですよ、412kg。ダービーと一緒やと言えば聞こえは良いがそれでは成長してないことになる。ちょっとだけ買っちゃったがこれはバッサリ切るべきであったと反省。
 では予想。

 ◎タスカータソルテ:追い切りのラストの動きが素晴らしかった。パドックでもスカッとしてるように見えた。今回はユーイチJも考えて乗るとのことだったので、そこに期待。京都負け無し。
 ○ヴィクトリー:ハードに追い切りやって+10kg、良いんじゃないでしょうか。問題はどんなレースをするかなんやけど、外枠引いたんやから思い切って行って欲しかったのだけど、そんな調教はしてない。あくまで差しに廻りたいよう。果たしてホクトスルタンが行って同じように行きたがった時にカッチーみたく手綱を放る勇気が岩田Jにあるかどうか、これは大問題ですよ。
 ▲アルナスライン:ホクトスルタンに変わって印上げた。理由は東京10Rで阿寒湖特別でホクトの2着になったレーザーズエッジが良い競馬するようならホクトやけど、掲示板にも載らんかった。一方、京都10Rの比叡Sで京都大賞典で僅差の4着やったダンスアジョイが出てたのでこれが良いレースするならばアルナスと思って見てたが、勝ちに等しい3着、ならば単純にこっちが上。古馬1600万でも勝ち負け出来るってこと。追い切りもなかなかやったしパドック雰囲気も良。
 △アサクサキングス:神戸新聞杯で完全に展開不問の馬になった。好位差し、これはかなり有利でしょ。ダービー2着で神戸新聞杯2着、これと言った決め手がないのでこんな印になったがもっと評価すべき馬であった。
 △ホクトスルタン:とにかく自分でレース作る展開利、これに尽きる。
 ×ドリームジャーニー:よほどハマれば。

 ヒラボクロイヤル:-12kgが無くても要らん。
 マンハッタンスカイ:当初買う予定も馬体増見て止め。
 サンツェッペリン:松岡Jの「3000mが適ってる」発言のの真意が聞きたい。
 フサイチホウオー:馬体絞れないのね、これは厳しい。
 ローズプレステージ:これを買うと言った男が分からん、おめーだ、Y君。
 デュオトーン:これもロックドゥカンブと同じ理由。

 馬券は混戦菊花賞を示すように多点買い。タスカータから馬単で流してヴィクトリーから流してアルナスから流してタスカータは馬連を押さえた。3連単はタスカータ・ホクト・ビクトリーを1着のフォーメーション。

 スタート決めたのは小牧Jのマンハッタンスカイ、ニッカンスポーツでも行くって行ってたもんな。しかしホクトスルタンが更に行って主導権を獲った、サンツェッペリンが続いて坂上でもはや引っかかるヴィクトリー、アサクサは前を見て好位、アルナスはその後ろ、ロックドゥカンブは前に行けなかったのか行かなかったのか中団のケツと意外なポジション、タスカータソルテは不味いことに更に後ろでドリジャニはぽつん、ダメですね、ベッラと同じ溜め殺しの必殺武豊乗り。
 メインスタンド前で立ち上がりながらも馬を御せない岩田J、やはり手綱を放る勇気は無かったか、あれで来たら化けモンでしょ、早や終戦。何で行かせんかなぁ? 結果皐月賞馬が16着の大敗ですよ、信じて馬券買ったファンにどう言い訳する? 少なくとも行かせてたら馬券を買ってた人は納得してただろうに、こんな無様なレースをしたら岩田Jは次から怖くて買えない。
 2度目の下りで仕掛け始めるアサクサキングス、巧く折り合ってたのでスッとヴィクトリーを交わすアルナスも離されず。ドリジャニとエーシンダードマンが揃って進出、4角から直線に入る頃に勢い付いてたタスカータソルテに一瞬来たか!? と思ったが一瞬でした(笑)。
 左に右にヨレたアサクサキングスであったがホクトスルタンを捕らえるとそのままゴールへ、アルナスラインは追いついて交わすかと、いや、交わしてくれい!!! と絶叫したが頭差抑えられてしまって2着、驚くは馬群の中から出てきたロックドゥカンブ、1頭だけやったから追うには不利やったか、併せた形になってたら着差は縮まってたかも。で、外から強襲したドリジャニは同じ位置取りで同じ所から進出した分、同じ脚になったエーシンダードマンを交わせず5着、エーシンダードマンにはちょっとびっくり。こんな馬居たのか、流石角田Jここに在りってか。
 逃げたホクトは見せ場はあったがまだ実力が足らなかったんでしょう、6着健闘。なんとローズプレステージ7着、ワタシの予想12着を大幅に上回った。8着フサイチホウオーは終始掛かり気味で見せ場全く無し。9着タスカータソルテ…。14着サンツェッペリン、さぁ、松岡J、どうする。

 ラジオでのコメント。松岡J「3000mが悪いとは思わない」まだ言うか(笑)。
 惜しくも2着の和田J「交わせるかと思ったがハミが抜けなかった、ダービー2着馬、強いはず」。
 松元茂調教師「アサクサが上、運が無かった」。
 池江寿調教師「マイルG1勝った馬がここまで良く走った」。
 ユーイチJ「折り合いは付いた、4・5着はあるかと思ったが止まった、距離は短い方が良い」。
 岩田Jは何度もレースリプレイやパトロールビデオを厳しい顔で見てたとか。
 変わって音無調教師「折り合いが悪いから距離は短い方が良い」。

 終わってみればダービー2着馬が勝った訳やからおかしな結果ではなかった。2着も京都大賞典でインティライミ-ポップロックに続いたアルナスライン、ロックドゥカンブの力も分かったので混戦と言えば混戦やったけどそれなりの菊花賞でした。
 しかし武豊に乗り替わる必要を感じないここまでのG1です、来週も絶対勝たさん。

 
 本日:0勝7敗▲20000円   明日、いや今日からご飯に醤油かけて暮らします。

 今日の嘆きの馬券:そりゃ菊花賞の馬単の裏ですが、これを3連発で喰らった。
 まずは京都10R比叡S、アグネストレジャーが伏兵マイハッピークロスに先着を許し裏。
 次に買った福島民友カップ、スプリンターズSで本命に推したクーヴェルチュールがサープラスシンガーを捕らえられず裏。
 東京は買わなかったので菊花賞で裏。泣きたくなりますね。ホントに馬券下手ですわ、ははは。
 あと、ムチャクチャ推してたサンライズマックス完勝も相手が何処にも居ず、お~~~い。

 
 さて、来週は天皇賞。G1馬がぎょーさん出るみたいですが実質3強で良いでしょう(それはご想像にお任せしますがすぐ分かりますね、ふふ)。
 
 とにかく給料日までは焼酎を水に替えて呑むつもりです(嘘)。

|

« 富士Sハズレ馬券解説 | トップページ | 和歌山ラーメン「まる京」&「伊佐美」 »

コメント

こんばんは。

菊花賞は惜しかったですね。

岩田騎手の騎乗にはがっかりでしたね。
なんで行かせなかったんでしょうかね~。何が何でも引っ張れと指示でも受けてたのでしょうか。
指示通りに乗るのも大事かもしれないけど、競馬に行ったら鞍上の判断で乗るのが競馬だと思うんですけど。
あんな乗り方されたらヴィクトリーから買ってる人達に対して失礼だと思えてしまいます。

松岡騎手の菊花賞向きのコメントに関しては(結果が結果なので)戯言だと思う事にしましょう。

馬単の裏3連発…自分だったらしばらく馬単買う勇気が失せてしまいそうです。

ご飯に醤油ですか。

自分は塩です(嘘)。

それでは。

投稿: ころすけ | 2007年10月21日 (日) 19時28分

ころすけさん、どうもー。
アルコールが入ってる水を呑んでます(だーかーらー)。
ホントに岩田Jにはがっかりさせられました。昨日のシェルズレイでも思ったんですけど岩田Jは追って味があるけど逃げてはダメですね。しかし菊花賞の大舞台であの騎乗をしちゃうとは唖然でした。
カッチーもっかい乗ってくんないですかねぇ。ヴィクトリーは行って豊富なスタミナで粘りきる、そんな馬だと思うんですけど。
リセットして来週は巻き返します!

投稿: 日月 | 2007年10月21日 (日) 19時58分

日月さんこんばんは。

まあ、混戦なんてレースほど、当てづらい割にそこそこの馬が複勝圏に絡み配当は低いもの。
買い目が増えないようヴィクトリーに賭けてみ
たものの、最悪でしたね。

岩田Jが1周目のホームストレッチで立ち乗りしてる姿を見て諦めました。
ある意味お馬さんが可愛そうに見えましたよ。
アドマイヤ軍団は、豊Jを絶縁してまで依頼しただけに岩田Jを責められんでしょうが、カッチーが乗ってたらな~~なんて考えると、馬券買った人間としては複雑。

勝っても負けても、馬の持ち味が発揮できないと…。

先日北海道で見てきた帯広ばんえいの方が、ある意味、人とお馬さんの呼吸が合っていたな~。

投稿: ポンセ | 2007年10月21日 (日) 22時29分

ポンセさん、おはようございます。
岩田J、一晩経っても酷い競馬でした(笑)。
ま、買ったワタシが悪かったということで納得します。

投稿: 日月 | 2007年10月22日 (月) 07時00分

どうも、夜分遅くに失礼します~^^
あわわ…おしり、いやおしい馬券ですね。(笑)

岩田騎手は、もうデルタブルースで菊を勝ったときの岩田騎手ではないですね。
あの調子ですと、宝塚のAムーンの様に順調にきた実力馬でないと、この先GIを勝てない気がしますね。

気を取り直して天皇賞…というところですが、ついにきましたね武豊&メイショウサムソンのコンビが!
ここらで、「武豊ではサムソンは動かせない!」というところを白日の下にさらしてもらって、一日も早く石橋騎手に戻してもらえるよう祈りましょう。
(それでも、石橋騎手は秋天では乗れなかったですね…苦笑)

投稿: いちご一恵 | 2007年10月23日 (火) 02時37分

うおぅ、いちご一恵さん、この時間はワタシが夜中目が覚めてトイレに行った時間ですって。
岩田Jは気が弱い、ってかマジメな人なんでしょうね。誰か好きに乗ってこい!って言ってあげたら良いのに。関係在るのか分かりませんが午前中の未勝利戦は強いですからねぇ。
ホント、ついに来ちゃいましたよ、この時が。
でもワタシはこのスカタンJ二人には勝たせたくないのでまた贔屓の引き倒しで(いや、勝算はありますよ)打ち負かしてみたいと思います。
石橋Jもメイショウサムソンからメイショウシャフトの乗り替わりですもん(それもユーイチJに乗り替わられて勝たれてしまったが)、サムソンは石橋Jにしか乗れないことを見せてもらいたいと思います。

投稿: 日月 | 2007年10月23日 (火) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16829471

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞ハズレ馬券解説:

« 富士Sハズレ馬券解説 | トップページ | 和歌山ラーメン「まる京」&「伊佐美」 »