« 日本一チャーハン | トップページ | NHKマイルカップ追い切り「私見」 »

2007年5月 2日 (水)

かしわ記念ハズレ馬券解説

 いやー、強いわブルコン。完勝でしたねー。

Photo_183  ちゅう訳で今日はG1、じゃなくて「Jpn1」のかしわ記念です。
 休みの合間なのでさしてやることがなかったりするもんで、流石にパドックは観んかったがレースは観た。
 
 ◎ブルーコンコルド:前走の負けなんて全然気にしなくていいでしょう。どっちが強いか白黒付けようぜ。
 ○サンライズバッカス:G1馬ですから。

 アジュディミツオー:甘く見てました、結果的に地方では走るよなぁ。全盛期の走りでした。ただ前走負けすぎてたのとオッズ的妙味がなかった。馬体重も16kg増やし。
 ナイキアースワーク:ノリJが乗ってきたがこの馬も更なる馬体重の増加、+4kgやけど普通は一叩きされて絞れるはずやろ。
 パーソナルラッシュ:終わってます。
 ディープサマー:何でこんな所に居るんでしょうか?
 アサカディフィート:ダートも走ったがやっぱ芝でしょ、距離も短いし。
 ボンネビルレコード:ここに出るんやったら何故中央移籍したの? ユタカJ騎乗ってのが勝負か。
 
 馬単1点、押さえの馬連1点で勝負!

 レースはこれしかないでしょう、って感じでアジュディミツオーが行った。やっぱスタートが芝だとあかんのかな? ダートでは好発。
 ブルコンは好スタートでミツオーを見ながら先行、それをマークする形でサンライズバッカス。
 4角で押せ押せの幸J、でもこれは手応え悪い訳じゃない、エンジンの掛かりが遅いブルコンに火を入れた。アンカツJも同じく捕まえに行った。
 しかーし、簡単に止まらないアジュディミツオー。カネヒキリやシーキングザダイヤを負かした走りを彷彿させる。
 だけど今日の相手はブルコン、内に切れ込んで交わす余裕の差し切り勝ち。
 サンライズバッカスも直線入り口でミツオーを捕まえるか!? って所まで迫ったがその後ずるずる後退。ゲート前で嫌々した時に悪い予感してたんよねぇ。
 その後退したバッカスを差したのが何とディープサマー、ちょっと驚き。4着にユタカJ効果かボンネビルレコードが入って5着にサンライズバッカス、をいをい。
 2着のアジュディミツオーに付けた着差は1馬身半ながらミツオーの上がりが36秒9に対して最速の36秒3、そりゃあの位置取りから0秒6も違ったらあっさり抜かれるわいな。
 それにしてもサンライズバッカスはあかんかったなぁ。掲示板が精一杯か、砂が合わんかったか、出来がイマイチやったか。
 やっぱ勢いだけで買うとあきませんねぇ。

 本日:0勝1敗▲3000円    いきなりかい。

 さて、次走は帝王賞でしょうか。ここには是非ともドバイ帰りのヴァーミリアンに出てもらいたい、シーキングザダイヤも。
 それにしてもフィフティーワナーってどうしてるんでしょうかねぇ。

 この負けは明日のかきつばた記念で取り返したいと思います、オゥ!

 

|

« 日本一チャーハン | トップページ | NHKマイルカップ追い切り「私見」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/14927128

この記事へのトラックバック一覧です: かしわ記念ハズレ馬券解説:

« 日本一チャーハン | トップページ | NHKマイルカップ追い切り「私見」 »