« あたー、やってもた、エプソムカップ&CBC賞ハズレ馬券解説…のはずが… | トップページ | 関東オークスやっぱりハズレ馬券解説 »

2007年6月12日 (火)

北海道S・Cハズレ馬券解説

 今日は確実にUPさせるぞ、っと。
 しかしもうナイター競馬なんですね、北海道なんて夜は寒いんじゃないの? 
 旭川か、10年くらい行ってないなぁ。あ、北海道自体が10年行ってないか。
 
 昔はバカだったんで(いや、今でもバカなんですけど)、大学2回の夏休みに400ccのバイクをローンで買って有頂天だったワタシは(ホント、これで日本中何処にだって行けると喜んだものでした)、今から考えるととても自分のやったこととは思えないんですけど、ここから北海道まで走っていったんですよねー、目指せ稚内。
 東京までは流石に高速道路使ったけど、ツレんちで1泊して次は仙台で野宿、その次は恐山の近所の民宿で1泊(夏なのにあまりの寒さと雨で疲労困憊してたんで)、でようやく船で函館に着いて、そのままぐるりと稚内まで走りました。納沙布岬では日本最東端、稚内では日本最北端、後に大学の最後の夏休みには沖縄の与那国島で最西端を、波照間島では最南端を極めて、日本の全ての端を極めたもんです。
 あ、話ずれた。
 まぁ、そんなこんなで稚内で折り返して旭川も寄りました。当時はまだ旭川ラーメンなんて言葉も無かったような気がする。確か旭川ではライダーズハウスに泊まったな。まだ夏の北海道はライダーを受け入れてくれる土地なんでしょうか?
 駅宿したりほとんどお金使わんかったもんなぁ、学生はこうでなくっちゃね。
 この時の北海道はワタシ的には最悪のツーリングで二度と行くか、と思ったもんですがその後2回行ってます。
 あ、ちなみに何で最悪やったかといいますと、恐山で泊まった時あまりの寒さに(部屋にストーブがなかった、ちなみに夏休みですので7月終わりです)、朝起きたら熱があったのでした、これが結構尾を引いた。
 襟裳岬ではあまりの寒さにまたもや熱発でダウン。雨も風も凄かったし、北海道でも夏だろうとタカをくくってたワタシはT-シャツにG-ジャンでようやく薄手のカッパがあったくらい。ストーブが要るほどの真夏の北海道の寒さ、エライ思いしました。
 一番最悪やったのが、サロマ湖辺りでトイレに行こうとグローブ脱いで、メットに入れて用を足した後グローブに手を入れた時のこと、なんとたった5分の間に蜂が入り込んでまして、右手をぶすっと刺して逃げやがった。蜂の一刺し、みるみる腫れて右手は肘まで痺れてどないもならん。これ稚内で折り返して旭川辺りでもまだ痺れてたもんなぁ。
 と言う訳で、食べ物は美味いし、景色はサイコーやけど、序盤の天候が悪かったのと極めつけは蜂で気分的には二度と行きたくないと思った訳です。
 ま、その後社員旅行で洞爺湖に行って、で、10年前に札幌でサッポロビール園に行って、北大のポプラ並木を見て気分はハムテルになり菱沼さんは居なかったが満足し、函館では五稜郭なんぞに行って温泉にも入り、それなりにリカバーしましたんで、また行きたい気はしますが、アシがないと行きにくいよねぇ。
 それに時間も。

Asahikawa_1  えーっと、何の話でしたっけ? あ、そうそう北海道スプリントカップでしたね。
 今日は「のだめカンタービレ」のアニメが2時からなんで酒止めてます。なので時間が余ってるんスよねぇ。
 急いで買ったのでオッズも馬体重も見てません。

 ◎トロピカルライト:前走欅Sではよく粘った。53kgで5kg差あれば先着できるでしょう。
 ○アグネスジェダイ:この馬に。ようやっと復活の兆し見えてきたか。でもこの馬2番人気やったんですね、ちょっと驚き。
 ▲ビービーバーニング:ちょこっとだけ。基本的に地元馬1頭買いたいんで。

 プリサイスマシーン:1000mでは付いて行けんでしょ。
 ディバインシルバー:9歳では。
 ネイティヴハート:9歳では。

 ってことで3歳馬で勝負! 馬単ながらもアグネスだけは馬連でも押さえる。

 逃げたのは一応ディバインシルバーも、団子になってたのでトロピカルライトも併走してた。
 これが致命的になったんですけど、4角で大きく膨らんだこと。これで内のアグネスジェダイをすんなり行かせてしまったし、その後ろのプリサイスマシーンにまで道を譲っちゃった。挙げ句自分は距離損で追おうとしたらすでにアグネスは前に行っておりプリサイスにも離された。
 結局追いつくことなく1着アグネス-2着プリサイス-3着トロピカルでした。
 あのロスがなかったらもう少し際どい競馬になってたと思うだけに惜しい。

 本日:0勝1敗▲3000円   くそう、プリサイスめぇ!

 
 それにしても宝塚記念の出走予定馬見てびっくりした。
 ユタカJは完全にアドマイヤから切られたのね。ムーンに岩田J、フジにユーイチJ、メインに川田Jやもんねぇ。ま、ポップロックも弱くはないと思うけど強いとも思わん。この馬に乗らねばならんところが辛いねぇ。
 幸いにもアグネスや金子さんやメイショウ、スズカはここぞとばかり乗せてくれるし、角居・森・藤沢陣営も使ってくるでしょう。どこまで盛り返せるでしょうか、楽しみですねー、うひひ(もちろんゲスな笑いです)。

 明日は関東オークスか、かなりメンバーがショボイような気がする。やるべきかやらざるべきか、それが問題だ。

|

« あたー、やってもた、エプソムカップ&CBC賞ハズレ馬券解説…のはずが… | トップページ | 関東オークスやっぱりハズレ馬券解説 »

コメント

どうも、コンバンハです^^
日月さんの北海道思い出話で、夏に薄着で北海道ツーリングに行ってヒドイ目にあったという先輩の話を思い出しました。(笑)
10年前…は、私もまだ北海道在住でした。懐かしいですね~。(今でもしょっちゅう帰っていますが・苦笑)

先日は、北海道の気温が全国で一番高いという異常気象。夏が怖くなります。

Aムーンに岩田騎手…なんとなく追い込み届かずな絵が出てきてしまいます。(笑)

投稿: いちご一恵 | 2007年6月14日 (木) 00時54分

いちご一恵さん、そうなんですよ。
ご存じのようにワタシは、ってか関西のライダーはメインは九州、奮発して一生に一度北海道(爆)、の割に、夏は同じ夏、と思ってるんですよねぇ。
襟裳岬でアザラシを見ながら猛烈な寒気と雨に堪えかねて土産物売り場で熊の缶詰見ながらストーブに当たったことは今でも忘れられません。
結局、札幌に最後寄った時はようやく30度になって夏らしくなったんですけどね。
10年前は3月に小樽~札幌~函館~本州でしたんで、良い意味での寒い(まだ我慢出来ました)北海道を体験出来たんで楽しかったです(バイクじゃなかったし)。
北海道も暖冬化で暑くなるんスかねぇ、困ったもんです。

アドマイヤムーン、岩田JはG1ではからっきしですので、ここが分水嶺となるか、ヨシトミへとまっしぐらか、楽しみです。

投稿: 日月 | 2007年6月14日 (木) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/15410251

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道S・Cハズレ馬券解説:

« あたー、やってもた、エプソムカップ&CBC賞ハズレ馬券解説…のはずが… | トップページ | 関東オークスやっぱりハズレ馬券解説 »