« プロキオンS&七夕賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 一応西日本スポーツ杯ハズレ馬券解説 »

2006年7月13日 (木)

一日遅れのジャパンダートダービーハズレ馬券解説

 ココログメンテナンス中の為、ちょっと遅れちゃってますが、キーボード叩いてるのはレース直後です。
 だから怒り治まってませんよ!
 ワタシ最近思うんですけど、乗れてない騎手っつったら1にアンカツJ、2にユタカJ、って名前がすっと挙がるくらいにワタシ的に評価は低い。ま、ユタカJの場合はハードルが高すぎるって事は言えるかもしれんが、けどあの馬の揃い方では年間200勝して当たり前(でもそこまで信用されてることこそ今までのユタカJの苦労のたまもの)、ま、ここんとこ調子出てないだけかもしれんが、それでも何やかんや言って見せ場はキッチリ作りよる、こないだのメイショウカイドウ然り。それにほっといても今週末には2日で10勝の堅め勝ちも十分あり得るでしょ。
 ところがワタシは滅多に買わないのがアンカツJの馬券。
 最近、これや!ってな騎乗ありましたっけ? そりゃ今年の桜花賞をキストゥヘヴンで勝ってはいるが桜花賞組よりオークス組の方が強かった訳やし、格別ナイスな騎乗でもなかった。本田JとユーイチJの方が印象に残ってると言えば好騎乗やった。キストゥへヴンは前走でノリJが重賞勝ってる訳やし、それよりはサンヴィクトワールの大敗の方がワタシは印象深い。
 スズカマンボの春天の勝ち方も棚ぼた的な騎乗で、ま、それを勝っちゃう所がアンカツJの勝負強さやとは思うが、G1での、いや重賞での好騎乗ってーと安田記念のツルマルボーイまで遡らねばならん(ワタシ的にね!)。余談であるが、あのレースでのゴール前のムチを一回ししたのはえらくカッコ良かったと思ったもんである。
 んで、そんだけ最近イマイチな割に結構支持されてるからオッズも低いしますます買えない。
 
Jdd  なのに買っちゃったのがジャパンダートダービーです。
 前走のノリJでの勝ち方があまりに鮮烈やったので単勝1倍台でも買った。ヒモ荒れの臭いがぷんぷんしたしね。
 ならやっぱやっちゃった、あの無策な騎乗ぶり。あんなに後ろから行って何するつもりやったんでしょうねぇ。結果4着まで上がってきてる訳やから力はあるんでしょう。当たり前やん、ちゃんと乗ってたら勝ってるって。2着になったバンブーエールは前走でいくら離して勝ったのさ。このレースに限っては「負けて強し」とは言わさんぞっ! 
 とにかくお金賭けてる身としてはやりきれん騎乗ですよー、ありゃ。
 悪い言い方したら、巧いこと負けたなぁ、って感じ。アンカツJにも懲りたんで、当分重賞では馬券は買いません。
 ってんで、重い愚痴になってますが、馬券は負けるはずのないナイキアースワークから買ってます。
 相手はヤマタケゴールデン、何でか! 騎手が池田Jが乗り続けてるってのが魅力と、出来るなら前で競馬してくれたらチャンスは大きいかと思ったから。
 単穴はフレンドシップ。この馬も乗り替わり激しいが、地の利がある騎手が乗ってる。実況アナウンサーの「ウチパク! ウチパク!」ってのが妙におもしろかった(笑)。
 白1で東海ダービーの覇者ホウライミサイル、白2で岩手ダービーの覇者オウシュウクラウン。
 ここまで。ナイアガラはユタカJやし、これまた節操のない乗り替わりなので買う気も起きず。
 ヤマタケからナイキの裏を買って(アンカツJがやってくれちゃった場合、現にやった)、なおかつホウライミサイル、フレンドシップまで全部馬単で勝負した。
 レースは逃げ宣言してたらしいサンキューウインが行ったが、こりゃ別に観てて怖い逃げではなかった。怖いのはその後ろに付けてる2頭、バンブーエールとフレンドシップ。ここが多分、勝つ為のベストポジションなんやろう、ってのは観てて何となく分かった。何せ池添Jが居るんやモン(嘘・笑)。ってか力のある馬が前に居るんやから後ろに居たのでは上手に負ける為に乗ってるとしか思えんでしょ。
 で、直線で力強く先頭に立ったフレンドシップがバンブーエールを抑えて完勝、3着には中団から唯一追ってきた奥州の王、オウシュウクラウンが突っ込んできた。
 肝心のナイキアースワークは後ろから4頭目くらいに居たから10頭抜きで4着、全く何考えて乗ってんでしょうねぇ。思い出してみるとこないだのスパーキングレディCもグリグリの1番人気でグラッブユアハートを7着かなんかに飛ばしてたよなぁ。何で前走重賞勝った騎手から替えるかねぇ、そんなことせんのはこの世界の鉄則じゃないの?
 もう今のアンカツJにテナシャスバイオみたいな騎乗を願うのは無理な相談か(って古いなぁ、おい・笑)。
 んんん、ってことはフレンドシップに勝ったグレイスティアラはもっと強いってことか? ならスパーキングレディCはやっぱ勝たんと嘘や。
 やっぱ負けても納得するほどの思い入れのある騎手じゃないといかんってことっスかねぇ。
 ユーイチJとかノリJとか川田Jとか熊ちゃんとか本田Jとか前まではミキオJとかもっと前では河内っつあんとかねー。
 とにかく馬と騎手と騎手と馬と、ちょっと考えた今日のジャパンダートダービーでした。

 本日:0勝1敗▲5000円

 魚ぉぉぉ、だんだんヤバくなってきたぞ! この借りは月曜のマーキュリーCで返さねば! 地方の負けは地方で返す!!!←懲りてないヤツ(笑)。

 えーっと、最後になりますが、気分転換に昨日(7月11日)散髪してみましたが馬券は当たりませんでした、とだけは言っておきましょう(爆)。
 アハハ

|

« プロキオンS&七夕賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 一応西日本スポーツ杯ハズレ馬券解説 »

コメント

日月さん、ずいぶんと怒ってますね!!僕も怒りっぱなしですけど(笑)
安勝Jは、キンカメが引退して、水疱瘡になってから、何かおかしくなったように思えます!あの時の安勝Jは、メチャクチャ好き(かなり儲けさせてもらったので)だったんですけどね。

投稿: 魔神 | 2006年7月13日 (木) 21時50分

でしょ、でしょ、でしょー!
アンカツJ冴えてないですよねぇ、勝てる馬で勝つのも難しいんでしょうけど、勝てなそうな馬で勝つって言うアンカツJの良い所が最近無いと思います。
ま、買わんかったら良いだけの話なんですけどね。
怒りにまかせて今週やりたいんですけど、いかんせん番組がショボイんですよねー(笑)。
ココログ、レスポンス良くなりましたねぇ、それだけは幸いです(笑)。

投稿: 日月 | 2006年7月13日 (木) 22時07分

日月さん、おはようございます^^
散髪してもダメでしたか…最終手段はやっぱり出家ですか!?(爆)
それは冗談としまして、かなりのお怒りモードですね。文章の奥に鬼が見えましたよ(笑)
アンカツ騎手は、一頃の勢いがなくなっていますね。まぁ、勢いがあったときがスゴ過ぎたのかもしれませんが…
アンカツさんもそのうち調子が上がってくるのではないでしょうか?
それまで、当分は本命にするのを控えるのが吉なのかもしれませんね。

投稿: いちご一恵 | 2006年7月14日 (金) 07時46分

いちごいち恵さん、やっぱ出家ですかね(笑)。
あ、やっぱ怒ってましたか? 普通のつもりやったんですけどねぇ←嘘付け!
鬼だなんて、ご意見番と言って下さい(何モンやっつーの)。
あまりの暑さにおそらく何処にも行かず競馬三昧になることでしょう、当たれぇぇぇえ!
ワタシも調子上げたいです。

投稿: 日月 | 2006年7月14日 (金) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/10919481

この記事へのトラックバック一覧です: 一日遅れのジャパンダートダービーハズレ馬券解説:

« プロキオンS&七夕賞ハズレ馬券解説 | トップページ | 一応西日本スポーツ杯ハズレ馬券解説 »