« 北九州市市役所食堂 | トップページ | 弥生賞&中京記念ハズレ馬券解説 »

2006年3月 4日 (土)

チューリップ賞&オーシャンSハズレ馬券解説

 久しぶりの快晴。ここんとこ天気の良い日もあったが、必ず夕方から崩れたりで、一日中良い天気ってのはなかなか無かった。
 だんだん春が近づいてるんですねぇ。
 今日はまだ肌寒かったけど明日は更に暖かいとか、桜の季節です。
 
3413 34g3 g3 34g3  という無理矢理な前フリで、桜花賞が近づいてるって事でトライアルのチューリップ賞な訳です。
 調教面からオススメはテイエムプリキュアとアドマイヤキッス。
テイエムは1週前での猛爆時計に今週もラスト気合い付けただけでDW11秒8、良い動きやった。
アドマイヤはCW併せ馬で迫力の先着。
 で、今日の馬場は一応良馬場発表やったけど、雨の影響で時計が遅い。
 ならばテイエムプリキュアの方を上位に取りたいと考えた。アドマイヤの+18kgはそんなに太いとは思わなかったけど、6ヶ月ぶりってのはちょっと評価を下げるファクターにもなった。
_014  なので馬券はこんなの。
 3番手はラッシュライフ、-14kgは絞れてて良いでしょう。白でニシノフジムスメに×でこれは川田君と言うことと大穴で一発。
 タッチザピークは追い切りで判断するならとても買える馬じゃなかった。馬体重を減らさんように軽く流しただけ。なんで買ったかというと、腹周りはメチャ寂しかったけど、トモの筋肉はそんなにでもなかったので、こんな馬なんかなぁと。でもあくまで来られたら嫌、程度なのでショボくしか買ってません。
 プリムローズヒルも同様、追い切りで買える馬ではないのでここはバッサリ。
 レースは最後方からコーナーで馬群が詰まった時にいつの間にか進出してたアドマイヤキッスが直線に向いた時点で横一線、ここで勝負あった。スケールの大きな走りでシェルズレイには粘られたが着差以上の勝利。
 次走は本番に直行になるのかしらんが、更なる上積みも期待できそう。外々回りながらの勝利なので、桜花賞でとりこぼしてもオークスがある、かなり良い馬なんじゃないですか?
 2着のシェルズレイはこれ実はパドックで一番良く見えた馬。でも来ても3着までと甘く見た。2着は岩田Jの腕。
 同じく3着のウインシンシアも秋山騎手の腕。っつか、ラッシュライフの距離の壁での繰り上がりか?
 テイエムプリキュアは前に壁が出来てスムーズさを欠いた様に見えた。阪神JFでは4角から押せ押せで行ってたように、坂の手前から加速するような一瞬の脚はないので、乗り替わりが微妙に堪えたのかもしれん。けど、賞金あるだけに、メイチではなかったような感じもした。次に繋がる4着ではないでしょうか。一応ラッシュライフは抑えた訳やし。
 タッチザピークもプリムローズヒルもやはりダメでした。
 とりあえずは上位3頭にテイエム、良い馬が本番に向かうのでこれはこれでOKってことで。
 しかしこれを当てるってのは非常に難しい! 解説は「私見」なんで好き勝手なこと言ってるからいいけど、馬券になると…です。

_017  こっちの方が驚きの結果になった第一回オーシャンS。
 馬体重のマイナスある馬が多すぎて予想そのものが失敗。けど、それじゃ買う馬が居なくなっちゃうので当初の予想で買った。
 本命マルカキセキ。正直-18kgで終わってたし、ゲートが開いてからも流れに乗れず、外枠も良くなかった。しかし去年の夏のような先行して更に切れる脚を繰り出す、ってのが出来てないのはどういうこっちゃ? 本番ははなはだ不安。
 2軸にしてここからも馬単で買ったのはマイネルアルビオン。前走の末脚は本物。
 だけど、内が伸びたのはそういう馬場やったのか? 外回したマルカキセキと同じような競馬で掲示板を外した。
 他に買ったのはこの馬の実力がイマイチ掴みきれんがアイルラヴァゲイン、ニッカンの「太の全力疾走」で”とても雰囲気がいい”って言ってたのでそれに乗ってゴールデンキャスト、それに追い切り49秒って破格のタイム出したシンボリグラン、ここまで。
 レース見てて、外回った2頭を見てたので何が勝ったのかよく分からんかった。どっから来たのかもサッパリ分からんかった。しかし勝たれてすぐ新聞のコメント思い出した”いい仕上がり、今回は期待できそう”、しっかりチェックしてたけど8歳馬で期待できそうって言われてもねぇ、って思って当然買わなかった。買えんでしょ、ネイティヴハート。
 3着のマイネルアルビオンも11番枠で出遅れてなんで最内から差してくるの? パトロール見てデムーロの思い切った騎乗に驚いた。
 で、一番まっとうな競馬したコパノフウジンが2着を死守、勝ちきるにはワンパンチ足らん。
 このレースって本番に繋がるの? まぁ、58kgであの競馬をしたシンボリグランは強かったと言えるけど、出遅れたからああいう一か八かの競馬したんやと思うし、内が伸びた馬場ってのもあった。
 結局、短距離路線の層の薄さを露呈したに他ならんような気がするこの前哨戦でした。
 本番は4歳の昇り馬かなぁ。

 結果:1勝5敗▲19250円/22000円

 今日のカスリ馬券:阪神10R心斎橋S。内を捌いたシンボリエスケープに大外回ってでは届かん、リボンアート、爆発の兆しがあっただけに悔しい2着、押さえの馬連だけのショボ当たりでした、トホホ。
 
 今日の嘆きの馬券:中山10R両国特別。ロフティーエイムから行くもエクスプロイトが逃げ切っちゃうってどうよ!? せっかくケージーフジキセキを負かす馬券を買ったのにぃ! 嗚呼!

 てな感じで3月から様変わりした競馬になったんだが、中山では内田博Jが5勝の大暴れでもはや19勝! リーディング狙えるってば(笑)。
 阪神では1Rからいきなり届くはずのない距離から岩田Jが飛んでくるし、2Rでは川原Jが追うわ追うわ。
 7Rからは流石にユタカJも本領発揮やったけど(アドマイヤメインの2分00秒9は優秀!)、騎手による腕比べってのも見てておもしろいし、予想の重要なポイントになるかもね。
 明日は弥生賞。強い馬同士の激突、配当よりもどの馬が強いのか、騎手のハイレベルの駆け引きなんかをじっくり見せてもらおうっと。かなり期待。

|

« 北九州市市役所食堂 | トップページ | 弥生賞&中京記念ハズレ馬券解説 »

コメント

日月さん、こんばんは。
ネイティブハート、買えませんよねえ。
リボンアート、私はまた狙いますよー。(笑)

投稿: じんぺい | 2006年3月 4日 (土) 23時21分

じんぺさん、どうもー。
リボンアート、ユーイチJが乗ってくれたらもっと燃えるんですけどね(笑)。
明日はユーイチJのエンシェントヒルで一発、高松宮記念代を捻出しようと思っています、アハ♪

投稿: 日月 | 2006年3月 4日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/8939566

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞&オーシャンSハズレ馬券解説:

» チュ-リップ賞・オ-シャンS Ⅱ [フレンチブルドック・競馬・年収300万・・・そんな感じの日記]
チュ-リップ賞 GⅢ 勝ち馬 アドマイヤキッス 鞍上 武豊 勝負馬券 タッチザピ [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 19時19分

» 春のおとずれ 中京競馬開幕! ワタシの予想に春が訪れるのはいつ? [ロックじぃじ的生活]
いつの間にか、もう春なんですねえ。中京競馬が今日からはじまりました。せっかく地元 [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 23時07分

» チューリップ賞・4着で初黒星 [テイエムプリキュア応援サイト]
4日に阪神競馬場で行われたチューリップ賞(3歳牝馬GIII・芝1600m)は、2番人気アドマイヤキッス(武豊騎手)が優勝。勝ちタイムは1分36秒5。前年度二歳チャンピオンでこのレース一番人気のテイエムプリキュアは4着に敗れて初の黒星 [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 01時54分

» チューリップ賞・四着で初黒星 [テイエムプリキュア応援サイト]
4日に阪神競馬場で行われたチューリップ賞(3歳牝馬GIII・芝1600m)は、2番人気アドマイヤキッス(武豊騎手)が優勝。勝ちタイムは1分36秒5。 前年度二歳チャンピオンでこのレース一番人気のテイエムプリキュアは4着に敗れて初の黒星... [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 02時22分

« 北九州市市役所食堂 | トップページ | 弥生賞&中京記念ハズレ馬券解説 »