« 高松宮記念追い切り「私見」 | トップページ | 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説 »

2007年3月22日 (木)

「ちょいめしあさチャン」爆裂中盛編

 あかん、死ぬ…。
 
 行ってきました「ちょいめし あさチャン」その2です。
 ホントは明日行こうかと思ってたんですけど、よう考えたら明日って休みやなかったかなぁ?
Photo_152  ←この画像で「楽曲『おとっつぁん』を森進一氏に提供する為一日を費やします。だから休みです」と書いてるその日が明日、23日な訳です。
 それに3の付く日は「珉珉」の餃子の日、半額です。
 ならば行くしかないでしょう! 「あさチャン」へ!!!

 店内に入って待たされること3分、同僚と行ってたんで、カウンターは空いてたけどテーブルを取ってくれる、ありがたし。
 その間に注文訊かれたので言いましたよ「親子丼中盛!」って。
 一気に凍る店内(ちょっと話でかいです・笑)。しかしマジで店のおばち…いやおねいさんが、「止めときって、食べられへんから!」、そんでスキンヘッドの強面の大将に「この人中盛って言うてんで、どうする!?」なんて会話が飛び交う店内。
 テーブルが空いたので、2人で座って、改めて「中盛」と注文するが「ほんまに食べれるか!?」と気を使ってくれる。
 ワタシは前回「並」を後にはもたれてたけど、わりとすんなり食べれたので、「大盛」じゃなくて「中盛」なんやから「並」から推し量っても大丈夫であろうとタカをくくってた訳である、ってか舐めてたんですね。
 ワタシの覚悟を(本人は至って暢気でしたが)確認したおば…いやおねいさんが、ならばとルールを説明。
Photo_153 Photo_154  普通はこのメニューにもあるように「中盛」ギブアップなら2500円なのだが、時間がお昼だったので壁に書かれてる「混んでる時」になってしまっていてギブしたら5000円になってしまった、お~~~い。
 でもまさかワタシが食べきれない訳はないと変な確信がありました、いや過信してました。
 「味噌汁はどうする? 要らんやろ? 腹膨れるから止めとくやろ?」とか、そこまで心配してくれたが、それでは男が廃る、「いーや、味噌汁もちょーだい!」なんて格好付けてしまったんである。

2750 322 Photo_155  まずは同僚のカレーが出てきた、スゲっ! これで「並」です、どこがやねん!!!
 ここらで嫌な予感、遅れて出てきたワタシの親子丼、って洗面器やん!!! 奥のカレーとの遠近感もあろうが、このでかさ、カレーなんて「並」ですよ、「並」。ホント洗面器大にてんこ盛りです。「並」からの落差凄すぎやん! ちなみにお味噌汁入ってる器が普通の丼です、わはは。
 ワタシは週末ご飯作る時、少量炊くのも美味しくないのでいつも4合炊いて2回か3回に分けて食べるんですけど、この量はその4合炊いたジャーからプリンのようにひっくり返して器に移したような、そんな量でした。
 もはやこの洗面器、いや丼に目を奪われてたので聞こえなかったんだが、どうやら制限時間は30分やったらしい。
 こうなりゃ自分を信じるしかない! れんげで食べ進めていくんだが、まるで竹槍でB29を落とそうとするかのような虚しい行為。更にありがたくない…いやありがたいことに親子丼なので鶏肉がこれでもかと入ってる、食べ応えありすぎやん(涙)。
Photo_156  何とか半分まで食べた、もう汗と涙でグチャグチャである、ここまで10分。
 さすがにこんだけ食べ進むと味に飽きてきた。なのでソースかけたり醤油かけたり、一味振ったり、でも決して汁物には手を付けずに必死こいて掘り進む。何てったって失敗したら5000円、ちなみに財布の中には3000円しかない、明日が給料日やもん。
 3/4まで食べた所で、止まりかけてしまった、ここまで20分。
 しかしここで休憩してしまったら得てして食べれないもんなんよねー。嫌でも口に運ばなきゃいかんのだ。

200_2  はい、27分かけて食べきりました。最後の2口はマジで苦しかった。しかしご飯は食べたが味噌汁が残ってるぅ! おば、いやおねいさんの汁止めとき!って忠告を聞いときゃ良かっだぁぁぁ。
 いやー、今から考えてもよく食べれたよなぁ。
 そんなこんなで完食したら、おねいさん達が一気に湧いた、強面のスキンヘッドの大将も笑顔で褒め称えてくれた。
 いやー、ちょっと感動したね、大飯喰らいも芸の内、ってか。
 もはや意識朦朧ではあったが…。

Photo_157  で、もう一度このメニューを見てもらいたいんですけど、中盛完食200円、ギブアップ2500円ってあるでしょ? ワタシはこの200円の意味が分からなかったんです。
 中盛やから親子丼650円から200円アップの850円かと解釈してたんですよ。
 そんで、ふらふらで会計に行って(この段階でおねいさん達のテンションはメチャ上がってます・笑)、1000円札渡して帰って来たお釣りが800円、何でこんなに大いんだぁ!? あ、そっか、200円って完食した場合の報奨金みたいなモンなんか!? いやー、素晴らしい! やるぜあさチャン!
 しかし冷静に考えたら、食べたら200円、残したら2500円なり5000円、なら650円って価格は何なんや!? どっちかしかないやん、これも大阪らしいっちゃ大阪らしいですねー。

 今度はこれまた大食いな同僚が(おそらくワタシよりも食べるであろうと思われる)チャレンジしたがってたんで、来週また行くことになるでしょう。
 で、ワタシはもはや盛りにはこだわらず、今度はおかずの多さとキャベツの盛りを堪能してきたいと思ってます、気分楽ですよ、ハハハ。
 しかし「中盛」で洗面器ですから「大盛」になると何になるんでしょう? 末恐ろしい「あさチャン」でした。

 もう当分丼物は食わんぞ、と。  

|

« 高松宮記念追い切り「私見」 | トップページ | 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説 »

コメント

日月さんこんばんわ
あのカレーが並盛ですか。信じられない量ですね。
しかしあの親子丼30分で食べきるとは日月さんどういう胃をしてるんですか!?
今度是非大盛り挑戦して下さい(笑)

投稿: ビッキー | 2007年3月23日 (金) 20時44分

今日の記事 楽しみにしてました(笑)

お見事としか言いようがないです。
洗面器の丼は、想像できません…
大盛ならバケツですかねぇ~(笑)

投稿: てげ | 2007年3月23日 (金) 20時50分

ビッキーさん、あのカレーが「並盛」なのは信じられんでしょ!?
更に丼はでかいんです!!!
いやー、5000円払わんで良かった、200円ですんで良かった。
ワタシは小市民なんでここらで挑戦者から観戦者に回りたいと思います、だって完全燃焼したも~~~ん!

投稿: 日月 | 2007年3月23日 (金) 23時49分

いやー、てげさん、桜花賞の前に行きますか(爆)?
聞いた所によると「特盛」は2升あるらしいです、つまりは20合!!!
しかしフードファイターの山本某は13分で食べたとか、ホンマかいな、この話。
とすると「大盛」は1升メシだと思われます。
大阪場所の力士連れて行きましょう(笑)。
ま、つくづく平凡な男です、ワタクシ。

投稿: 日月 | 2007年3月23日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/14352985

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょいめしあさチャン」爆裂中盛編:

» スズカフェニックス [駆ける衝撃]
強かった、とにかく強かった次は、安田記念も狙えそうだ!競馬渡辺理論(悪魔の完結編) [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 17時53分

« 高松宮記念追い切り「私見」 | トップページ | 毎日杯&日経賞ハズレ馬券解説 »