« ダイオライト記念、一応当たり馬券解説 | トップページ | 阪神大賞典ショボ当たり馬券&スプリングSハズレ馬券解説 »

2006年3月18日 (土)

どっちが強い!? フサイチジャンクVSキャプテンベガ、若葉S当たり馬券解説&フラワーCハズレ馬券解説

 今日は朝から鬱陶しい天気。午後からしとしと冷たい雨。せっかくのトライアル、良馬場でやらせてあげたかった。
 タイトルどおり、どっちが強い!? ジャンクとベガ!?
 今日の興味はこれに尽きるでしょ。
 どっちも阪神は初めてなので、生で見るのは当然初めて。
 パドックで見た感想は切れはキャプテンベガ、爆発力でフサイチジャンク、そんな印象。
318s  これがジャンク。だいたい青鹿ってのはよく見せるんだけどこの馬も見栄えが良い。なんつーかゴムマリのような瞬発力の塊って感じ。バネを感じるぞ。
s  こっちがキャプテンベガ。これはグッドルッキング、足長でいかにも長距離向きっぽい体型、個人的にはベガの方が好み。
 ただあくまで見た感じであるが、雨はベガのが苦手でジャンクの方が向いてる印象。
 どっちも状態は良かったと思う。
_031  で、馬券はこんなの。今日の馬場と距離ではジャンクの方が上と見た。
 ニシノロドリゲスを買ってるのはニッカンで西山さんがえらく強気のコメント載っけてたから。
 レースは思い切ってベガが行けばおもしろいかとも思ったが、正攻法の競馬。
 ジャンクは自在性を生かしてベガを徹底マーク。
 直線で先にジャンクがスパート、ベガは一呼吸置いて追い出して、一瞬は突き放すかとも思ったが最後にゴール前で交わしてジャンクが勝利。勝負根性もあるじゃん。
 ベガにとっては正攻法で負けた訳やから、もう一回りの成長と、奇襲とか、あっと言わせるレースをせねば現時点ではジャンクに勝つのは難しいか。
 ユタカJにとってはアドマイヤムーンと比べて身体が二つ欲しいのが正直な所なんじゃないの?
 皐月賞ではムーンと思うが、その先のダービーを考えたらジャンクの方に可能性があるように思う(単純に字面の血統面から)。初戦ではたいしたことないと思ってたが、3戦目でかなり強いと思ったし、今回に至ってはかなりのスケールの大きな走りを感じた。
 しかしいくらユタカJでも皐月賞はムーンに乗って、ダービーではジャンクに乗りますとは言えんわな。
 どっちを選ぶのかが皐月賞の行方をも占うような、そんなフサイチジャンクの勝ち方でした。 
 
 結果:馬単230円(うげげ)×3000円=6900円

 しかし3着のトーセンシャナオーってのは何やったんや!? 佐賀のダートの1400mの未勝利勝っただけの馬でっせ!?
 馬単で230円が3連複で9520円、3連単で一気に19520円になっちゃうんやから驚きの3着。
 しかも前行って粘って強い競馬してた。3着までに優先出走権あったら良かったのにねぇ、惜しい。
 とにかくこれでますます混戦の皐月賞になりました。

_030  続いてはフラワーC。
 ここの興味はフサイチパンドラがどんな勝ち方するのか、が注目であったと思う。
 もちろん馬券はパンドラから。
 で、ここでのコンセプトはフィリーズレビューを参考にして、小柄な馬のマイナス馬体重は要チェック、ってこと。
 これで買うはずであった馬、エンジェルローブ(いくらなんでも300kg台ではねぇ)とキストゥヘヴンを切った。をいをい、あっか~~~~~んやん!
 オリオンオンサイトも対抗評価であったが12kg減で白に落とした。
 となるとアイスドールとルビーレジェンドしか買う馬居なくなっちゃった。
 で、レース。ビューティーパールがかなり飛ばしていったのかな? 前半幾つで行ったのか知らんが、かなり後続との距離があったとこから見てもこの馬は速かったと言える。
 で、何でそれにフサイチパンドラが追っかけていかないといかん?
 陣営、直線先頭にこだわりすぎ!
 ワタシはこの馬はヒシミラクルのように乗ればいいとずっと思ってるんだがどうでしょうか?
 結局、逃げた馬があっと言う間にパンドラに突き放されて一人旅かと思われたが、坂越えてからバタバタであちゃー、のキストゥヘヴンの見事な末脚に屈した。
 けど、逃げたビューティーパールが11着に沈んでる訳だから、あの展開で2着に粘ったパンドラの潜在能力はとてつもなく高いと思われる。
 ま、前半口割ってたのも最後に影響あったかもしれんが、それでもこの馬もジャンク同様、スケールのでかさを感じるのよねぇ。
 とにかく調教師も騎手も歯がゆいレースだったんではないでしょうか。
 願わくばこれで角田Jの交代のないことを祈る。

 本日:3勝6敗△7850円/24500円

 今日の当たり馬券:中山10RのブラッドストーンS。エイシンボーダンは保険にしといて(この馬ちょっと使いすぎ)、オフィサーから狙ったら来てくれた。正直、絶望的な差だったのであかんわ、と諦めたがラストの50mの脚はもの凄かった。だけどそういう気持ちで居たので、「差せ、差せ!」ってノリでなかったのは残念。だけど馬単3310円は美味しい。
 逆に阪神最終Rのメイショウホウオウから2着のコスモアブソルートの方が「岩田ぁぁぁぁぁ!!!」って絶叫してしまいました(笑)。これも馬単で。 

 今日の嘆きの馬券(ホント毎週嘆いてるよなぁ):中山9Rの隅田川特別。いつもの法則で、1頭だけの関西馬、ルタンティールから買うもキャピタルフライトって何ですかぁ!? 
 この買い方はとにかく軸馬当たるのにヒモが難しい。なかなか良い思いしたことがない、こんなに美味しい法則なのになぁ。
 しかしこのレース、ユーイチJのキープクワイエットは明日のリシャールの為の予行演習みたいなレースしたような感じ。明日はあのコースは通らんでしょう、勝ったな、ふふふ。
 で、おもしろかったのが勝ったそのルタンティールの川田J。ラスト2ハロンで見事にムチ飛ばしてました(爆)。勝って良かったよ、ホント。

 さて、明日は阪神大賞典。雨が心配であるが、せっかく良い馬が集まるので力と力の勝負が見たい。
 ま、ワタシの狙いはあの馬ですけどね(笑)。
 楽しみだぁ♪

|

« ダイオライト記念、一応当たり馬券解説 | トップページ | 阪神大賞典ショボ当たり馬券&スプリングSハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/9147567

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが強い!? フサイチジャンクVSキャプテンベガ、若葉S当たり馬券解説&フラワーCハズレ馬券解説:

« ダイオライト記念、一応当たり馬券解説 | トップページ | 阪神大賞典ショボ当たり馬券&スプリングSハズレ馬券解説 »