« らーめん専門店 旭屋 | トップページ | 東京日帰り »

2007年7月26日 (木)

ベッラレイアとカワカミプリンセス

 ワタシはここでハッキリと宣言します、今日からベッラレイアはワタシの敵です!!!
 これまでデビュー戦のベッラショックから秋山Jの乗るベッラレイアに魅せられて、ずっとベッラレイアを本命に推してきました。
 あの脅威の末脚に惹かれた競馬ファンはワタシだけではないと思う。もちろんナリタトップロードの仔といったこともあるけど、秋山Jが乗るからこそのベッラレイアだった訳であって、馬と騎手との名コンビにこれからの夢を見ていた訳である。
 ところが青天の霹靂、武豊への乗り替わり、ハッキリ言ってゲェ出そう。
 もううんざり。
 以前、これからは馬主や厩舎側が武豊を使いたがってくる、と言った記憶があるが、まさかこの馬に乗るとは!? ナムラマースに秋山Jが乗るのと意味が全く違う
 正直、競馬界がこのままリーディングを岩田Jに獲らせていいのか?と思うのではないかと、逆に言うと武豊にリーディングに獲らせなけれればいかんのではないか?と思うのではないかと変な心配をしていたが、どうやら現実になっていくようである。
 まだ競馬界は武豊を担いでいかなければいけないと勘違いしてるようだ。
 武豊は岡部氏の記録を20年近く早く抜いたが、競馬界は20年は遅いようである。
 もう小倉で毎日5勝ずつ積み上げる武豊が容易に想像出来るだけに終わってる。
 このベッラレイア乗り替わりで秋華賞は必ずローブデコルテかダイワスカーレットに勝って欲しい、いや別に他の馬でも良いんですけど。要は武豊が乗る限りベッラレイアに勝たすな、っちゅうゆこってす。
 ほんま吐きそうなくらい気持ち悪い。

 一方のカワカミプリンセスは骨折が発覚してなんでも一年の休養とか。
 これもバッサリ言うがこの先も幸四郎Jが乗るのならば、もう引退しても良いんじゃないかとすら思う。
 幸四郎Jが圧倒的人気馬でG1を制するって姿が想像できん。ま、今までそんな馬に乗ったことがないってことも言えるかとは思うが、しかしカワカミを2回も負けさせたのも事実。
 あのオークスや秋華賞やエリ女で見せた弾むような走りが見られないのならばカワカミの負け続ける姿は見たくない。
 
 今回は奇しくも武兄弟の話になってしまったが、ある意味どっちも仕方が無いとも言えるし、納得できないものでもある。
 とにかく今日のこのニュースは何かで吐き出さないと酒呑んで暴れてしまいそうだから(いや、しょっちゅう暴れてますけど)怒りのまま書いた。

 つまりはローブデコルテとフサイチパンドラがんばれ!ってことですわ。勝て、ユーイチ!!!

 

|

« らーめん専門店 旭屋 | トップページ | 東京日帰り »

コメント

どうも、コンバンハです^^
ちょいとお久しぶりでした&東京日帰りお疲れ様です。

ベッラレイアに武豊騎手が乗るなんて話があったんですね。知りませんでした…

オークスでの秋山騎手に落ち度はないと思うのですがねぇ…武豊偏重主義もここまで来たらという感じです。
このままだと、次代を担う騎手が育たないということを考えて欲しいものですね。

カワカミ骨折もショックでした。
私も、この先幸四郎騎手を乗せるのなら、引退してもいいのでは?と思います。

投稿: いちご一恵 | 2007年7月29日 (日) 02時34分

いちご一恵さん、またおっそい時間にお越しで(笑)。
ベッラレイアよりイチゴイチエ嬢ですね、これからは。
武豊、メイショウサムソンにベッラレイア、どこまで手に入れるんでしょうかね。別に彼が悪い訳ではないと思うがそこにファンは介在しないのでしょうか。
競馬は「私の好きな馬が走る」んですが「私の好きな騎手とのコンビで走る」もんでしょ?
このいびつなパワーバランスはいつまで続くんでしょうか。
ホント、秋華賞はローブデコルテ・ダイワスカーレット、それにイチゴイチエ嬢には頑張ってもらわないといけませんねぇ。

投稿: 日月 | 2007年7月29日 (日) 06時15分

はじめまして。
夏競馬は出走馬が当てにしずらいので回避気味の為、情報薄でしたが、今日買って読んだデイリースポーツにベッラレイアの記事が…。「…ベッラレイアは来週武豊が追い切りに騎乗…」と。がっかりでした。
GⅠの勲章取りたいんでしょう、馬主もスタッフも。
私もベッラレイアの走りは好きで、春は馬券も買い続けました。
そして、競馬のドラマ性を考える時、彼女の父が「ナリタトップロードと渡辺薫彦」という一貫性を持った強い絆のコンビで走り続けていましたよね。
だから、ベッラレイアにもそんな道を歩んでほしかったのです。「ベッラレイアと秋山真一郎」という。
私が出資して競馬をしているわけでないから、こんな呑気なことを言ってしまうのかもしれません。競馬も関係者からみれば立派なビジネスですし…。
でも、競馬を競馬場その他で見るファンあっての競馬だということも忘れて欲しくないですね。
勝って馬の格を上げることだけに固執したりスターホースに仕立て上げようとするだけでは、まるで毎年優勝することだけを考え露骨に外様を補強してチーム力を整え優勝目指すプロ野球セントラルリーグの「○人軍」と同じでいずれスターが生まれなくなり、その競技自体魅力無く飽きられていくと思います。
ベッラレイア、オークスは惜しくも2着でしたが、秋山騎手も共に成長しながらの立派な戦績だった気がします。
まして、馬のデビュー時期を考えれば余裕も少なく、除外で思い通りいかないローテだったことを考えれば、上出来でしたしそれなりに結果も残せた気がしてるんです、秋山騎手も。
だから秋以降も同じコンビで戦っていってほしかったな~あと思うのであります。

すみません、突然、過去の記事に今頃こんなことを書いてしまい。ただ、何も言わずにいられないくらい残念だったので…。


投稿: ポンセ | 2007年8月31日 (金) 00時26分

ポンセさん、おはようございます。
いえいえ、お気になさらず。
それよかよくぞこんな雑文にお目を通していただきましてありがとうございます。

ワタシは夏競馬ですんで、追い切りも見てないし、新聞もマメにチェックしてませんので、そうですか、追い切りに武豊がベッラに乗るんですか。
ハッキリ言いまして、ワタシにはもう関係ない話です。
この7月26日に記して以来、ベッラレイアは「可愛さ余って憎さ百倍」ではないですが、もはや興味の対象から外れてます、ってか外してます。
今更何をか言わんや。
この先、凱旋門賞を断念したメイショウサムソンの国内戦に武豊が乗ればワタシの中の何かが終わりそうです。
それにしても1ヶ月前の記事ながら「小倉で毎日5勝を積み上げる武豊」も当たらずしも、な所が残念です。

もうファン不在の乗り替わりってな不毛な行為はええ加減に止めて欲しいもんです。

投稿: 日月 | 2007年8月31日 (金) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/15909070

この記事へのトラックバック一覧です: ベッラレイアとカワカミプリンセス:

« らーめん専門店 旭屋 | トップページ | 東京日帰り »