« 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 名古屋大賞典ハズレ馬券解説 »

2007年3月25日 (日)

高松宮記念&マーチSハズレ馬券解説

 ペールギュント!? マジかい!? 腰砕けました。んなアホな…。

Photo_163  高松宮記念です。
 上記のようにお嘆きの方さぞかし多いことでしょう、それでワタシのハズレも多少昇華できるってもんよ。
 とにかくこの日は馬場の見極めでしょう。
 雨降ってないこないだまでの中京なら差し有利、なので絶対的にスズカフェニックス。
 だけど9Rのはなのき賞でユーチャリスとアロープラネットの前2頭で決まっちゃった、しかも内通って(この際、落馬があって後ろが来れなかったってのは見逃して下さい)。
 続く10Rのトロフィーディールも前で前で競馬して勝った。
 んんん? これって差し馬には厳しい展開かぁ?って思ったが昨日突然小人が(もうええっちゅーに・笑)馬券を買い換えたのに懲りたので初志貫徹で買うことにした。
 差しが決まればスズカフェニックス、前で掃除するのはエムオーウイナー。
 ◎スズカフェニックス:この馬は要はデュランダルなんですよ。エンジンさえ掛かれば必ず差す。阪急杯はユタカの乗りへぐり、あんな外に出してどうする。1200mでも対応可能でしょ。
 ○エムオーウイナー:前で競馬して勝つのはこれか。
 ▲シーイズトウショウ:これ9・10R観て怖くなって印上げた。
 △マイネルスケルツィ:これも前で競馬出来るので印上げた。
 △プリサイスマシーン:この馬って去年4着なんよねぇ、8歳から9歳になって成長してるとは思えん。
 ×スリーアベニュー:3連単の3着で。追い切りもの凄かったし。

 ディバインシルバーが逃げるのは分かってたがそんなにペースは速くない、はなのき賞の方がテンの3ハロンが速かった。ここでスタート良すぎた小牧J&エムオーウイナーが付いて行っちゃった、確かに日刊スポーツのコラムでスタートに気を付けるとは言ってたが…。
 スズカフェニックスがプリサイスマシーンの後ろに位置取ったの見て、あ、こりゃ勝ったなと思った。
 3角から4角にかけてマクっていくユタカ、これに反応出来たスズカフェニックスはお見事。
 ラスト200mで先頭に立とうとするエムオーウイナー、ラスト100mでスズカが差したので、獲った!!! と思ったのも一瞬、外から差してきたのは何とペールギュント、マジぃ???
 プリサイスマシーン2着でも良かったのに!
 で、4着は最後方から大外を回って押し上げたビーナスライン、これはこれでスゴっ!
 しかしあの位置取りから早めにスパートかけられたら2馬身半の着差も納得。スズカの後ろから同じようなコース通ったペールギュントが2着、その瞬発力の差が出た。
 あの馬場で34秒6の上がりですもんね、圧巻!
 しかし最速上がりはビーナスラインの34秒3でした。秋山Jのコメントで「内枠やし馬場も内が悪いから最後方に下げて何頭交わせるか、って思ったけど17頭は交わせなかった」ってなコメント出してた。それでも14頭抜きやもん、平坦は走るねー。
 勝ち馬、ってか上位馬がみな外回ってきてたってのは9・10Rとは全く違った傾向でした。
 惜しむらくは小牧J&エムオーウイナーが前走みたいに出遅れて、そこからの競馬やったら勝ち負けになってたか。ビーナスライン以外は内枠壊滅やもんねぇ。
 スズカフェニックスはもちろんマイルも、ってかマイルの方がOKやし、東京の2000mなんて抜群な条件やと思うが秋天出んでしょうね。あ、でもアドマイヤムーンが回避したら出るか(笑)。
 とにかく強かったスズカフェニックスでした。

Photo_164  こんなんやってましたマーチS(笑)。
 正直当たる気がせん、なのでフェブラリーSの実績から。
 ◎ビッググラス:これがまた追い切り走ってたの。
 ○トーセンブライト:鉄砲利くのよねぇ。
 ▲クーリンガー:一回当てさせてくれ(笑)。
 △トラストジュゲム:前走強かったし持ち時計もある。
 △オーガストバイオ:これも追い切り破格の時計。
 ×ツムジカゼ:3連単のみ。仁川Sの走りから。

 で、何でその仁川S勝ったクワイエットデイ買わん(爆)。
 いやー、仁川Sと同じく内からするすると勝たれてしまいましたね、恐るべし、角田J。
 ビッググラスはスタートは良かったが外枠やったんでコーナーワークで後方に置かれたのが痛かった、でも前で競馬してても伸びなかったでしょう。これまた9着沈没、ってなんでみんなワタシの本命馬は9着なん!? 9るしめってことでしょうか(笑)。それとも今後も99泣かされるって事でしょうか。
 果たしてここにオリンピアンナイトが出ていたら何着やったのか、気になりますね。次走こそが勝負でしたから。
 それにしてもクワイエットデイとはねぇ。そーいや前走後、角田Jが「この馬走りますね」って言ってたような気がする、けど買えないよねぇ。9-8-4番人気で荒れたマーチSでした。
 クーリンガー8着か、チッ(ぼそっと・笑)。

 
 本日:2勝6敗▲580円/21000円   負けるの簡単やけど勝つのむずかちー。

 今日の当たり馬券:中京9Rはなのき賞、1点買い。中京最終、伊勢特別パープルイーグルからウォーターダッシュへ1点買い。なんで1点で当たって手広く買って当たらんかねぇ???

Photo_165  今日の嘆きの馬券:エイシンデピュテイとゼットフラッシュに割り込んだトウショウカレッジめぇ、と言いたい所だが、って言ってるが、それより君子蘭賞のウインナワルツでしょ。
 何故か逃げがまた決まってたのに、後ろから行って挙げ句大外回されてじゃどんな脚持ってても届く訳無いって。無事に回ってくるだけやったら好騎乗やったけど、これは勝負でしょ。
 柴原Jしっかりしてよ、ったく。

 しかし当たったのが中京だけとは驚きです。得意の阪神が当たらんがな、どないなってんの。
 今週は土曜は仕事で何故か静岡に日帰り出張です。
 馬券買えるかなぁ? 幸いたいしたレース無いのはありがたいが。
 日曜は大阪杯、正直小粒なメンバー構成ですが、アサカデフィートが天皇賞に向けて始動です(もちろん秋の、ですよ・爆)。
 メイショウサムソンが圧倒的に勝つのか、それとも復活は遠いのか楽しみです。
 あ、それよかドバイですね、楽しみなのは。

|

« 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 名古屋大賞典ハズレ馬券解説 »

コメント

日月さん、コンバンハです^^
実は、心斎橋Sでトウショウカレッジでオイシイ思いをした一人です(苦笑)。

それにしても、マーチS、高松宮記念は当たりませんよね~。あれを的中できた方がいたら、挙手していただきたいですよね(笑)

来週は、いよいよドバイ。楽しみなメンツが揃いましたね。土曜日は眠れなさそうです(笑)。

投稿: いちご一恵 | 2007年3月25日 (日) 20時18分

いちご一恵さん、お早いお越しで(笑)。
トウショウカレッジ、昇級戦であそこまで走るとはやられました。
しかしペールギュントですよ!? ひっくり返ってもよう買いません、もちろんクワイエットデイも。
ドバイ、ヴァーミリアン大期待です。相手は強すぎるけど、この馬もどこまで強いか分かりませんから。

投稿: 日月 | 2007年3月25日 (日) 20時29分

日月さん、ビーナスラインで、200万取り逃しちゃいましたよ(泣)これで、今年はもう駄目そうです!

投稿: 魔神 | 2007年3月25日 (日) 20時30分

魔神さん、こんばんはー。
ビーナスライン鬼脚でしたねぇ。
でも馬券に絡んでくれない所なんて、いつぞやのスティンガーみたいです。
カッチー、ごるぁ!!!

投稿: 日月 | 2007年3月25日 (日) 20時40分

こんばんは。

日月さん惜しかったですねー。

スズカフェニックスにあの競馬されたら敵いません。

ちょっと悔しいけど強さを認めます。

投稿: ころすけ | 2007年3月25日 (日) 21時47分

いやー、ころすけさん、ワタシも馬券獲ってませんから(笑)。
ユタカJ的にはやはりあの阪急杯が痛恨だったと思います。今日は二度とあの轍は踏まん、ってな全てが逆の走りでした。
しかしペールギュントではお話になりましぇん。
週末のドバイは果たして勝ち馬現れるのでしょうか?

投稿: 日月 | 2007年3月25日 (日) 21時56分

日月さん こんにちわぁ~

スズカフェニックス強かったですねぇ~
パドック見たら「スズカしかない!!」って思うほどよかったですよぉ 単勝買わなかった私は、アホですねぇ
ペールギュントも確かにパドック良かったんですけど、馬柱見たら買えないですねぇ~ 中京競馬場は、溜息と罵声が凄かったです(笑)

ドバイも楽しみですが、明日の名古屋大賞典も楽しみです! キクノアローとブルーコンコルドどっちが強いでしょ?? 私は、勢いでキクノアロー!

投稿: てげ | 2007年3月27日 (火) 14時07分

そう、仰るとおり、キクノとブルコンの一騎打ち!
ワタシはブルコンで行きましょう(笑)。
キクノ58kgですし。

投稿: 日月 | 2007年3月27日 (火) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/14399744

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念&マーチSハズレ馬券解説:

» 高松宮記念回顧 【競馬で小遣い稼ぎ】 [競馬で小遣い稼ぎ!プロ顔負けの競馬予想でリーマン脱出を目指すブログ]
主役不在の短距離界に新星が誕生か!スタートをきっちり決め、3角では内目の6~7番手、4コーナーを回ったところでは馬を外に持ち出して早々と先団に取り付いて直線は矢のように伸び、追いすがるペールギュントを2馬身半差押さえ込みスズカフェニックスがG1初制覇を飾った...... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 14時54分

« 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 名古屋大賞典ハズレ馬券解説 »