« 釣りボケ日誌(嘘、宝塚記念ハズレ馬券解説) | トップページ | 灘Sハズレ馬券解説 »

2006年6月29日 (木)

帝王賞当たり馬券解説

お昼休みにUPしてます、だからいーんです! ←何が!?

 ってな訳で一日遅れましたが昨日の帝王賞です。
Teio  馬券はこんな感じ。
 昨日は携帯から馬券買って、そんでから会社で呑みに行ったもんで、ちゃんと馬券が買えてるか心配やった。
 それに昨日は大井の11Rやったし(普段は10Rのことが大井、いや多い)。
 で、家に帰ったもののD-netは終わってるし、レースは観れたが馬券の確認が出来なかった、が、今日出来た。
 狙いは簡単、アジュディミツオーとカネヒキリ、どっちが強いねん!? これに尽きるでしょ。
 ワタシは今回はドバイ帰りでぶっつけのカネよりもここんとこの充実ぶりが目を見張るアジュディを上に取った。
 しかしアジュディの-16kgを知ってたらカネから行ったかもしれん。良かった(笑)。
 で、カネが翔ばなかった時のために(何てったって砂上のディープインパクトですから)押さえで1点、サイレントディールを買った、ここまで。
 レースは大方の予想通り、アジュディミツオーが逃げて、マイネルボウノットが続き、好スタートを決めたカネヒキリが先行集団に居る、ってか向こう正面くらいではすでにアジュディの後ろに付けてたんかな? そして全然脚色の衰えないアジュディを捉えにカネが動くもその差は縮まらず何とレコード決着、3着のサイレントディールをぶっちぎる2頭だけの競馬でした。
 いやー、強かったぁ。
 しかしアジュディミツオーはJRAで好走してこそ、メイセイオペラ・アブクマポーロに並んで超えたと厳しく言いたい。
 だけどホントに強かったよ、だてにドバイに行ってない2頭でした。JCダートが早くも楽しみになってきました。

 結果:馬単350円×3000円=10500円

 昨日:1勝0敗△6500円

 いやー、気持ち良く今月を終えることが出来ました、例え月間でマイナスでも。やっぱG1獲るってのは違う!
 この勢いで7月も的中していきたいと思います(って夏競馬はやらんのじゃなかったのか!?)
 
 それではお昼行って来まーす。 

|

« 釣りボケ日誌(嘘、宝塚記念ハズレ馬券解説) | トップページ | 灘Sハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/10721649

この記事へのトラックバック一覧です: 帝王賞当たり馬券解説:

« 釣りボケ日誌(嘘、宝塚記念ハズレ馬券解説) | トップページ | 灘Sハズレ馬券解説 »