« 普通に買いました、9月15日の馬券 | トップページ | 何と記念すべき555回目の記事です、エルムS当たり&阪神ジャンプSハズレ馬券解説 »

2007年9月16日 (日)

ローズSカス当たり&セントライト記念ハズレ馬券解説

91643_2  何だかよく分からん天気でした。ワタシは8Rから観戦に行ったのですが曇ってはいたが時折陽が出たら暑さたまりやん、だけど9Rくらいになると一転雨がパラパラ降り出してどうなることかと思ったが結局盛り返して晴の良馬場での開催でした。
 しかし最終終わった頃からまた雨が降り出して、今は青空も見えるがまた降ってもおかしくない変な天気です。
 しかしこの画像にあるように今日は雲が良かった一日でした、芸術的でまるで彫刻かのよう、うつくちい…。

061 916sg2  さて、秋華賞を占う大一番、ローズSです。
 ウオッカとローブデコルテは秋華賞直行、ウオッカは更にJCに行くそうです、規格外の牝馬ですね。
 となると牝馬最強馬決定戦はエリ女じゃなくて秋華賞なんでしょうか。フサイチパンドラもエルムS使ってるようじゃダメですね。
 
Sg2  ◎レインダンス:ユーイチJが乗るって知ったの週中、誰が乗るか知らんが先週の段階で本命はこの馬。チューリップ賞3着、桜花賞6着って実績は残してたが一発屋っぽくてそんなに評価してなかったが、前々走の阪神の2200mの500万下を49kgとはいえ牡馬&古馬を一蹴してから見る目が変わった。前走も先週勝ったタイキマドレーヌを負かしてる訳で、同じレースではオークス3着のラブカーナも負かしてる。スタートが鍵だけど外回りなら能力全開、使ってる強みでスカーレットに勝てると思った。
916sg2_2  ○ダイワスカーレット:パドックでも一際良く見えた馬、乗り込みも豊富で久々も苦じゃないでしょう。しかし他馬が成長してるので安穏とはしてられんはず。だけどこの馬はいつも33秒台で上がるのでそんな競馬されたら後ろからではとても届かん。1800mが一番良いのもこの馬でしょう、だけどそのまま買っても仕方ない。
Sg2_3  ▲ベッラレイア:ようやっと馬体増、内枠も関係ないでしょう。問題はスタートか。しかし現実的に33秒台で上がる馬が居る以上、後ろからでは32秒台で上がらないと物理的に苦しい、現実的なところそれを埋めるのはスタートしかない。オークス並みに良い場所取れたら。
 △ランペイア:この馬も馬体増で本領発揮か、ただし騎手がまだ顔じゃない。
 ×ニホンピロシェリー:穴で3着なら一発。ダートの勝ち方が半端じゃないし、ここんとこ初芝(島耕作じゃない、ってしつこいって)でいきなり勝っちゃうってパターンあるから。これがまた調教動いてたのよ。

 ピンクカメオ:パドックうるさい。そもそもこの馬の力が分からん。
 ザレマ:馬格もあるし毛ヅヤも良いけどこの馬は叩き良化型のような。どっちにしろ3強に割って入る力はない。
 ブリトマルティス:この馬も牡馬と互角の戦いをしてきた強い3歳牝馬だけど何かが足らん、前々走でレインダンスに負けてるし。

 っつー訳で馬券はレインダンスから馬単、スカーレットは押さえの馬連も、3連単はスカーレットとの2頭軸フォーメーションで勝負。

 逃げ馬不在やとは思ってたが行ったのはダイワスカーレット、若干折り合ってなかったようやけど、前半の1000mを1分00秒3で行かれては逃げ残り必至、ヤバっ。
 懸念してたレインダンスとベッラレイアも絶好のスタートを決めて特にレインダンスはスカーレットを完全マーク、同じ位置から行って少しだけ速い上がりを繰り出せたら負かせるかも。ベッラはそのレインダンスの後ろ、スカーレットからちょっと遠い。
 直線に入ってさぁこれから!って時にスカーレットが邪魔やったか急激に左に跳んだレインダンス、結果的にあれがなかったらもうちょっと肉薄できたか? レインダンスはスカーレットと同じ脚色になり、届きそうで届かず33秒6とやはり同じ脚やった。
 ベッラレイアは外回しても意味無いので内の2頭が抜けた所を突っ込んで来た、最後の最後の伸びは流石やったがやはり位置取りがちょっと悪かった(いや、別に悪くないんやけど今日のレースに限ってはね)、33秒2の最速を繰り出すもレインダンスを交わすまでが精一杯の2着。
 3強から1馬身3/4離された4着にピンカメ、何とここまで1~4番人気の通り。んで5着に穴で狙ったニホンピロシェリーでした。最終R終わってから藤川京子と細江純子がローズS回顧してたけど、ホソジュンも穴でニホンピロシェリー狙ってたそうです、やるやん、ホソジュンとワタシ(笑)。
 ここでランペイアってか鮫島Jの話をしたいんですけど、彼はレースの流れを見る力はあまり無いように思う、ってかこれがまだ兄ちゃんやってことか。前が止まらんねやから後ろから行ってもダメなのにそんままレースの流れに乗っちゃった。フサイチリシャールにしてもそうやけど何となくな騎乗が非常に多いと思う。現状では勝負できる騎手ではないな。
 
 で、レース後の談話。
 ユタカJは「絶対に適わない訳ではない」とのこと。
 ユーイチJは「今日が絶好のチャンスと思った」そうですが「ここまでスローになるとは、誰か行けよ」でした。
 とにかくアンカツJにレースを作らせてしまったのは不味かった。確かにダイワスカーレットは強かったけど、ワタシも適わない強さじゃないと思った。実際レインダンスまでは互角のレースしてる訳やしね。
 内回りになるけど京都の2000m、展開が違ったらまた結果も違ってくるような気がした(でも先行有利は変わらんのやけど)。
 要するにウオッカとダイワスカーレットだけのレースになることはないって事。
 しかしレインダンスはよく走ったよなぁ、ローブデコルテより秋華賞は走るんちゃう? 誰が乗るんか知らんが楽しみです。

 
066  こちらはかなりどうでもいい(こればっか)セントライト記念。
 どーでもええのは今更説明する必要もないが、弱メンすぎてここから菊花賞に繋がるような馬が居るかと言えば居ないとしか言いようがない。最高が皐月賞5着のメイショウレガーロかダービー6着のゴールデンダリア程度、そう言われてもしゃーない。

 ◎マイネルダイナモ:古馬と走っていきなり2連勝、それより中村厩舎12週連続勝利や!
 ○ロックドゥカンブ:パドック観てないので+12kgが太いかどうかは分からんがどっちかと言うと太いでしょう(何のこっちゃ)。
 ▲ゴールデンダリア:この馬ホントに強いの?
 △ガルヴァニック:追い切り超抜。
 △シグナリオ:うわ、しまった北村買うてもうた!
 ×マイネルグラナーテ:何となく(どんな理由や)
 ×ナンヨ-ヘブン:マイネルグラナーテ買ったらこれも買わないかんでしょ。

 えー、勝ったロックドゥカンブは強く見えたが結局負かした相手がゴールデンダリアで3着がまたもやスクリーンヒーローなのでこれで菊花賞の有力候補かと言えば何とも言えん。
 ゴールデンダリアの最後の脚は凄かったけど、だけどラスト息切れしたかロックドゥカンブに突き放されてたもんな。
 前で強い競馬するのでロックドゥカンブはやっぱ強いんかいなぁ。とにかく無敗の4連勝に重賞2連勝はたいしたもんです。
 馬券は3着にスクリーンヒーローが来たのでハズレ、ってか4着のマイネルアナハイムも買ってなかったので当たりませんでしたけど。
 せっかく柴山Jで重賞2連勝してるんやから本番でも乗っけてあげて欲しいなぁ。

 
 本日:1勝6敗▲14920円/16000円   これって1勝の「勝」とは言わんわ、ガクッ。

 今日の嘆きの馬券:阪神9R野路菊Sのベンチャーナインの馬単の裏、必殺パターンです。
 もいっこ、最終のピサノアルハンブラの2着ツルマルフェロー、最後に切ったら来ました、必殺パターンその2炸裂!!!

 
 蒸し暑い、とにかく蒸し暑い。止めようと思ってたが呑まないといけないようです。
 明日のエルムS、可愛さ余って憎さ百倍、パンドラだけには勝たさん、トップガン頼むで。

|

« 普通に買いました、9月15日の馬券 | トップページ | 何と記念すべき555回目の記事です、エルムS当たり&阪神ジャンプSハズレ馬券解説 »

コメント

日月さん、どうもコンバンハ^^
両レースとも、本番に向けてちょっとゆる過ぎるように感じました。
「内容」ではなく「結果」として見たら、これで良かったようにも思えますが…

馬券的には、明日のエルムステークスに望みを託したいですね。

投稿: いちご一恵 | 2007年9月17日 (月) 01時16分

おお、この時間でこそいちご一恵さん!
トライアルですから力を量ったってことはあるでしょうね、アンカツJとユタカJは。
中山はしょっぱすぎます。
エルムS、何が一番人気なんスかねぇ。
結構レベル高そうなので楽しみです、もちろん馬券もいただきますよ、ふふふ。

投稿: 日月 | 2007年9月17日 (月) 09時27分

日月さんこんばんは。
土日のレースは秋のGⅠへの目安になったかどうか…。
まあ勝った馬は、とりあえずある程度強いと認めざるをえないんでしょう。
セントライト記念を勝ったロックドゥカンブは、無敗で菊に進んだのだからそこそこやれるんじゃないですかね。前々でレースして京都の坂の頂上からダラダラと脚を伸ばしそうな気がしてきました。
もし勝っちゃったら…。
三冠ではないが、無敗の菊花賞馬って言葉が当てはまっちゃうからルドルフやディープと同じくくりになっちゃうから笑えます。

ローズS、レースを自在にできる強みがダイワの強みと見ました。安勝だし…。
まあ、気難しいところが無いわけでもなさそうなので、そのことを切り捨てずに穴を探そうと思いました。
レインダンスまでの上位3着については、問題なく走れれば、力上位ゆえそれなりの結果につながりそうだなと思いました。

結果、勢力はあまり春と変わってないんですかね?

こんなつまらないレースが行われていた最中、昨日私は秋の慰安旅行で富士山の5合目行ってました。
朝7時からバスの中で飲み始め、夜の8時過ぎまで飲み続け…。
夕方、最後の行程で勝沼のワイン工場に立ち寄った時には、試飲する体力もありませんでした。
帰りの渋滞車中、北島三郎の「祭り」を熱唱しダレた車内を建て直しはしましたが。

日月さんのローズSの配当、盛岡・わんこそばは遠そうですね~。次週に期待します!

投稿: ポンセ | 2007年9月17日 (月) 22時13分

ポンセさん、こんばんは。
ローズS、つまんなくなかったですよ。
ってか強い馬が強い競馬をしたのでかなり良いレースでした。
人それぞれですねー。

投稿: 日月 | 2007年9月17日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16466516

この記事へのトラックバック一覧です: ローズSカス当たり&セントライト記念ハズレ馬券解説:

« 普通に買いました、9月15日の馬券 | トップページ | 何と記念すべき555回目の記事です、エルムS当たり&阪神ジャンプSハズレ馬券解説 »