« 肺炎日記5、はどーでもいいや、BSN賞ハズレたようで… | トップページ | 肺炎日記7、ってか退院しました »

2006年9月 3日 (日)

肺炎…はどうでもよくないが、小倉2歳S&新潟2歳Sハズレ馬券解説

 携帯から買ってるので、馬券がないのはご了承願いたい。

 元はと言えば、世の中にこんなバカな奴が居るんだ、と、そしてそんな自分を戒める為に開設したこのブログなので具体的なものがないと反省しにくいサルなんですが、それなりに身に染みてますので、もしもこの駄文を読まれている方は、風邪は万病の元と注意していただければ幸いですし、土・日の競馬の負けっぷりを見て、この負け犬め! オレはこうはならんぞ! と思っていただいても結構ですし、打たれても打たれても立ち向かう「両手ぶらり戦法」の矢吹丈を思い浮かべて下すっても結構です。もちろんその場合のラストはトリプルクロスカウンターでウルフ金串のアゴをグシャグシャにしてやりますけどね。
 って一体何の話をしてたんでしょうか? 携帯からUPしてるので全体の構成が非常に分かりにくいんですよ。
 つまりは馬券は載せらんないってことが言いたかっただけですね、長い前振り。

 まずはようやく終わってくれた小倉開催のオーラス、小倉2歳S。
 フェニックス賞を勝った時から決めてたシルバーストーン。11着、見せ場ナシ、不可解ですねぇ。スーサンライダーが3着に入ってる訳やし、ここまで負けた理由が分からん。逆にアストンマーチャンがあそこまで鮮やかに勝ったのも分からん。ニシノマオも見事な走りやった。どれも相手で買ってたが、肝心のシルバーストーンが英国まで吹っ飛んで行っちゃったので全くダメダメでした。後から聞くとユーイチJ、やっぱ足元の不安からあまり強気ではなかったそう、早よ言えよ…。

 続いて大外だけの競馬という、非常につまらなくなってしまった新潟2歳S。
 これも前走ツルマルアイを競り落とした時から本命に決めてたクラウンプリンセス、問題は最内枠だけ。
 相手には上がりの早い馬を買った、ニシノコンドコソ、ゴールドアグリ、小倉組からシャルマンレーヌに一応マイネルレーニア。
 クラウンプリンセスはやっぱ内枠が効いたねー、何とか外へ外へと小牧Jが導いてたが大外にまで行くには距離が足らなかった、真ん中から来るも5着か。
 しかしゴールドアグリは分かる、前走33秒4って最速上がり出してるから。問題はマイネルはマイネルでも何とマイネルーチェ!? こうなるとやっぱ夏は牝馬ってか。あっと驚く決着でした。

 はぁー、これで小倉と新潟からおさらば出来る、って思ってるのはワタシだけではないでしょう(小倉の最終の300万馬券見ましたぁ?)。
 だけど次開催は中京、またしてもローカルなんですよねぇ。また開幕パンパン馬場の行った行った競馬を「予想」せにゃならんのかと思うともはや当たる気がせん。早く阪神帰って来ーい。

 あ、も一つ言わねばならんコスモバルク。
 急遽幸四郎Jに乗り替わってたが、相変わらず抑えの効かん馬ですねぇ。でも幸四郎巧く御してたなぁ。62kgであれだけ走れば上等でしょ。だけど、何でそこまでして使わにゃならん? これでオールカマー抜け殻なったら誰のせい? 今度はオーストラリアにでも行くんか? ファンサービスもええけど目的と手段を間違えんようにしてもらいたいもんです。

 携帯ですのでちまちまちまちま打ってます。
 そんな所へころすけさんからコメントをいただきましたので、この場でお返事を。
 ゴールドアグリ、強かったっス。しかし勝ち方のインパクトはショウナンタキオンに決定的に劣る、これが今日の感想でしょうか、如何でしょう、ころすけさん(笑)?

 本日:0勝8敗▲17500円 入院費どころじゃなくなってきた、やべっ!

 まとめとして、やっぱ競馬はからっとした青空の下で楽しむもんですね、病院のテレビで気を使いながら見るようなもんじゃない。少なくともワタシのイメージは新聞片手、ビール片手でも好し、ワイワイ楽しむものです。
 早く生競馬見たいなぁ。

 最後に、明日は交渉決裂しても退院します (って何の交渉やねん)!

|

« 肺炎日記5、はどーでもいいや、BSN賞ハズレたようで… | トップページ | 肺炎日記7、ってか退院しました »

コメント

日月さん、来週もローカル(中京)なら、もう少し放牧してても良いんじゃないですかね??万全の状態になってから、復帰してください。
本当に健康が一番ですから!

投稿: 魔神 | 2006年9月 3日 (日) 22時39分

日月さん、コンバンハです。
具合を伺いに来ました。あまり、体に無茶をしないでゆっくり治してください。
私としては、新潟・小倉よりも天敵である札幌とオサラバしたいところです(笑)…
そうですか、シルバーストーンは足元の不安があったんですね。じゃあ、最初から出走して欲しくなかったなぁ…なんて思う私も馬券的には被害者です(苦笑)

投稿: いちご一恵 | 2006年9月 3日 (日) 22時52分

日月さん、大人しくしてますかー(してないでしょうね・笑)。
体の具合はともかく、文面からは、いつもの元気さが感じられて、思わず頬が緩んじゃいます。

でも丁度うまい具合に、秋の阪神開催は中京に譲ってもらいますので、焦らずゆっくり治療してください。
「肺炎日記パート2」が、ありませんように祈ってます(笑)。

投稿: じんぺい | 2006年9月 3日 (日) 23時46分

魔神さん、どうも、短期放牧から戻って参りました。
出来ることなら長期休みしたい所なんですけど、ワタシも生活かかってますもんで、安穏とベッドで寝てる訳にも参りませぬ。
ま、ぼちぼち行きますので、魔神さん、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 日月 | 2006年9月 4日 (月) 18時33分

いちご一恵さん、毎度どうも。
多少、無理矢理ではありますが退院しました。
復帰はしますが、のんびり行きたいと思います。
ありゃ? 札幌って天敵やったんですか(笑)?
トライアル辺りになると力通りの決着になるかなぁ、と期待してます。
とにかく最近、馬券難しすぎっス!!!

投稿: 日月 | 2006年9月 4日 (月) 18時37分

じんぺいさん、ご心配おかけしております。
実はこれが「肺炎日記パート2」やったんですよねぇ(笑)。4年前には右肺が止まり、危うく死ぬ所でした。パート3がないようにします、アハハ。
そう、中京開催なんですよねぇ。神戸新聞杯が中京で? 違和感アリアリですね。
ここは一つ、じんぺいさんにお任せしますか!
って中京乗り込んでたりして(笑)。

投稿: 日月 | 2006年9月 4日 (月) 18時42分

そーなんですよね~。

勝ったには勝ったんで強いんでしょうけど何かパンチが効いて無いと言うかふるえるような強さでは無かったのが残念です。

去年のショウナンタキオンの方が衝撃度は遥かに上だったしもしかしたらと夢を見させてくれる競馬でした。(ショウナンタキオン早く帰ってこーい)

案外ゴールドアグリのような馬の方が勝負強いのかもしれないけど脆さと強さを抱えた馬の方がスリルがあって自分は好きだったりもします。

今回は安藤騎手だったですが何となく横山騎手の方が手が合いそうなので次走で真価が問われる?

あとゴールドアグリという馬名は日月さんのおっしゃる通り取っ付きにくいです。(悲)

退院されたとの事ですが一日も早く外に出たいその気持ちよく分かります。
自分も同じようにフライング気味の退院をしたこともありますよ。
でもくれぐれも無理をしないで下さいね。

元気な日月さんの馬券回顧を楽しみにしています。

投稿: ころすけ | 2006年9月 4日 (月) 23時29分

ころすけさん、晩酌中ですか、このこのっ!←何言ってる、オレ(笑)。
とりあえず、ここまでの2歳馬ではスケールの大きな馬ってのはまだ見てないですねぇ。
でも去年のメイショウサムソンの例もあるしねぇ。どこから這い上がってくるか分かりません。
しかし例年通り、京都2歳S、エリカ賞、ラジオNIKKEI賞2歳S、あと、一応東スポ杯2歳Sも入れときましょか(笑)。こんなとこでしょうねぇ。
ショウナンタキオンの復帰はワタシも秘かに楽しみにしてるんですけど、まさか菊花賞に行くことはないでしょうから、神戸新聞杯叩いて天皇賞とか? もう一度あの爆発力を見てみたいです。

まずは明日の通勤ラッシュに堪えられるか、それが全てです、はぁ~~~。

投稿: 日月 | 2006年9月 5日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/11747052

この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎…はどうでもよくないが、小倉2歳S&新潟2歳Sハズレ馬券解説:

« 肺炎日記5、はどーでもいいや、BSN賞ハズレたようで… | トップページ | 肺炎日記7、ってか退院しました »