« スボリッチにやられまくり、WSJS&ステイヤーズSハズレ馬券解説 | トップページ | 朝日杯FS追い切り「私見」 »

2006年12月 4日 (月)

阪神JF&中日新聞杯ハズレ馬券解説

Gt_4  馬ななさん。いやー、スボリッチには罪はありません。昨日はさんざんいじってしまった所、最終でアドマイヤカンナ炸裂! メチャメチャ弾けてて、ドイツ人のイメージを払拭した(笑)。いやー、あんなに軽いドイツ人とは知らんかった、なので敬意を表して「スボやん」と言わせてもらいます、ね、スボやん♪ 
 
 一日経ってしまいました。
 昨日はノーホーラだったにもかかわらず、あまりのレースのおもしろさに、仁川駅ではあるが競馬場とは反対側にあるお寿司屋さんで「内海」さんに行きました。市場直送の魚は安くて美味い! とくにここは蒸し穴子が美味い! 口の中であっという間に溶けちゃう、サイコー。
 駅前の「鳥居」さんも美味いけど、「内海」行って損はないですよ、お客さん(誰やねん・笑)。

 まぁ、昨日のことですし、今更ぐだぐだ言うこともないので軽く。
1236r  5Rから行こうと思ったが、また一本電車遅れちゃった。なので新馬戦、ニュービギニングから観た。
 ディープインパクトの下とは言え、その上が走ってないしね。
 この馬も勝つには勝ったが、それだけ。勝ち時計は2分8秒0、2000mのタイムじゃないって。なら上がりが速いかというとそうでもなく、上がり35秒3。阪神JFが1分33秒1って究極のタイムで勝ってるので、レベルが低いとしか言いようがない、ニュービギニングでした。

1238r  続いて注目場は阪神8R、1800mのダートについに中央に戻ってきたスターフォワード!
 結果は散々でしたが、芝使ってくれんかなぁ、サッカーボーイにワライトマズルですよ、芝の長い所を見たいよ。

 
_127 124jfg1 Jfg1 Jfg1_1 Jfg1_2  では阪神JF(G1)です。
 一番良く見えたのはローブデコルテ、次がアストンマーチャン、その次が-10kgでスッキリのウオッカ、この辺か。ルミナスハーバーは確かにお腹が巻き上がりかけてるが何とか持ってるって感じ。
 なのでこうなりゃ地力信頼、本命はルミナスハーバー、来い!
 対抗にはアストンマーチャン、外せんな。
 単穴はロ-ブデコルテ、戦ってきた馬強いよ、追い切りも良かったし、上積み期待。
 白でウォッカ。-10kgの影響は見られんかった。差しに回ってどんな走りをするか。
 白もう一個、クラウンプリンセス。別路線組って所が買い。デイリー杯の追い込みが出来れば
 ×テンザンコノハナ。内枠の逃げ馬って事で。

 ハロースピード・イクスキューズ・ハギノルチェーレ・マイネルーチェ、これらファンタジーS組の巻き返しは不可能でしょ、要りませんね。

 レースが始まって好スタート切ったのは意外なルミナスハーバー。「誰も行かないから行った」ってコメント言ってたか、でも気分よく走ってる様子。
 アストンマーチャンのユタカJも必殺フライングスタートでも逃げはせず、体力温存。直線入ってルミナス、小牧Jは辛抱するも、内に入れてユタカJが末脚爆発、一瞬で抜け出したが、坂を外からぐいぐい登坂してくる馬が居た、ウォッカ。まさかあの距離を詰めて差し切っちゃうとは恐れ入りました。
 マーチャンも自分の競馬に徹したし、ルミナスは身体が戻ればもっとやれる、ローブデコルテはTVが前の2頭に行っちゃったんで、よう分からんかったが、外から追い込んであわや3着の4着。
 ユーイチJも言ってたけど、このコースでも外枠は不利やってさ。パトロール見たけど、相当外々回ってんのよねぇ。なかなか公正な競馬にはならんか。ならば昔の外枠不利とか、そういう個性のあるコースの方が好きですね。ノリJなんてみんな広くなってつまらん、ってな事言ってたそうやし。
 ま、とにかくGブーツTでも2分00秒4ですよ、それを2歳馬がマイル戦で1分33秒1!!! 今年は大物牡馬がまだ出てないけど、牝馬のレベルは相当高そう。
 こうなりゃ桜花賞が楽しみになったきたなぁ、うきうき。

 
_128  お次は一応、中日新聞杯。
 ここまで落ちてこれ勝てんかったら今年の4歳勢は壊滅でしょ。
 なのでインティライミ本命。相変わらず動きは良い。
 相手はマヤノライジン、休み明けは良いでしょう。
 単穴はマヤノグレイシー、2000mってのが引っかかる。
 白でミツワスカイハイ、中京合ってる。
 
 4角でインティライミが進出して、早め先頭に立つが外からマヤノライジンが追い込んできた、でもこの2頭で決まり、と叫びまくってた所、内から巧みにルメールマジック炸裂、勝つかぁ!?
 トーホウアランは京都新聞杯の一発屋と思ってたんで驚いた。こりゃ悔しい馬券でしたねー。
 しかしルメール、勝つんやったら昨日のステイヤーズSで買ってくれい。しかしペリエにルメールか、キッチリ仕事してるよなぁ、あ、あと我が友スボやんも(笑)。

 昨日:0勝8敗▲21000円   どこが得意の阪神やねん(苦笑)。

 
 WSJSの表彰式ではスキップでもない、訳分からんジャンプして出てくる茶目っ気ぶり、壊れてます、スボやん(笑)。表彰台でも大はしゃぎでした、良いヤツじゃん、スボ、ハハハ。
 ちなみに最後まで熱心にサインしてくれてたのはプラードでした、流石アメリカ人、ファンを大事にしよる。この人、去年も最後までサインしてくれてたんよねぇ、なかなかの人格者や。
 濱口さんはパドックでカニのような顔がにこにこ笑ってる、ええおっちゃんやんなぁ。最後のシャンパンファイトで掛けられまくりやったよう。
 
 ああ、祭りの後の寂しかった事よ。ワタシはクリスマスが終わった12月27・28日くらいの寂しい時が好きなんですが、昨日はまさにそんな感じでした。
 さ、来週は朝日杯なんちゃらSですか、スボやん何乗るんやろ? 要注目Jですよ!

 今日はここんとこ潰れるまで呑んでたので休肝日っス。

|

« スボリッチにやられまくり、WSJS&ステイヤーズSハズレ馬券解説 | トップページ | 朝日杯FS追い切り「私見」 »

コメント

昨日も阪神に行ってたんですね。(いいなー)今年のWSJSはスボやんも良かったですが、ワタシ的にはアドマイヤディーノの濱やんにしびれました。あのおっちゃんはカッコイイ!!(中央に来てくれんかなぁ)
それと、朝日杯なんちゃらSはぺりやん勝負で!
ついでに、ニュービギニングは駄馬だったということで、おやすみなさぁ~いZzz。

投稿: 馬ななやきそ馬 | 2006年12月 5日 (火) 01時58分

そうなんですよ、馬ななさん。
濱口さん、あまりの人当たりの良さげな雰囲気に「濱ちゃん」コールが飛んでました。
もちろん「スーさん」は居ませんが…。しかしアドマイヤディーノから買ってたが当たらん馬券にワタシは複雑でした。

投稿: 日月 | 2006年12月 5日 (火) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/12936399

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神JF&中日新聞杯ハズレ馬券解説:

« スボリッチにやられまくり、WSJS&ステイヤーズSハズレ馬券解説 | トップページ | 朝日杯FS追い切り「私見」 »