« 皐月賞追い切り「私見」 | トップページ | 皐月賞ハズレ馬券解説 »

2007年4月14日 (土)

中山G・J&マイラーズカップ外れ馬券解説

41427414g2   くぅ~~~、やっぱ春はこうじゃなくっちゃ!!! 
 昨日の天気予報では夜から雨が降り続いて今日は90%の予報。
 ところが朝起きてみたら快晴! 布団も干したし洗濯もして朝ご飯食べてちょっと昼寝して、これで、これで、これで馬券が当たってたらサイコーだったんですけど(暗)。
 ともあれ阪神競馬場の桜は半ば散りかけてるけど凄く良かったので画像は縮小しないでUPしてますんで、お楽しみ下さい。

 
051  さて、やっぱG1は11Rにしないと値打ちがない、中山GJ。
 とにかくワタシはこのレースを予想する上で明確に決めてたこと、カラジを切る、これに尽きます。
 ◎スリーオペレーター:前走コウエイトライを破ったのはフロックではない。距離も大丈夫でしょう。
 ○メルシーエイタイム:中山大障害2着にして休み明け勝利、更なる上積みあり。
 ▲リワードプレザン:障害4戦3勝、4歳馬で勢いもある。
 △アグネスハット:これは外せませんよね。
 △ストームセイコー:重賞勝ち馬、前走も差のない4着。

 カラジ:初来日時から買ったことがない。12歳馬の障害3連覇なんてありえん。そもそも日本の障害は結構スピードも要求されるんじゃないの? 近走の成績考えてもとても頭は考えられんし、考えたくもない。
 その他外国馬:酷いメンツ。

 このレースは3連単だけ買った2頭軸フォーメーション。とにかくカラジ来るな。

 いきなりアグネスハットの落馬で幕を開けたこのレース、スリーオペレーターが主導権を握ってレースを進めたが中盤からカラジが進出、しかも手応えが良い、マジぃ!?
 最後はスコットJの左の鐙が外れてたにもかかわらず、怒濤の風車ムチで持たせてしまった。恐れ入りました、しかし来年も来るんかいな、たまらんなぁ。ワタシの予想の範疇を越えてます、とほほ。
 2着はマチカネフクキタル産駒って渋いリワードプレザンが追い上げて、3着に2軸の内の1頭、メルシーエイタイムが入った。スリーオペレーターは4着、ストームセイコーが5着。
 なんや、カラジ以外は悪くない馬券やん、くそう、カラジめぇ…。
 来年必ず来いよ! また馬券から外してやる! キサマが衰えるのが先か、ワタシが認めるのが先か、認めるつもりはないがな!って内心は認めてます、この馬とアサカデフィートは歳を忘れます(タマモドンはようやく衰えてきたか、ふふふ)。

052 414g2_1 G2_11 G2_12  続いてここにスズカフェニックスが入ったらG1になっちゃう程の好メンバー、マイラーズカップ。
 なんつったってG1馬が4頭ですよ。中には過去の馬もいるけど(笑)。
 ◎スイープトウショウ:ここで走らんかったら終わってる、試金石の一戦。
 ○エイシンドーバー:正直言うと当初の本命はエアシェイディだったので繰り上がりで単穴から対抗。気になるのは転厩初戦ってことか。
 ▲サクラメガワンダー:阪神実績考えたら買わないとといかんでしょ、岩田J乗れてなくても。
 △フサイチパンドラ:応援馬券です。
 ×マイネルレコルト:前走一叩き、追える安部幸Jは怖い。3着で(以下同じ)。
 ×マイネルスケルツィ:ローテがキツイ気がするので来ても3着。
 ×コンゴウリキシオー:逃げて残るのはこれ。

 ハットトリック:青鹿は反則的に馬が良い、けど近走成績考えたら終わってるとしか言いようがない。
 エアシェイディ:こりゃ明らかに輸送で減ったもんでしょ。本命から一転バッサリ、こりゃ要らん。
 ローエングリン:まさかこれ買ってる人居ませんよね? 前走は馬場といい展開といい全てがハマったレース。今の阪神はこの馬が通用するコースじゃない。
 アドマイヤキッス:通用しません、しかも騎手が全く乗れてねぇユタカJ。
 アグネスアーク:追い切りから良くないし、発汗もキツイ。
 スーパーホーネット:藤岡Jやから。
 イースター:条件は良いけどちょっと使い過ぎじゃない?
 
 逃げたのはやはりコンゴウリキシオー、それは予想通り。しかし最初の3ハロンはそんなに速くはなかったが(34秒7やったっけ?)、その後のペースが考えてたよりも速い。スローペースのよーいドンを考えてたのを逆手に取った見事なペース、そうそう、こんな騎乗もありやん! 馬券的には良くないけど(笑)。
 大逃げの形になって(他の騎手がなまくらやから)セフティリードを保ったまま最後の直線へ。ラスト2ハロン目でなんと10秒台が出てる! これじゃ突き放されるわな、そんで34秒で上がっちゃったんやから後ろからでは物理的に届かん。こういうことが出来るのは流石藤田J。まぎれもなく一流です。
 これで阪神開催も終わりやけど、次開催からはこういう逃げもありやと各ジョッキーは頭に入れておもしろいレースを見せて、そして魅せてもらいたい!
 そんな展開の中、外を回らずに内を突いて追い込んだスイープトウショウはやはりまだ衰えてなかった。なんと32秒7で上がってます、ムチャクチャな末脚です。あのハットトリックより0秒5速く上がってます、すごっ!!! この馬は距離云々よりポン駆けが利きますね。それにしても藤田Jとは相性悪いようで(アサクサデンエンの事ね)。
 あっさりスイープには交わされたが終始2番手追走したマイネルスケルツィが3着、ここいらがこの馬の限界か。4着に驚きのアドマイヤキッス、5着に不甲斐なかったサクラメガワンダー。ハットトリックの6着は復活の兆しを感じた、まだ終わってなかった、と思う。7着のエイシンドーバーはよう分からん、相手が強すぎたか。フサイチパンドラ9着、休養させて立て直してください。エアシェイディ、ローエングリンは今度は着順を入れ替えて11-12着、難しいですね。

 終わってみたらコースレコードの1分32秒2。ほとんどの馬が上がり33秒台で上がってるからよーいドンには違いないんだが、今日は初めてあんな形の騎乗をした藤田Jが素晴らしかったって事でしょう。明日のローレルゲレイロもやってもらいましょ!!!
 それにしても桜花賞1週間後にこの快レコード、ウオッカもダイワスカーレットもやはり普通の3歳牝馬でほっとしました(笑)。

 
 本日:0勝10敗▲17500円     全然ほっとしてねぇって。

 今日の嘆きの馬券:阪神5R、ユーイチJのオグリスペシャルから買うもユタカJ堪えきれずにズルズル後退、もう一頭狙った藤田Jのレントゲン(この馬名は秀逸です)は3着でぎゃぼん。
 阪神10Rのブレイバー、幸J、仕掛けワンテンポ早かったか? くやちー。それにしても勝ったと思われたこのレースをハナ差負けたユタカJは運も無いってか。

 
 しかし今日はたいした馬に乗ってた訳じゃないが(失礼)ユーイチJ2勝とはよくやった! 今日の阪神は日本のトップジョッキーが皆集まって、それでも乗る馬が無くて、みたいなそんな状態で2勝したのは誉めて良い、もちろん吉田稔Jも。実際やるよなー。
 
 さて、明日は勝てる馬でしか勝てないユタカJが勝つんでしょうか? しかし1番人気とは驚いた。
 この馬は切ることは出来ないが(去年のアドマイヤムーン臭いけど)、フサイチホウオーはバッサリ行こうか思案中である。
 馬体並べたら強い、とかやたらうるさい。明日は下手したら馬体も併せられんと終わる、っつーの。
 先行するローレルゲレイロとヴィクトリーの人気があまりにないので狙ってみたいと思う。
 
 ま、もちょっと考えてみます。  
 

|

« 皐月賞追い切り「私見」 | トップページ | 皐月賞ハズレ馬券解説 »

コメント

日月さん、本気でヴィクトリーお勧めですよ!!ってか、たんぱ杯2着馬なのに人気なさ過ぎですよね。

投稿: 魔神 | 2007年4月14日 (土) 23時03分

魔神さん、ワタシは去年からオススメしてたんですけど(笑)。
しかし中間、順調じゃないのは確かなんですよねー。
でもカッチーに賭けてみるか、今の中山の勝ち方を最もよく知ってる騎手ですからね。
間違ってもホウオーとオーラの決着にはならんでしょ、ってかなって欲しくない(笑)!

投稿: 日月 | 2007年4月15日 (日) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/14677746

この記事へのトラックバック一覧です: 中山G・J&マイラーズカップ外れ馬券解説:

« 皐月賞追い切り「私見」 | トップページ | 皐月賞ハズレ馬券解説 »