« 福島牝馬S涙のハズレ馬券解説 | トップページ | 天皇賞(春)追い切り「私見」 »

2007年4月22日 (日)

フローラS当たり&アンタレスSハズレ馬券解説

 いやー、まさか届くは思わんかったなぁ。
 絶対的な不利の中、よくもまぁ差したこっちゃ、興奮したー!

022  っつー訳でフローラSです。
 開幕週なので、馬場はやはり重要なファクターですね。
 7Rの芝の2400mで外から差してきたリワードプレインとか、9Rでは同じ2000mで同じ2番枠のリヴァプールが差してきたが、特に9RはノリJの1000m58秒7って自爆的なペースでの逃げで、後ろが来たのも頷けるし、勝ったリヴァプールも前走逃げて勝ったように脚質に自在性がある。
 トータル的には差しは届くけど、前に行った方が有利、んで差すにしても内差し、これがワタシの見立てでした。
 ◎ベッラレイア:果たして2番枠で馬群を裁けるか。馬体重-4kg、あの軽い調整程度の追い切りでも減った。すみれSの時はお腹が巻き上がってて「ダメだこりゃ」的状態だったけど、前走と今回はそうでもない、がー、減ってるのは事実、ハッキリ言って共倒れもあり得るかと思った。
 ○ランペイア:その共倒れの相手。前走の走りは確かにインパクトがあった。しかしこの馬も-4kgと更なる馬体減。新馬戦が太かったと言われたらそれまでだけど、しかしナタラージャと良い競馬してるんですよ。そこから-18kg、ヤバイ香りはするわな。けど未知の魅力。
 ▲ミンティエアー:ミモザ賞の末脚は強烈、一旦止まりかけてたのに更にもう一伸び。左回りも勝ってるし問題ないが、この馬も結局は展開。ってか蛯名乗り。
 △イクスキューズ:桜花賞5着ならここでは大威張りでしょう。ただし2000mは長いと思うが。
 △トウカイファイン:フラワーCは度外視して、前々走の東京での末脚は見所ある。
 ×ホクレレ:-12kgじゃねぇ、3着のみ。
 ×マイネルーチェ:徐々に良化か。3着で。

 先手必勝とばかりに逃げたのがイクスキューズ、競りかける馬も居らず、楽逃げ、おいおい。
 ベッラレイアはまぁまぁのスタートも行きたがってた。何とかなだめて乗ってた、中段のケツ。ミンティエアーはベッラレイアのすぐ後ろ。
 やばいことに気持ち良く1000m1分00秒9ってマズいペースで行かせてしまった。一人旅。
 直線に入って更にスパートするイクスキューズ、セフティリードか?
 その直線でベッラレイアが行く進路をランペイア、ウィンナワルツ、ジョウノガーベラ? なんか3・4頭の塊がもったりしてる。ランペイアがヨレたんかな? とにかくベッラレイアの行き場が無くなっちゃった。で、上記のようにイクスキューズはスパートしてるし。
 ワタシはここで「やられたー! こりゃ追い込んで3着が良い所や!」って内心では思いました。
 しかし、ここから外に出して大外から一気に追い込んで、これがどうやって馬群を捌いてきたんか分からんが、抜け出したミンティエアーと一緒にイクスキューズを差し切って、ミンティエアーをも首差抑えて勝ってしまった。
 あの最後の直線は良いもん見せてもらいました、って感じ。圧巻でした。
 
 でー、これでオークスでどうなるのかという所なんですけど、まずは馬体重の回復。460kgとは言わんが、450kg台半ばくらいで出て来んとあかんでしょ。
 それと、これは馬場が外差しの馬場になれば問題ないが、結局外出したってことで馬群を裁けなかった訳やから、枠順にも問題が付く。
 更に展開。ダイワスカーレットもウオッカも前で競馬して33秒台で上がれる(短絡的に比較しても意味無いけど)、じゃなくても先行して更に伸びる脚はイクスキューズの比じゃない。直線一気では苦しい。
 だけど、距離の適性ではベッラレイアが一番でしょう。スカーレットにしてもウオッカにしても2000mを超えた競馬で同じ脚が使えるとは限らん(言ってることが矛盾してるか・笑)。
 と言うことで、結論としては内が荒れて、外目の枠を引いて、強烈なハイペースになって前潰れになったということでベッラレイアが前でやり合いながらも最後伸びあぐねるダイワスカーレットとウオッカを大外から差し切る、こんな出来すぎたシナリオで如何でしょうか(笑)?
 今までさんざん除外されて来たんやから、これくらいは運あげても良いでしょ。
 秋山J、初G1制覇ってことで。

 結果:馬単1210円×1000円=12100円 3連単5470円×100円=5470円

020_5  続いてはちょっと馬券買いすぎて反省のアンタレスS。
 馬体重の増減が多かったこのレース、何だかんだと先行激化と読んだ。
 ◎メイショウトウコン:馬体重回復で末脚炸裂! なんてったってトップガンですから(最後はそれか~~~い)。
 ○キクノアロー:思った展開じゃなかったら前で競馬する馬ではこれ。なんてったってキングヘイローですから(またか~~~い)。
 ▲クワイエットデイ:この2連勝の説明が付かん、なので負けるまで買う。
 △1トーセンブライト:一叩きして上昇。
 △2ワイルドワンダー:重賞で勝つかなぁ?
 
 タガノサイクロン:+14kgは回復したものでしょ。だけど相手が強い。
 エイシンラージヒル:-14kg、戻ったか。だけどこれこそ重賞勝つ馬じゃない。
 マンオブパーサー:G1馬も59kgは苦しい苦しい。
 オーガストバイオ:太い。
 ストロングブラッド:もう一頭のG1馬も11ヶ月ぶりで58kgで8歳で、こりゃ要らん。
 クーリンガー:何度も何度も痛い目に遭わせてくれたが流石にもういいでしょ。

 行ったのはやはり枠を利してエイシンラージヒルのユタカJ。だけどやっぱ怖い逃げとは思わんかった。メイショウトウコンは最後方、キクノアローは3番手か、予定通り(何のや)。
 4角でエイシンラージヒル脱落、で、メイショウトウコンは楽に進出しようとしたが、よりによって最悪の大外に行っちゃった。あそこまで膨れたらそらあかんやろ。
 キクノアローが一瞬抜けるかと思ったが、あっという間にワイルドワンダーに競り落とされて突き放されちゃった。やっぱ2kgってでかい? 
 大外から突っ込んだものの勝敗には全く関係なく3着にメイショウトウコンでした。
 それより驚いたのは16頭立ての16番目からの猛チャージで4着に来たタガノサイクロンは次走要チェックですね、サイクロンやし(ほんまにそんなんでええんか)。
 しかし中団から競馬して唯一の35秒台(35秒7)で上がってんやから、今日はこの馬が一番強いレースをしたって事でしょう、勝ちタイム1分49秒9! ちなみにメイショウトウコンの上がりは36秒1、タガノサイクロンが36秒0でした。
 注目のクワイエットデイは見る所もなく8着敗退、訳分からん。
 しかし、このレースからどこを繋げてみればいいんでしょうかねぇ? 帝王賞? ううむ、だからどないやねん、って言う番組でした。

 本日:2勝8敗▲2280円/22600円(この600円という中途半端分は京都の最終Rでトレノトマトが除外されたためです)。

 今日の当たり馬券:京都1Rのユーイチ馬券。

 今日の嘆きの馬券:嘆きまくりです、毎度々々、ったく。まずは京都9Rのサクラオリオン、馬体重が10kg増えてたので(着いた所でパドック見てない)、それだけで本命をマルブツライトに変更して撃沈。続く10Rでもオメガエクスプレスから買うはずやったのに、折からの雨で、前走雨で勝ってるモルトグランデに変更してドボン。素直に前日予想で買っとけっつーの。全くダメダメです。
 予想が悪いんではなくて、自分が悪いのだと改めて気付かされたこの2日でした(何を今更・笑)。

 
 ホント、フローラSが当たってなかったらズンドコまで落ち込んでましたね。
 これで青葉賞にオーシャンエイプスが出走できて、権利獲ってくれたらダービーでは間違いなく本命になるでしょう。だからユーイチJを乗せてあげて下さい(爆)。
 天皇賞よりこっちの方が楽しみです。

 それとジョッキーズマスターズ、結構笑わせてもらいました。まずはカッチーの拙い喋り(笑)、見たまんまの好青年ですねー、ハハハ。
 あと、岡部さんの騎乗、折り合ってんのか? と思ったけどど、しがみついてるだけのようでした、わはは。
 勝ったのは河内っつぁん、これで岡部さんが勝ってたら出来レースもええとこで、こんな企画は潰れてしまえ! と思ったが、河内っつぁっんが勝ったので今後も継続して欲しいですね(笑)。
 しかし斤量が中途半端やったんはあれは人体重なんスかねぇ? 河内っつぁんの53.5kgとか中野さんの59kgとか。
 とにかくワタシ個人的には馬券売れ、ってことですかね(懲りんヤツです)。

 さーて、SF映画の「ロッキー4」でも観て気力を奮え立たせるとするかな。
  

|

« 福島牝馬S涙のハズレ馬券解説 | トップページ | 天皇賞(春)追い切り「私見」 »

コメント

日月さん、コンバンハです^^
いやぁ~、ベッラレイアがあの展開で届いちゃうとは…恐れ入りましたよ。
展開も読んで、イクスキューズから買ったのにこの有様。残り100mまでは夢見ました(苦笑)。

ジョッキーマスターズ盛り上がってましたよ~。今度は、もっとメンバーを多彩にして欲しいですね。
本田さんの「空気を読んで抑えた」のコメントはナイスでした。

来週は、サムソンですよ~!メイショウはこちらに頑張ってもらいましょう(笑)

投稿: いちご一恵 | 2007年4月22日 (日) 23時48分

いちご一恵さん、おはよーございます。
イクスキューズから行くとはナイスです。
ワタシには絶対軸で買えません(理由はいろいろ・笑)。
ホント、よく届きましたよ、ベッラレイア。
ミンティエアー共々オークスでは楽しみです。
ジョッキーズマスターズ盛り上がってたんですか?
阪神ではお気楽な空気で笑い混じりでした。
確かに本田調教師ナイス(笑)。
次回は是非とも馬券を(もうええっちゅうに)。
天皇賞、やっぱメイショウサムソンですけど何倍くらいの人気なんでしょうか?
見方は混戦? 1強? 買い方が難しいレースになりそうです。

投稿: 日月 | 2007年4月23日 (月) 06時59分

今晩は~
フローラS的中おめでとうございます。
このレース勝手に渋い(微妙な)騎手が勝つレースと思っていたので松田大作騎手の複勝をドカ~ンといってしまいました。後チョット(2馬身くらい)で的中だったのに・・・(悲)
秋山騎手も微妙なのに・・・。

投稿: ビッキー | 2007年4月23日 (月) 21時07分

ビッキーさん、こんばんはー。
あれ? 秋山Jって微妙ですか(笑)?
松田Jは微妙どころかハマってますけど、はは。
でもアンタレスSのワイルドワンダー&岩田Jで取り返したんじゃないんでですか?
最近ますます岩田Jが嫌いになってきました、マジで。

投稿: 日月 | 2007年4月23日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/14810912

この記事へのトラックバック一覧です: フローラS当たり&アンタレスSハズレ馬券解説:

« 福島牝馬S涙のハズレ馬券解説 | トップページ | 天皇賞(春)追い切り「私見」 »