« 9月の収支 | トップページ | 韓国紀行その3~掛陵・大陵苑・瞻星台~最終回 »

2007年10月 3日 (水)

東京盃ハズレ馬券解説

 危うく忘れてしまう所でしたが、今日から統一重賞も始まりました。
 しかし金沢唯一の統一グレード白山大賞典はローカルレースです。
 だけど、家に帰ってきて真っ先にネットでレース映像観たが、忘れてた方が良かったと言った所でしょうか。

Photo Sg3 Sg2  なーんて後ろ向きな発言はナシ、東京盃(G2)です。
 ◎トウショウギア:この馬がなんでまだ重賞未勝利なのか分からん。7歳にして今がピークといった所でしょうか。何度も馬券獲らしてもらったのでここでも。
 ○アグネスジェダイ:1400mではメイショウバトラーに後れを取ったが1200mならば、JRA勢で一番若いのも買いの理由。
 ▲リミットレスビッド:8歳馬ですからここからなんてよう買いません。ヒモですよ、ヒモ。
 △メイショウバトラー:ベスト距離で無いのは確か、あれ? 何でユタカJ乗ってんの? 地方は関係ないのか。ちなみに画像は2004年の阪神牝馬Sの物です、古っ! 
 ×ニホンピロサート:かつての1400m最強馬、3連単の3着まで。

 と言うふうに今回は悪いけどJRA勢の力が上で地方馬の出番は無いと見た。

 トウショウギアから馬単3点にアグネスジェダイとの2頭軸のフォーメーションを購入。

 よく分からんがトップスタートは唯一の3歳馬イチモンジが切ったらしい。アグネスジェダイも好発決めて先行、トウショウギアは多少出負けも外枠なので砂を被らず行けたように見えた。メイショウバトラーは第二集団の前目でそれをマークするのがリミットレスビッドか。
 で、3角辺りからとんでもない勢いで上がってきたのがトウショウギア、ワタシはこれ見て勝ったと思いました。直線に入ってまだ粘るカッチー&トウショウギア、久しぶりにカッチーコールをパソコンのモニタに叫ぶ恥ずかしいワタシ、LIVEじゃないのに(笑)。
 アグネスジェダイが交わそうとするがその外から1頭違う脚色で差し切るリミットレスビッド、後から差し込んできたのがメイショウバトラーでした。
 メイショウバトラーはやはり距離が足らずいつものようなレースが出来てなかった、しかし1200mでも2着に来たのだから衰えはない、この馬も恐ろしい、もちろん勝った8歳馬のリミットレスビッドはもっと恐ろしい。なんちゅうても中央でもあのワイルドワンダーの2着に入る位やねんから。
 んで3着がなんとビックリ船橋のベルモントサンダーでした、いつの間に! 4着アグネスジェダイ、5着には笑うしかない9歳馬のコアレスタイムが入りトウショウギアは掲示板も外す6着。でも見せ場はたっぷりあったので個人的にはハズレても納得のレースをカッチーはしてくれました。
 2番人気と1番人気の決着で馬単1070円か、皆さん馬券上手いですね。

 本日:0勝1敗▲3500円

 さーて、次はマイルCS南部杯か、地方の負けは地方で取り返す!
 南部杯には諸般の事情(ってか個人的ケアレスミス)で行くことは叶わなくなったが、その代わりに優秀な特派員をパドックに派遣しますので必ず当てて見せましょう。
 それでは盛岡のMさん、よろしくお願いしますね、ふふふ。

|

« 9月の収支 | トップページ | 韓国紀行その3~掛陵・大陵苑・瞻星台~最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16651170

この記事へのトラックバック一覧です: 東京盃ハズレ馬券解説:

« 9月の収支 | トップページ | 韓国紀行その3~掛陵・大陵苑・瞻星台~最終回 »