« 「UDON巡礼スタンプラリー2007」その5 | トップページ | 「UDON巡礼スタンプラリー2007」その6 »

2007年8月15日 (水)

クラスターカップ外れ馬券解説

 大阪暑すぎるってよ、マジで。
 
 胃カメラ飲んできましたが、確かにありゃ絶飲食しゃないといかんわ。うどん好きのワタシですら飲めん、太すぎる。
 思いっきり突っ込みよるから息でけんし、何より吐くってば。食事どころか水も控えてたから突っ込まれても出るもんがなかったから良かったが。
 組織を一部切り取って検査に出すらしいが、見たところ悪性ではないので大丈夫だとか。しかし5mm大のぽっちりが出来てんのはあんまし気持ちの良いもんじゃない。
 医者の言う所、このぽっちりと下腹部の痛みは関係ないとのこと、ならこの腸の痛さは何なんだ!? 逆に怖くなってしまったワタシでした。
 病気のデパート、しかも大安売りですね。

 そんなこんなで14時半には解放されておんもに出たがこれが異常なまでの暑さ、おそらく今年一番暑いのではないでしょうか。気持ちの悪い暑さですよ。
 とっとと台風でも来てじゃんじゃん雨降らして列島を冷やして欲しいもんです、って降ったら降ったで文句言うんだけどね。なんせ昨夜の腸、あいや超熱帯夜はたまらんかったもん。

Photo Photo_2  さて、今日は夏の統一重賞3連戦の第二弾、水沢で行われるクラスターカップです。特派員Mさんから画像も到着しましたのでLive感もお楽しみ下さい。
 水沢、パドックもダートだよ、良いねぇ。手書きの出馬表といい味出まくりやん。それに1400mなのにゴール版を2回通過するコーナー4つのコース、ローカル臭ぷんぷん(笑)。
 ここは2強でどうしようもないレースなのでどっちが勝つか、それだけでしょう。
 
Photo_3 Photo_4 Photo_5  ◎アグネスジェダイ:久しぶりに小牧Jを背に男を見せろ!そんな精神論はさておき、パドック見た感じでは気合い乗りも良さそうな感じがした。
 ○メイショウバトラー:夏は牝馬か!って格言はええか。ユタカJも自信ありそうなコメント出してたもんねー。
 ▲テンショウボス:前回マーキュリーカップでも狙ったがぶっち切られた4着、距離短縮でなんとか割って入れんか。

Photo_6  ちょっと怖かったニューベリーは馬体重-16kgで要らんでしょう。
 エアウィードもムラ駆けやし2頭には付いて行けん。
 ノボトゥルーもこの歳まで(ってヒカルサザンクロスが走ってるので強くは言えんが)よくやるよ。

 オッズに妙味が無い以上、ましてやユタカJに勝たす訳にはいかん以上小牧Jのアグネスジェダイからの馬単にテンショウボスのおまけで勝負!

 ゲートが開いて5番のタイキサファリがいきなりの落馬、見せてくれるやん(笑)。ハナ叩いたのがアグネスジェダイ、無理して行ってるようには見えんかった。メイショウバトラーはそれを見る2番手、やはりガチンコか。テンショウボスはその2・3頭後ろで先行グループ。
 3角に入って仕掛けるメイショウバトラー、4角辺りで並びかけるが手応えが全然違う。直線ラスト50mで完全に突き放されるアグネスジェダイ、最後メイショウバトラーは手綱を抑える余裕の3馬身差の勝利でした。
 3着は更に9馬身離されてテンショウボス、誰でも分かる結果にしてもこれだけの差があるとはねぇ。
 なんつったって馬連130円! 馬単160円!! 3連単380円!!!
 更に付け加えるならば複勝は100円・100円・120円でした。
 この結果では儲けるのはむずかちー。
 せめてアグネスジェダイが勝ってくれてたらちょっとはおもしろかったんですけど…(馬単430円)。
 ま、強い馬達が強い競馬をしたってことで見応えはあった…かな(苦笑)。

 
 本日:0勝1敗▲3000円   はぁ~~~あ。

  
 ま、健康が何より一番ですよ、今日・明日酒、ってか刺激物禁止されてるけど節制して早く己を取り戻したいと思います(意味不明)。
 
 明日は旭川でブリーダーズゴールドカップ、騎手に不安はあるがメイショウトウコン、相手はオリンピアンナイトで決まりでしょう(だから誰でも分かってるってば)。

 何とかとりあえず今日も元気です。
 

|

« 「UDON巡礼スタンプラリー2007」その5 | トップページ | 「UDON巡礼スタンプラリー2007」その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/16124102

この記事へのトラックバック一覧です: クラスターカップ外れ馬券解説:

« 「UDON巡礼スタンプラリー2007」その5 | トップページ | 「UDON巡礼スタンプラリー2007」その6 »