« 灘Sハズレ馬券解説(にもなってないが) | トップページ | スパーキングレディーカップ当たり馬券解説 »

2007年7月 1日 (日)

函館SS&ラジオNIKKEI賞ハズレ馬券解説

 なんか無性に眠い今日この頃。電車とかちょっとでも隙あったら寝てる。
 一昨日も健康診断行ってきたんだが、待ち時間でうつらうつら。
 そんな睡眠不足を解消しようにも昨日は会社へ、今日は7時半過ぎまで寝てたが、しょーもなかろうと仮面ライダーは一応観とかないかん。
 ご飯食べて11時くらいからネムネムになったんでソファーで12時半まで眠る。かなり深い眠りやったみたいで、起きようにも起きる力が湧いて来ん。
 
 とまぁ、そんな状態でベストなコンディションには程遠いが阪神開催も来週で終了、ならばと闘志をかき立てて行った。しかし一発儲けたろう、って感じがなかったのがやはり疲れか(何もしてないのに疲れてるってのもなんだか)。

144_147sg2_1   サマースプリントシリーズ初戦、函館スプリントS。
 結局、軸をどっちにするか迷って間違った選択をしてしまった、いつもと一緒。
 ◎アドマイヤホクト:前走は馬場が悪かったし参考外、今回の追い切りがまた良かった。52kgでノリJ、先週の51kgの四位Jより良いんじゃないかと思った。しかし決定的にこっちを上に取ってしまったのはパドックでビーナスラインの後ろを回ってたんですけど、明らかにアドマイヤホクトの方が良く見えた。ビーナスラインとの比較やけど、これが全馬との比較と勘違いしちゃった訳ですね。
 ○アグネスラズベリ:1200mの方がマイルより良いのは前走で証明してる。陣営の気合いの入りようが凄かったしね。あー、もう。
 ▲ビーナスライン:函館実績見たら買わんといかんでしょ。
 △サープラスシンガー:52kgで逃げ馬、要注意。
 △アンバージャック:よう分からん馬。

 で、結果的には軸を間違えアドマイヤホクトから馬単流しと、3連単はアグネスとの2軸で買った。

 予想通りサープラスシンガーが逃げてアドマイヤホクトが追走。ワイルドシャウトも行ってた、ちょっと怖い? アグネスラズベリは馬場の内で中団、ビーナスラインは最後方、ナンボなんでもこりゃ届かんやろ。
 驚いたのはブラックバースピン、マクって来た。前走はよほどハマった競馬と思ってたんでこのレースから除外してたがやるやん、四位J。
 サープラスシンガーは脚色衰えそうで衰えん、ブラックバースピンが捕まえようとするが、最内でもの凄い手応えの馬一頭、アグネスラズベリ。
 馬群をまさに縫ってラスト50mはホントに弾けた、圧巻。
 で、2着に逃げたサープラスシンガーが残り、ブラックバースピンは3着、ワイルドシャウトは4着、次走怖いですね。5着に内からタマモホットプレイでした。
 で、何々? アドマイヤホクトが11着沈没でビーナスラインは位置取りそのまんまで14着大敗、アンバージャックに至っては最下位、訳分からんわ。
 馬単6430円を獲り逃がした悔しい一戦でした。
 これ言っちゃって良いんかなぁ、最近ノリJって乗れててなくない?

 
145  この時期の3歳のハンデ戦ってどうよ、ラジオNIKKEI賞。
 福島の5Rの新馬戦で噂のダノンマスターズを観たが、これは馬が弱いとかそんな問題ではなく、内側走らざるを得なかった時点で負けでしょ。
 なので、頭は鉄板も内側の馬の印を下げた。
 ◎ロックドゥカンブ:この程度のメンバーなら半年遅く生まれてても何とかなるでしょ。前走負かしたスズカストロングが次走で勝ち上がってるのを見ても強い、52kgは美味しすぎる。外枠やし馬場の良い所通って一気にズドン!がワタシの見立て。
 ○フェザーケープ:キングヘイローですよ、ふふふ。京都新聞杯で0秒3差の5着、ここなら2着はある(って2着かい)。
 ▲ガルヴァニック:ミキオですよ、前評判がえらく高かったし追い切りもラスト良かったし。
 △エーシンダードマン:外枠やから印上げた、力はよう分からん。小回りと右回りと距離に不安が残る。
 ×ハイソサエティー:NHKマイルカップで穴馬に推奨したんで、前走の勝ちは嬉しかったが枠がダメ。
 ×クラウンエンブレム:前走の勝ちタイムだけで買った。だけど何でこの程度の馬が一番人気なの?

 ロックドゥカンブ1着固定、馬単も3連単も。ところが間違って馬連と買い間違える昨日に続く失態。確認せぇよ(涙)。

 何が行くかと思ってたらレットイットライドとマイネルランページが逃げた、で、意外な展開がもはや3番手にロックドゥカンブ。差してくると思ってたので早すぎんか心配になった。
 途中、エーシンダードマンの手応え悪いなぁ、とか思ってたら柴山J、3角から進出して4角先頭、大丈夫!? 
 心配するワタシをよそにそのまま突き抜けて完勝、相手が弱すぎたので実力の程は分からんが3連勝は今後楽しみですね。
 なのに2着に内からスクリーンヒーローって名前も聞いたことのない馬が突っ込んできた。3着に56kgと酷量のイクスキューズが来てるし、4着のバブルウィズアランもなんじゃそりゃー。5着のトーセンアーチャーに至っては一頭出遅れてレースに参加すらしてなかったのに。
 1着は当たったけど2着~5着まで抜けるというセンスの無さ、情けなー。
 馬連19000円か、ダメだこりゃ。14番人気の激走か、ははは。
 ま、昨日に続いてこのレースでも馬券を買い間違えてる時点で終わってますね。
 

 本日:1勝5敗△2400円/18000円   実は勝ってたりなんかして(爆)。

71  今日の当たり馬券:阪神9Rの鶴橋特別、鶴橋ならだまっとれん(笑)。小頭数は荒れる、ならその波乱を演出するのはもちろん小牧Jでしょ。馬も良く見えたし。マンハッタンスカイの馬単5010円×400円をいただきました。

71s  今日の嘆きの馬券:阪神メインの米子S。これも函館SSと一緒、軸迷ってまた1/2の選択を間違えた。キングヘイローですからホッコーソレソレーを取ってしまった、トウショウカレッジの方が良く見えたのに…。
 それにしてもトウショウカレッジ、今回は太宰Jでしたが、前走のエプソムCでは一頭だけインベタであわやの見せ場を作り、今日は大外一気を決めた。これで一旦休憩して秋に備えて欲しいもんです、ホッコーソレソレーもね!
 しかしミスティックエイジは見せ場無かったなぁ。

 昨日の新聞で武豊でメイショウサムソンが凱旋門賞に行くことが本決まりになったと載ってた。
 馬を知ってることよりコースを知ってることを優先したんかな。メイショウのオーナーにはがっかり。
 勝てばメイショウサムソンが強いのであって、武豊の力ではない。負ければ武豊の責任や。
 引き受けるプレッシャーもあると思うが正直凱旋門賞の興味が全然無くなった。これでウオッカに四位Jが乗らんかったらどうでもええわ。

 今回の武豊降板劇で、ここぞとばかりに乗ってもらおうとするオーナーや使ってやろうとする厩舎が出てくると思ってた(藤沢&角井厩舎なんか特に)が、ちょっといい加減にしなさい。
 こりゃ歪んだ競馬社会の縮図ですよ。
 これから武豊に勝たそうとどんどん良い馬が回っていくのがまたうんざりさせる。そんで結果を出さない武豊には溜飲下げさせてもらうのであるが。
 
 ま、今日は強い関東馬の出現てことで好しとしておきましょう。

|

« 灘Sハズレ馬券解説(にもなってないが) | トップページ | スパーキングレディーカップ当たり馬券解説 »

コメント

日月さん、どうもコンバンハです^^
ラジオNIKKEI賞は、私も2~5着抜けですからねぇ。皆さん、そんな感じだったんじゃないんです?
大丈夫、大丈夫ですよ。(何が…?・笑)

しかし、凱旋門賞の乗り代わりには、正直ガッカリですね。
ユタカ騎手にはサムソンは手が合わないと思うのですがね~。騎手が馬場を知っていることよりも、馬との相性を考えて欲しかったですね。

馬場を知るなんて、ステップレースで乗せればいいわけですしね。

投稿: いちご一恵 | 2007年7月 1日 (日) 23時51分

いちご一恵さん、おはようございます。
そっかぁ、大丈夫ですか、じゃ大丈夫ですね(笑)。
凱旋門賞は…どうでもいいですわ。
力抜けまくりです。

投稿: 日月 | 2007年7月 2日 (月) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/15616197

この記事へのトラックバック一覧です: 函館SS&ラジオNIKKEI賞ハズレ馬券解説:

« 灘Sハズレ馬券解説(にもなってないが) | トップページ | スパーキングレディーカップ当たり馬券解説 »