« 桜花賞追い切り「私見」 | トップページ | 桜花賞当たり馬券解説 »

2007年4月 7日 (土)

阪神牝馬S&ニュージーランドTハズレ馬券解説

 ワタシの心は今日のの阪神の空のよう…。
 よほど疲れてたんでしょうか、今朝方起きたのは珍しく8時半、目覚ましかけてたのがその時間。
 朝一番で主治医にヤクもらいにいかないといかんかったので。
 その頃はまだ普通の曇り空で天気予報通りかと思ってたんやけど、ところがどっこい(死語)。
 昼から仁川駅前(北側ね)の美味しいパン屋さんで好みのパン買ってビールにワイン持ってコース内でお花見兼ねて行った訳ですが、どんどん天気が悪くなって、7Rくらいからついに小雨が止まらぬようになってしまった。パンもしけちゃったので、撤収して8Rからパドックに行く。
478r  ワタシの馬(誰のやねん)フラッグシップが中央場所参戦! だけど何で岩田Jなんだぁ!? おいおい。こうなると応援する気失せる、なのでユニバーサルから相手に買うもユニバーサル見せ場無し。ま、こんなもんか。どうせシルクメガヒットなんか分からんし。
 
Photo_175 47  そして迎えたアザレア賞、オーシャンエイプス登場。
 相手は前走へなちょこな競馬しやがったがナタラージャで良いでしょう、藤田Jの気合い注入や!
 そんでパドックで初めてオーシャンエイプス見たんですけど、もう一頭だけ抜けて良く見える。彫刻みたい。ホントにナタラージャなんかより全然良い、良すぎるのである。
 何ちゅーか、長距離馬の身体じゃないのよねぇ、中・短距離馬みたいな筋肉ムキムキみたいな感じ。
 意外と長い距離は向かないんじゃないかと思った次第です。
 レースは超スローで前残り、一頭脚色は違ってたけどあの位置取りでは届きません。
 ま、それでも力は再確認出来たんで、次走のダービートライアル(ですよね?)での走りが楽しみです。
 って何でフューチャーボーイ出てないの!?
 
47_1  大阪-ハンブルグカップ、これ当たった人エライ!!!
 ファストタテヤマですよ、8歳馬ですよ、阪神ですよ。末脚炸裂でしたね、参った参った。
 ワタシはトウカイエリートから買ってましたが流石に乗れてない男は違う、前は詰まるし、展開悪いし、全く力出せませんでした。
 これで3戦続けてどろどろと不快な物が流れ込んできます(苦笑)。

039 47sg2 Sg2 Sg2_1  そして迎えた本日のメイン、阪神牝馬S。これはG2で良いのか。
 ◎ブルーメンブラット:追い切り動いてたし、前走重馬場で勝ってるし、1400mのスピード競馬にはぴったり。
 ○ディアデラノビア:前走は確かに強かったが、この馬は3着馬ですから(現に3着)。距離も短いでしょ。しかし実績は一番。
 ▲アグネスラズベリ:前走ディアデラにちぎられたが1400mではこっちか。角田Jってのがいいじゃんねぇ。
 △ジョリーダンス:画像がないのはこの馬、かなり内目を周回してて、ディアデラと被ってたんで撮り辛かったんで止めた。結構強い相手と戦ってる、充実一途でしょ。藤田Jの闘魂注入(こればっか)。
 ×サウスティーダ:逃げてくれ。

 アサヒライジング:ヨシトミ珍しく阪神来てしかも勝ち星まで挙げて、お腹一杯でしょ。1400mも短いし、何より雨がいかんのじゃないの?

 レースはサウスティーダが逃げたが、珍しくヨシトミがハナを主張し、アサヒライジングが途中から先頭に。直線入っても手応え残ってるように見えたが、ディアデラに来られたらあっさり白旗。
 ブルーメンブラットは伸びそうな手応えに見えたが伸びず、隣のジョリーダンスが末脚伸ばして勝った。んで後方から外回ってアグネスラズベリが突っ込んで2着。
 結果的にはディアデラ岩田Jが早仕掛けしてしまったと言えるか。1テンポくらい遅らせたジョリーダンスと3テンポくらい遅らせたアグネスラズベリが来たんやから。
 しっかし当たりませんなぁ。

 
Photo_176  んでこっちは語る言葉もございません、ニュージーランドトロフィー。
 ハッキリ言ってショボイ面子、ダートで走ってる馬多いし、適性もよう分からん。
 ◎ヤマニンエクレール:ヤマニンシュクルの弟やから、嘘。前走の中京で2000mを2分切ってる、これって何気に凄くない?
 ○スズカコーズウェイ:9RでのユタカJの見事な差し切り見たので。
 ▲シャドウストライプ:芝でも走れるのかしらん?
 △マイネルレーニア:重賞勝ち馬やし一応。
 △ハロースピード:追い切り推奨馬として。
 ×ヤマカツブライアン:こっちは芝でも走ってる。 

 えー、直線力強くトーホウレーサーが1分33秒9という好時計で勝ちました、11番人気。2着は京王杯で2着に来たこともあるマイネルフォーグ、16番人気。3着に前走初芝(島耕作じゃないよー)のファルコンSで追い込んで5着に入ったワールドハンター、8番人気。
 馬連11万円、馬単28万円、3連複57万円、3連単480万円、頭イタイ…。
 ちなみにヤマニンエクレールは後方に陣取り、最内突いて距離を縮めたがそれ以上は伸びきれず5着。ってか13番手辺りからよくチャージしたが、そもそもそんな後ろに居る方が悪い、しゅん。
 ま、ここまで荒れると何とも思わんもんです。

 本日:0勝9敗/15000円     あたー。

 最終Rはフィールドジュエルの末脚に期待したが3着惜敗、ことごとく当たりません。
 非常に内心どろどろしてるワタシですが、明日は快晴でスカッとしたいものです。
 何と言っても桜花賞ですから!!!
 さ、予想しながらちびちび、いやぐびぐび呑むとするか。

|

« 桜花賞追い切り「私見」 | トップページ | 桜花賞当たり馬券解説 »

コメント

フューチャーは自己条件をパスして直接トライアルに向かう事も検討!らしいです。

投稿: | 2007年4月 9日 (月) 22時41分

おおっ! 貴重な情報ありがとうございます。
こうなりゃ万全を期して京都新聞杯に出て欲しいですね(勝手に決めるなって・笑)。

投稿: 日月 | 2007年4月10日 (火) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/14592301

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神牝馬S&ニュージーランドTハズレ馬券解説:

» 桜花賞展望 [競馬の予想は馬の気持ちを読まなくちゃ!]
アストンマーチャンとダイワスカーレットの取捨について。 武騎手、安藤勝騎手はどう乗るかが注目されます。 ここはかなり思い切った推理なのですが... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 00時16分

« 桜花賞追い切り「私見」 | トップページ | 桜花賞当たり馬券解説 »